ドスパラは365日毎日出荷!

デバイスマネージャーの起動方法と知っておくと便利なこと

パソコンを使っていると、コンピュータ設定の中にいろいろな機能が入っているのに気づくことがあります。
知っていると便利で簡単な機能もあります。
今回は、そんな機能のうちデバイスマネージャーについてご紹介します。

デバイスマネージャーとは

ディスプレイやプリンター、マウス、キーボードなどの周辺機器やパソコンを構成しているハードウェアやCPUをデバイスと呼び、それらを管理しているところをデバイスマネージャーと言います。
Windowsをわかりやすく管理するために用意されている機能のひとつです。
これらのデバイスを動かすには、デバイスドライバーと呼ばれる専用のソフトが必要になります。
デバイスやデバイスドライバーを管理しているのがデバイスマネージャーなので、例えばマウスを新しくしたけれども、反応しないというときには、デバイスマネージャーを確認すればパソコンがマウスをきちんと認識しているかがわかるようになっています。
パソコンにトラブルが起こり、自分では解決できずメーカーに問い合わせをしたときにも、まずはデバイスマネージャーを確認することが多く、ちょっとしたトラブルの解決に役立つ機能です。

デバイスマネージャーの起動方法

デバイスマネージャーを起動させるには、複数の方法があります。
製品名によって起動方法が多少異なりますが、多くの製品で使える起動方法をいくつかご紹介しましょう。
Windows 10やWindows 8.1では、 画面左下にある「Windows」ロゴマークを右クリックしたらメニューが表示され、その中にある「デバイスマネージャー」を、選択する方法です。
詳細項目が表示されるので、状態を確認したい項目をクリックします。

ほかには、Windowsのインターフェイスを使った場合。
「スタート」をクリックし「コントロールパネル」を開きます。
「ハードウェアとサウンド」を、クリックすると「デバイスマネージャー」の項目が表示されます。
標準ユーザーとしてログオンしているときには、デバイス変更不可のメッセージが表示されますが「OK」をクリックすれば、読み取り専用でデバイスマネージャーを開くことが可能です。

デバイスマネージャーを使用してできること

デバイスマネージャーを使用すれば、ハードウェアが正常に動いているかどうかを判別したり、ハードウェアの構成設定を変更したりすることが可能です。
また、ほかにもデバイスに対する詳細設定やプロパティを変更したり、更新されたデバイスドライバーをインストールしたりと、いろいろなことが行えます。

パソコンに詳しい上級者はデバイスマネージャーの、診断機能を利用してデバイスの問題を解決したり、リソースの設定変更をしたりする場合もあるほどです。

ここで注意したいのが、デバイスマネージャーを使って管理することができるのは、ローカルコンピューターだけという点。
ネットワークでつながった状態のリモートコンピューターのデバイスマネージャーを立ち上げても、読み取り専用モードでのみ作動し、ハードウェアの構成を表示することは可能ですが、変更することはできません。


キーボードが打てない、マウスポインタが動かないなど、デバイスマネージャーを確認することで原因を特定して解決できる場合があります。
パソコンを利用していると、ちょっとした問題が起こることがよくあります。
ちょっとしたことなら自分で解決していつも快適な状態でパソコンを使いたいですね。

投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら