Amazon登録の情報で簡単注文! Amazon Pay対応しました

365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

Microsoft Office 2016の特徴/Office 2016とOffice 365の違いとは

ワードやエクセルなど、ビジネスの場面で活躍する「Microsoft Office」。バージョンがアップし、ますます便利になっています。
最新版の「Office」はパッケージ版の「Office 2016」とサブスクリプション版の「Office 365」があります。その違いも見ていきましょう。

Microsoft Officeとは

「Microsoft Office」とは、Microsoft社が手掛けているビジネス用のアプリケーションソフトの総称です。
例えば、WordやExcel、PowerPointなど、事務的な仕事に欠かせないソフトが挙げられます。Microsoft Officeを略して「Office」と呼ばれることが多いです。
数年ごとに新しいバージョンが用意され、製品名や機能がアップデートされ続けています。
主要なアプリケーションを簡単に説明すると、Wordが文書作成のためのソフト。ビジネス向けの文書はもちろん手紙やはがき作成の基本となるテンプレートが豊富で簡単に文書作成ができます。

Excelは、表計算ソフトと言われ、会計収支やグラフ作成など大量のデータと計算を伴う作業に適しているほか、住所録の作成などにも使われるソフトです。
PowerPointは、プレゼンテーション用のソフトでプレゼンテーション用スライドの作成などが簡単にできるソフトです。
Accessは、企業の社員情報や顧客情報など大量のデータベースを扱うソフトです。

「Office 2016」と「Office 365」の違い

最新版の「Office」にはパッケージ版の「Office 2016」とサブスクリプション版の「Office 365」があります。
どちらもOffice 2016の機能は使えるのですがそれ以外に様々なメリット・デメリットがあります。
ここではその違いについて説明していきます。

まず、購入方法が違います。パッケージ版である「Office 2016」は全国のパソコンショップや通販などでパッケージを購入します。「Office 365」はパッケージを購入する必要がありません。

サブスクリプション版である「Office 365」はオンラインで決済すればその場でインターネット経由でインストール、使い始めることができます。

ただし、パッケージ版は一度購入すればそのまま使い続けられますがサブスクリプション版はそうではありません。

「Office 365」はサブスクリプションという仕組みで利用するためソフトを買うわけではありません。サブスクリプションとはソフトを利用したい期間だけ料金を支払う仕組みですので「Office 365」を使い続けるには月額、もしくは年一括払いで料金を払い続ける必要があります。

2017年7月27日現在、Office 365の利用形態の一つである「Office 365 Solo」の利用権は月額1,274円または年額12,744円となっています。

「Office 365」は常に最新のOfficeアプリが利用可能

パッケージ版では製品名が「Office 2016」となっているとおりOffice 2016のみを使用できます。これは従来のOffice製品では当然のことでした。

しかしサブスクリプション版である「Office 365」は少し考え方が異なります。

買い切りタイプのパッケージ版はOffice 2016のみの利用権しかありませんが、サブスクリプション版であるOffice 365は、料金を支払った期間、Office製品の利用権を得るという考え方です。
つまり利用できるOffice製品はOffice 2016だけに限定されていません。利用料さえ払っていれば常に最新のOffice製品を使い続けることができるのです。

たとえば将来「Office 2020」という新しい製品が発売されたとしても同じサブスクリプションで使うことができます。

使えるソフトも異なる

Office 2016はWordやExcelなどさまざまなソフトで構成されていますが利用できるソフトの種類にも違いがあります。

個人向けの最小構成版となる「Office Personal 2016」(32184円)で使えるアプリはWord、Excel、Outlookのみですが同じく個人向けのサブスクリプション版である「Office 365 Solo」ではWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessと、7種類のソフトが利用可能になります。

パッケージ版で同等のソフトを利用しようとすると「Office Professional 2016」の購入が必要で価格は64584円となります。

サブスクリプション版はOneDriveの1TB利用権も

サブスクリプション版にはパッケージ版にはない特徴もあります。まずはオンラインストレージである「OneDrive」の利用権がついてくることがあげられます。容量は1TBですが他社のオンラインストレージサービスでも同等(月額1000円前後)の金額で同じようなサービスを利用できる場合はあります。しかしOffice 365の個人向けサービスでは月額1274円の利用料金でOfficeの利用権+OneDriveの利用権がついてきます。

OneDriveはOfficeで作業したファイルをネットワーク上にあるOneDriveに保存しておくことができるのでもしパソコンが壊れてもデータが失われることがないというメリットもあります。OneDrive自体はパッケージ版でも利用できますがその場合利用できる容量は15GBに制限されます。これ以上の容量を利用したい場合は追加で月額料金を支払う必要があります。

どちらを選ぶかは人それぞれ

こうしてみるとサブスクリプション版のほうが特典が多いように見えますが、前述のとおりサブスクリプション版は継続して利用料金を支払い続ける必要があるのがデメリットといえます。パッケージ版はサブスクリプション版よりも不利な点が多くみえますが一度購入してしまえば追加料金を支払う必要がありません。

現在のバージョンで十分であり追加のコストを払いたくない場合はパッケージ版、常に最新のソフトとOneDriveを使いたい場合はオンライン版を使うのがおすすめです。


いかがでしたか? 「Office 2016」の特徴や「Office 2016」と「Office 365」の違いを比較しました。「Office 2013」などの旧製品から乗り換えを考える際、「Office 2016」と「Office 365」のどちらを採用するか参考にしてください。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    お手頃価格の人気PCに省スペースモデル新登場!
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

1位

ドスパラ史上最軽量15.6型ノート


(+税)~

スペック詳細を見る

2位

動画処理もライトゲームもこなすGeForce MX150搭載スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

1位

最新CPU採用で処理速度アップ! 高性能&大画面スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

4位

ドスパラ史上最軽量 15.6型 高性能スリムノート

(+税)~

スペック詳細を見る

5位

ストレージ倍増の最新モデル

(+税)~

スペック詳細を見る

4~5位を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。