AMD CPUの
通販・価格

  • セーフティサービス加入のススメ セーフティサービス加入のススメ
  • オリジナルPC組立を完全サポート!ドスパラ自作PC組立代行サービスオリジナルPC組立を完全サポート!ドスパラ自作PC組立代行サービス
  • 10万円以下のモデルから!予算で選ぶ自作パソコン 高性能ゲーミングモデル 予算で選ぶ自作パソコン

AMD CPU
売れ筋ランキング

  • 1位

    円(税込)

  • 2位

    円(税込)

  • 3位

    円(税込)

ドスパラなら PCパーツ・周辺機器送料無料

CPUとは

CPU(Central Processing Unit)とは、日本語で「中央演算処理装置」と訳され、周辺機器やソフトウェアから来る指示を処理したり、メモリやストレージなどを制御したりする装置のことで「プロセッサ」と呼ばれることもあります。

CPUの「動作クロック」

CPUの動作クロックは「3.4GHz(ギガヘルツ)」のように記載され、数字が大きいほどCPUのコアあたりの性能が高くなります。
PCゲームにおいて、動作クロックの高いCPUであるほどゲームプレイ中のフレームレートが高くなり、快適にプレイできる傾向があります。
CPUの性能比較では、動作クロックの基準となる「定格クロック」の他に「ブーストクロック」が設定されている場合、ブーストクロックも含めて数字が大きいほうが高性能となります。

CPUの「コア数」

CPUのコアとは、物理的なCPUの核となる部分で、コア数が多くなると処理性能が基本的に高くなります。
動画編集で編集データを書き出す時間は、CPUの処理性能を最大限使用するため、コア数が多いほど処理完了までの時間が短縮できる傾向があります。
ゲームをしながら同時に動画配信する場合、ゲームタイトルの推奨スペックよりも多いコア数のCPUを使用すればゲームプレイへの影響を最小限に動画配信をすることが可能です。

CPUの「スレッド数」

CPUのスレッド数は、CPUコアのなかで論理的に並列作業可能な合計数です。
複数のスレッドの処理に対応したコアを搭載しているCPUは「マルチスレッド対応CPU」と呼ばれます。
マルチスレッド対応CPUは、非対応のCPUと比較して効率よく処理することが可能で、スレッド数が多いほど複数処理に向いています。

CPUのグラフィック機能「Intel UHD グラフィックス」など

グラフィック機能を搭載したCPUは、「Intel UHD グラフィックス」などの記載があり、マザーボードからの映像出力「オンボード出力」が可能です。

選択中の検索条件:
  • 選択中の検索条件:
  • AMD CPU
56,725
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.2GHz
コア数8
スレッド数16
TDP120W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
22,790
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.4GHz
コア数8
スレッド数16
TDP65W
グラフィック機能無し
CPUクーラー別売
16,980
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.6GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能Radeon Graphics
CPUクーラー付属
91,120
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.2GHz
コア数16
スレッド数32
TDP120W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
30,980
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック3.8GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー付属
35,580
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.0GHz
コア数8
スレッド数16
TDP105W
グラフィック機能無し
CPUクーラー別売
19,066
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.7GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能無し
CPUクーラー付属
67,980
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.4GHz
コア数12
スレッド数24
TDP120W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
33,380
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.7GHz
コア数6
スレッド数12
TDP105W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
79,838
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.5GHz
コア数16
スレッド数32
TDP170W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
46,970
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック3.8GHz
コア数8
スレッド数16
TDP65W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー付属
19,800
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.6GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能Radeon Graphics
CPUクーラー付属
18,851
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.5GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能無し
CPUクーラー付属
33,970
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.3GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能Radeon 760M
CPUクーラー付属
14,642
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.8GHz
コア数4
スレッド数8
TDP65W
グラフィック機能Radeon Graphics
CPUクーラー付属
25,201
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック3.5GHz
コア数6
スレッド数12
TDP65W
グラフィック機能Radeon 740M
CPUクーラー付属
54,910
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.2GHz
コア数8
スレッド数16
TDP65W
グラフィック機能Radeon 780M
CPUクーラー付属
49,772
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.5GHz
コア数8
スレッド数16
TDP105W
グラフィック機能AMD Radeon Graphics
CPUクーラー別売
26,280
24時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM4
動作クロック3.7GHz
コア数8
スレッド数16
TDP65W
グラフィック機能無し
CPUクーラー付属
54,410
48時間以内に出荷
ソケット形状Socket AM5
動作クロック4.2GHz
コア数8
スレッド数16
TDP65W
グラフィック機能Radeon 780M
CPUクーラー付属

CPUの調べ方

CPUの詳細を調べる方法は、デスクトップ上で右クリックし、メニューから「ディスプレイ設定」を選択、「詳細情報」をクリック、「プロセッサ」項目を確認します。もしくは「タスクバー」で右クリックし「タスクマネージャー」を開き、「パフォーマンス」タブでCPUを選択し「CPU」項目を確認します。どちらの方法でも、CPUの正式名称などの情報が表示されます。

CPU(AMD)の種類

AMDのCPU(Ryzen)は「シリーズ」と「世代」によって種類が分かれます。デスクトップ用のCPUの主なシリーズとして、ハイエンド向けには「Ryzen 9」「Ryzen 7」があります。スタンダードな用途向けには「Ryzen 5」、エントリーレベル向けには「Ryzen 3」が展開されています。加えて、低消費電力に特化した「Athlon」シリーズもあります。

CPUの世代は、型番の最初の1桁の数字で確認できます。例えば、「Ryzen 7 5800X」のように、最初の1桁の「5」が世代を表しこれが大きいほど新しい世代と言えます。

「同じシリーズ」「同じ世代」であれば、基本的に「世代の後ろに続く3桁の数字」が大きいほうが、より高性能を意味します。これは、CPUがより多くのコア数やより高いクロック速度を持つことを示しています。

AMD Ryzenシリーズは、その高い性能とコストパフォーマンスで知られており、特に多くのコアを搭載したモデルでは、重いタスクやマルチタスク、コンテンツ制作などに適しています。ゲーミング用途にも、高性能なRyzen 9やRyzen 7シリーズが好まれます。エントリーレベルや一般的なデスクトップ用途では、Ryzen 5やRyzen 3がバランスの良い選択肢となります。

CPU(AMD)の傾向

AMD社のCPUはパソコンでも採用例が多く、認知度も高いCPUとなり「デスクトップパソコン」「ノートパソコン」など、多彩な製品向けにラインナップが存在します。AMD CPUの世代や、シリーズの性能差を知りたい場合「AMD CPU性能比較ページ」の「性能目安(ベンチマークスコア)」で比較することができます。

AMD CPU性能比較ページ

CPU(AMD)の選び方

AMDのCPU、特にRyzenシリーズを選ぶ際には「ハイエンド」「ミドルレンジ」「ローエンド」の3つのカテゴリに分けて考えることができます。

ハイエンドCPU(Ryzen 9, Ryzen 7): これらのCPUは、最新のPCゲームを最高設定でプレイしたり、プロフェッショナルレベルの動画編集、3Dモデリング、大規模なデータ分析などの重いタスクに適しています。多くのコアと高い処理能力を持つため、マルチタスクや高度なコンテンツ制作にも最適です。

ミドルレンジCPU(Ryzen 5): このカテゴリのCPUは、一般的なPCゲームや写真編集、軽いビデオ編集など、ハイエンドほどの処理能力は必要ないが、それなりのパフォーマンスが求められる用途に向いています。バランスの取れたコア数と処理速度を持ち、多くのユーザーにとって最適な選択肢です。

ローエンドCPU(Ryzen 3, Athlon): 基本的なPC使用、例えばインターネット閲覧、オフィスアプリケーションの使用(Word, Excel, PowerPointなど)、動画視聴などの軽いタスクに最適です。価格が手頃で、日常的な使用には十分な性能を提供します。

CPUは、パソコンの性能を決める重要なパーツとなります。「長く快適にパソコンを使い続けたい」と考える場合、可能な限り「ハイエンドモデル」のCPUから、予算に合わせて検討するようにしましょう。

CPU(Intel)

IntelのCPUは下記リンクからご覧いただけます。

Intel CPU一覧

その他のパーツもお探しなら

PCパーツメーカーリンク一覧

  • Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。