365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

パソコンでスクリーンショットをする方法をOS別にご紹介

パソコンを使っていると、画面をキャプチャーしたい時がありますよね。例えばビジネスで大切な情報を画面に映している場合や、プライベートで、誰かに画面に映している情報を送りたい時など。どうしても方法がわからずに困ったことはありませんか。そんな時はスクリーンショットを使うのが便利です。
今回は簡単に画面をキャプチャーできる方法をご紹介します。

Windowsで画面をスクリーンショットする方法 その1

覚えておくと便利なスクリーンショットをOS別に説明しましょう。

まずはWindowsからご紹介していきます。

  1. キャプチャーしたい画面を表示させます
  2. キーボードのF1キーらが並んでいる列の右端にある「Print Screen(またはPrtSc、PrtScrn)」を押します
    Print Screen(またはPrtSc、PrtScrn)を押します。Print Screen(またはPrtSc、PrtScrn)を押します。
  3. アクティブのプログラムだけをスクリーンショットしたい時は、「Alt」ボタンを押しながら2の動作を行います。
    Altを押しながらPrint Screen(またはPrtSc、PrtScrn)を押しますAltを押しながらPrint Screen(またはPrtSc、PrtScrn)を押します
  4. 2または3を行ったら、パソコンに内蔵されているペイントなどのグラフィックプログラムを使って画面に貼り付けます。
    画面端にある「スタートボタン」をクリックし、「Windows アクセサリ」を選択、リストにある「ペイント」をクリックします。
    「Windows アクセサリ」を選択し、「ペイント」をクリック「Windows アクセサリ」を選択し、「ペイント」をクリック
  5. ペイントソフトが起動したら、空白のページが表示されていることを確認します。
    ペイントソフトが起動したら、空白のページが表示されていることを確認します。
    上部の「ホームタブ」をクリックし、「貼り付け」を選択すると、2または3で行ったスクリーンショットの画像を貼り付けできます。
    「貼り付け」を選択「貼り付け」を選択

Windowsで画面をスクリーンショットする方法 その2

  1. 5でスクリーンショットが貼り付けできたら保存します。画面左上にあるファイルのタブをクリックし、「上書き保存」もしくは「名前を付けて保存」を選択します。またはショートカットキー「Ctrl+S」を同時に押すことでも簡単に保存ができます。
    「上書き保存」もしくは「名前を付けて保存」を選択
  2. 保存する際には、保存場所を聞いてくるので、Cドライブか、任意のフォルダに保存しましょう。
    ファイル名はキャプチャーしたものの名前をつけるなど、後から確認しても一目でわかるようにしておくと便利です。またファイルの保存形式はビットマップやGIF、JPEG形式などが選べますが、ホームページに掲載したりEメールに貼り付けて送りたいときは、GIFかJPEG形式がおすすめです。
    Cドライブか、任意のフォルダに保存

今回はWindowsパソコンの既存ソフトを使用しましたが、ソフトウェアの配布サイト、Vectorなどでも無料で使いやすいフリーソフトを紹介しています。
ご自身で使いやすいソフトを選んでみるのも、作業しやすくする一つの手段です。

Macで画面をスクリーンショットする方法

Windowsパソコンとは異なり、Macの場合はスクリーンショット専用のショートカットキーがありますので、とても簡単に利用できます。

  1. スクリーンショットをしたい画面を表示させます。
  2. 「Command+shift+3(テンキーではなくキーボードから)」を同時に押すとデスクトップ全体をキャプチャーできます。
  3. アクティブなウインドゥだけをキャプチャーしたい場合は「Command+shift+4(テンキーではなくキーボードから)+Caps Lock」を同時に押します。すると十字のポインタが出てきますので、キャプチャーしたい範囲を選択します。
  4. キャプチャーされた画像は、「Macintosh HD」もしくはデスクトップにファイル名「スクリーン1」で保存されていきます。
    複数スクリーンショットをした場合は、ファイル名が連番で保存されていきますので便利です。
  5. 保存されたファイルは、自動的にピクトの設定になっています。
    もしファイル形式を変更したい場合は、画像処理ソフトを使ってGIFやJPGなどの形式に変更することも可能です。

スクリーンショットの方法はいかがでしたか? 難しく考えなくても、画面をキャプチャーするのは簡単です。スクリーンショットの方法を知っていればいつでも手軽に画面を切り取ることができます。ビジネスでもプライベートでも、これからはスクリーンショットを活用してみてください。今までよりもっと便利にパソコンが使えるようになります。

投稿日:

今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    最新8コアCPU搭載でハイエンドに迫る高性能機

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    6コアCPU搭載 高性能ミニタワーPC
  • (+税)
    普段使いに最適お手頃価格のミニタワー

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    高い基本性能をもったスタンダードスリムPC
  • (+税)
    お手頃価格の人気PCに省スペースモデル新登場!
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

1位

ドスパラ史上最軽量15.6型ノート


(+税)~

スペック詳細を見る

2位

最新CPU採用で処理速度アップ!


(+税)~

スペック詳細を見る

1位

人気モバイルノート最新モデル


(+税)~

スペック詳細を見る

4位

ストレージ倍増の最新モデル

(+税)~

スペック詳細を見る

5位

ドスパラ史上最軽量 15.6型 高性能スリムノート

(+税)~

スペック詳細を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。