Amazon登録の情報で簡単注文! Amazon Pay対応しました

365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

セーフモードでパソコンのトラブルを上手に解決!!

パソコンを使用していると、通常通り起動できないことがあります。
プログラムが影響していたり、スパイウェアが影響していたり原因はさまざまですが、そんなパソコンのトラブルを解消するために役立つのがセーフモードです。

セーフモードとは

不要な機能をできるだけ取り除いた最低限の機能だけでパソコンを起動させるモードのことを、セーフモードと言います。
Windowsをはじめ、MacやAndroidといったOSにも標準搭載されている機能です。

Windowsの場合、9xまたは2000以降で使用できます。
パソコンになんらかのトラブルが生じた際に便利なモードで、セーフモードの起動と解除方法だけでも知っておくと便利です。

Windowsでのセーフモードの起動と解除方法

  • Windows 7の場合
  • 【起動方法】
    パソコンを起動すると、起ち上げの段階でパソコンの製造元である会社のロゴが表示されます。ロゴまたはBIOS画面が表示されたら、「F8」を押します。長押しも可能です。

    正常に動作が行われると「詳細ブートオプション」という黒い画面が表示されます。
    コンピューターの修復を行える画面です。
    画面上に表示されている「セーフモード」を選び、Enterキーでセーフモードを起動します。

    【解除方法】
    パソコンの再起動を行えば自動的にセーフモードを終了することができます。

  • Windows 8の場合
  • 【起動方法】
    Windows 7では「F8」を使ってセーフモードを起動しますが、Windows 8は高速起動であるため、F8を押してもセーフモードは起動されません。
    パソコンを起動させた状態にする必要があります。

    パソコンが起動したら、マウスポインタを画面の右下の端に持って行きポイントした状態で上にポインタを移動させます。移動させると「設定」ボタンが現れるのでクリック。

    設定オプションから「PC設定の変更」をクリックします。
    下の方に「保守と管理」が表示されるのでクリック。「回復」を選択し、「今すぐ再起動」します。

    しばらくすると「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」を選択して、「詳細オプション」を表示。
    「スタートアップ設定」を選択肢、パソコンの再起動を行います。

    製造元のロゴが表示された後に「スタートアップ設定」画面になるので、数字キーの4でセーフモードを選択すれば終了です。

    そのままパソコンが立ち上がり、パソコンの左下に「セーフモード」の記載があれば成功です。

    【解除方法】
    セーフモードを設定したときのように、パソコンの右下にポインタを持って行き、「設定」を開きます。
    「電源」ボタンがあるので、再起動またはシャットダウンを行えば、自動的にセーフモードの解除が可能です。

  • Windows 10の場合
  • 【起動方法】
    Windowsボタンをクリックして設定を開き「更新とセキュリティ」をクリック。
    左枠の「回復」をクリックすると「今すぐ再起動する」があるのでクリックします。

    再起動後に現れた画面から、「トラブルシューティング」を選択して「詳細オプション」へ。
    「スタートアップ設定」をクリックして「再起動」を選択するとセーフモードを選択できる画面になるため、「セーフモード」をクリックして起ち上げます。

    【解除方法】
    Windows 8などと同様、再起動やシャットダウンを行えば解除することができます。

  • msconfigを使用する場合
  • 【起動方法】
    XP以降であれば、コマンドプロトコルを起ち上げ「msconfig」と入力、セーフブート項目にチェックを入れることで、 PCの再起動後に自動的にセーフモードを起ち上げることができます。※「msconfigとは」参照

    【解除方法】
    「msconfig」でセーフブートチェックを入れた場合、再起動してもセーフモードは解除されません。 セーフモードを解除するためには、再度「msconfig」を起ち上げてセーフブートチェックを外す必要があります。 セーフブートチェックを外した後、再起動を行うことで通常モードに切り替わります。

セーフモードはどんなときに使う?

セーフモードが利用されるのは、パソコンになんらかの異常が発生したときです。
パソコンが正常に起ち上がらないときは、セーフモードで起動して原因を確認します。

パソコントラブルだけでなく、マルウェアやスパイウェアを駆除する際にもセーフモードは役立ちます。


パソコンにトラブルが発生したら専門の業者に見てもらうという方法もありますが、セーフモードを利用すればある程度の問題を自分で解決することもできます。
起動と解除のやり方だけでも知っておきたいです。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    お手頃価格の人気PCに省スペースモデル新登場!
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

1位

ドスパラ史上最軽量15.6型ノート


(+税)~

スペック詳細を見る

2位

動画処理もライトゲームもこなすGeForce MX150搭載スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

1位

最新CPU採用で処理速度アップ! 高性能&大画面スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

4位

ドスパラ史上最軽量 15.6型 高性能スリムノート

(+税)~

スペック詳細を見る

5位

ストレージ倍増の最新モデル

(+税)~

スペック詳細を見る

4~5位を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。