ドスパラは365日毎日出荷!

Windows Defenderとは?Windows 10で有効・無効を設定する方法

普段からセキュリティ対策はできていますか?
パソコンが遅くなったり、パソコンの情報を盗まれたりするリスクを抑えるには、セキュリティ対策が必須です。
Windows 10なら標準搭載されているWindows Defenderが便利です。
Windows Defenderでできるセキュリティ対策と、Windows 10で有効にする方法、無効にする方法を解説します。

Windows Defenderとは

Windows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)は、マルウェアを検出して削除できるWindowsのセキュリティ機能の1つです。
以前から存在していましたが、Windows 10では標準搭載され、よく知られるようになりました。

なおWindowsのセキュリティ機能には、Windows Defenderのほか、Windows Firewall、Windows Updateのような機能があります。

Windows Defenderの設定方法

Windows Defenderは、設定から簡単に有効または無効に切り替えられます。
ウイルス対策ソフトを導入していないときは有効にしておくと、ベーシックなセキュリティ対策が可能です。
ほかのウイルス対策ソフトをすでにインストールしている場合は、パソコンの動作が重くなってしまうことがあるため無効の設定をすると良いでしょう。

  • Windows Defenderを有効にする
  • Windowsボタンをクリックして、Windowsメニューを開きます。左側に歯車アイコンの『設定』ボタンが表示されるのでクリック。Windowsの設定から、『更新とセキュリティ』を選択します。

    次に左側にメニューが表示されるので、メニューの中の『Windows Defender』をクリック。リアルタイム保護をオンにすれば、常にセキュリティソフトが有効になっている状態にできます。

    『Windows Defender』の設定からは、プログラムを開くことができるので、実際に起動させてリアルタイム保護が有効になっているか確認すると良いでしょう。
    Windows Defenderの画面では、手動で更新を行うことも可能です。
    ただし、通常は自動で更新が行われるため、気になるときに更新を行うと良いでしょう。

  • Windows Defenderを無効にする
  • Windows Defender無効の設定は、基本的に有効の設定と同じです。

    まず、Windowsボタンをクリックして設定を開き、『更新とセキュリティ』を選択します。
    更新とセキュリティのメニュー左側のWindows Defenderにあるリアルタイム保護をオフにすれば設定完了。リアルタイムでWindows Defenderの保護が行われなくなります。

Windows Defenderではなにができる?

まず、Windows Defenderのメインともなるのが、リアルタイム保護です。
ウイルスやスパイウェアなど、マルウェアと言われる悪意のあるソフトからパソコンを保護します。
マルウェアを検出したら、逐一削除を行うというものです。
Windows 10からは、強力で悪意のあるマルウェアの一種であるブートキットに対しての保護もより強化されるようになりました。標準的なマルウェア対策においては、ある程度クリアしていると言えるでしょう。

なお、Windows Defenderは、リアルタイム保護以外にも、オフラインスキャン、自動サンプルの送信にも対応しています。

普段からあまりインターネットなどで作業を行わない場合、セキュリティソフトの期限が切れてしまった場合に便利ですが、インターネット上で情報を頻繁に扱う場合などは、市販のウイルス対策ソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか?


Windows Defenderは、基本的な対策をしたいのであれば十分に使用できる機能です。
まだウイルス対策を行っていないのであれば、リアルタイム保護を有効にしておくと安心です。
ただし、すでにほかのウイルス対策ソフトがある場合は、一緒に使用していると干渉してしまうので、Windows Defenderは無効にしておきましょう。

投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら