SSDの
通販・価格/性能比較

  • セーフティサービス加入のススメ セーフティサービス加入のススメ
  • 10万円以下のモデルから!予算で選ぶ自作パソコン 高性能ゲーミングモデル 予算で選ぶ自作パソコン

SSD
売れ筋ランキング

  • 1位

    円(税込)

  • 2位

    円(税込)

  • 3位

    円(税込)

ドスパラなら PCパーツ・周辺機器送料無料

選択中の検索条件:
  • 選択中の検索条件:
  • SSD
24,280
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度6500MB/s
最大読込速度7000MB/s
容量2TB
15,870
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度3325MB/s
最大読込速度4125MB/s
容量2TB
8,080
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度2200MB/s
最大読込速度3500MB/s
容量1TB
7,280
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 3.0 x4 NVMe)
最大書込速度2500MB/s
最大読込速度3500MB/s
容量1TB
12,980
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度4900MB/s
最大読込速度5150MB/s
容量1TB
10,600
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度4150MB/s
最大読込速度4150MB/s
容量1TB
2,980
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度450MB/s
最大読込速度520MB/s
サイズ2.5インチ
容量256GB
5,780
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度2200MB/s
最大読込速度3500MB/s
容量500GB
14,980
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度2800MB/s
最大読込速度3500MB/s
容量2TB
26,810
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度6600MB/s
最大読込速度7300MB/s
容量2TB
5,080
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度450MB/s
最大読込速度520MB/s
サイズ2.5インチ
容量512GB
11,280
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度6000MB/s
最大読込速度7400MB/s
容量1TB
9,280
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度2950MB/s
最大読込速度4125MB/s
容量1TB
13,480
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度5000MB/s
最大読込速度7000MB/s
容量1TB
14,980
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (PCIe 4.0 x4 NVMe)
最大書込速度6300MB/s
最大読込速度7300MB/s
容量1TB
6,980
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度510MB/s
最大読込速度560MB/s
サイズ2.5インチ
容量500GB
7,980
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度450MB/s
最大読込速度520MB/s
サイズ2.5インチ
容量1TB
4,980
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度540MB/s
最大読込速度555MB/s
サイズ2.5インチ
容量480GB
7,579
24時間以内に出荷
接続M.2 2280 (SATA)
最大書込速度510MB/s
最大読込速度560MB/s
容量500GB
7,370
24時間以内に出荷
接続SATA3
最大書込速度510MB/s
最大読込速度560MB/s
サイズ2.5インチ
容量500GB

SSDとは?選び方のポイント

SSDはデータの読み書きが高速に行える記憶装置で、大容量のものでも手ごろな値段になりつつあります。
SSDを購入する際に知っておきたいポイントについて紹介します。

SSDのしくみ

SSDは「Solid State Drive」の略で、記憶媒体にフラッシュメモリが使用されています。
SSDはHDDに比べて「データの読み込みと書き込みが速い」点がメリットとなり、半導体素子にデータの読み込みと書き込みを行い、高速にデータの保存が行えます。
SSDはHDDと比較して「ディスク」「ヘッド」などの駆動部品がないため、衝撃や振動に強く、静かで消費電力が少ないなどのメリットがあります。
SSDはHDDよりも容量当たりの単価が高額な傾向があるので、SSDにシステムファイルやアクセス頻度の高いデータやプログラムを保存し、それ以外をHDDに保存する使い分けなどもおすすめとなります。

フラッシュメモリの仕組みについて、フラッシュメモリであるSSDとHDDの違いなども解説

SSDの高性能化「M.2 SSD」

SSDの高性能化に伴い、トレンドとして「M.2 SSD」が普及しています。
「M.2 SSD」のなかでも、さらに高速にデータ転送可能な「NVMe SSD」という製品が注目されています。

M.2 SSDとは何かを分かりやすく徹底解説!

NVMe SSD

「NVMe SSD」は、高速な接続規格の製品がつぎつぎ発売されていて、今後もさらに高速な製品の登場が期待されます。
容量あたりの価格も、普及にともなって下がり大容量の製品が購入しやすい傾向になりつつあります。

M.2 NVMe SSD一覧

SSDの汎用的な規格「2.5インチSATA SSD」

内臓HDDや2.5インチSSDの接続に使用します。
マウンタを使えば「3.5インチベイ」のデスクトップパソコンにも使用可能となっています。
「2.5インチSATA接続のSSD」の場合、古いパソコンなどでも使用が可能なことが多い傾向があります。
デスクトップパソコン用のマザーボードであれば、よほど古くなければ、接続可能と考えてよいでしょう。

2.5インチSATA SSD一覧

SSDのおすすめ容量

SSDのおすすめ容量は「1TB以上」となります。
価格帯も落ち着いていて、なおかつ高速で、あらゆるデータを保存しやすい容量となります。

SSD 1TB以上の製品一覧

SSDおすすめメーカー

SSDで人気のあるメーカーについてご紹介します。
あくまで一例の掲載で、魅力的なメーカーが多数あります。

SSDメーカー「Crucial」

コストパフォーマンスと大容量を両立した「P」シリーズのSSDを展開しています。
フラッシュメモリなどを他のメーカー向けにも出荷している「Micron」の運営するブランドの製品です。

SSD - Crucial一覧

SSDメーカー「KIOXIA」

SSDの国内メーカーで、国内にフラッシュメモリの生産拠点を持っています。
自社独自技術を使用した3Dフラッシュメモリ搭載のSSDを展開しています。

SSD - KIOXIA一覧

SSDメーカー「Samsung」

高性能を追求した「Pro」シリーズと、コストパフォーマンス優れた「EVO」シリーズSSDを展開しています。
自社製のコントローラーと、自社製のフラッシュメモリを搭載し、自社製の製品にこだわっている点が特長といえます。

SSD - Samsung一覧

SSDメーカー「Solidigm」

ハイエンド向け「Pro」シリーズ、高コストパフォーマンスの「Plus」シリーズなど転送速度が高速なSSDを展開しています。
長年SSDを製造してきたIntelのSSD部門とフラッシュメモリメーカーのSK Hynixによってつくられた注目のブランドです。

SSD - Solidigm一覧

SSDメーカー「Western Digital」

ハイエンド用の「WD Black NVMe SSD」、高パフォーマンスの「WD Blue」、エントリー向け「WD Green」、NASシステム向け「WD Red」。
SSDのラインナップを複数展開していて、用途に合わせて選びやすいのが特長といえます。

SSD - Western Digital一覧

SSDへの換装サービス

HDDからSSDへの換装をプロに任せるサービスもあります。

HDD搭載パソコン高速化サービス(SSD換装サービス)

その他のパーツもお探しなら

PCパーツメーカーリンク一覧

  • Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
  • Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。