365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

デフラグをしてパソコンを上手に使おう

パソコンの動作が重いと感じたことはありませんか。
今までスムーズだったのに動作が遅いのは、ファイルが断片化を起こしているからかもしれません。
快適に使用するには、定期的にデフラグでファイルの断片化を解消することが大切です。

デフラグとは

デフラグの正式名称は、デフラグメンテーション。
断片化をなくすという意味です。

パソコンは、ハードディスクでデータの読み書きを行いますが、使用していくとどうしてもデータが分断されてしまいます。
いくつにもファイルが分断されて、データが散らかってしまっている状態をファイルの断片化と言います。

この断片化を解消してファイルを整理するための動作がデフラグです。

なぜデフラグするの?

まずは部屋の中を想像してみてください。
ファイルが断片化した状態というのは、部屋が散らかり、なにがどこにあるのか分からない状態です。
どこになにがあるか分からないと、必要なときに必要なものがすぐ使えません。

パソコンの断片化も同じです。
必要なときに必要なファイルがすぐに見つからないので、ファイルを見つけるまでに整理されているときと比べて時間がかかってしまいます。
パソコンの動作を上げるためにも、定期的にデフラグを行うと良いでしょう。

デフラグを行うメリットとは?

  • データ処理の速度が上がる
  • 部屋が整理されてどこになにがあるか分かれば、ものを見つける労力は少なくて済みます。
    パソコンも同様で、デフラグを行えばハードディスクへの読み書きの速度が向上し、結果的にデータ処理の速度が上がり、パソコンの動作も早くなります。

    同じようなデータが連続的に整理されることによって、何度もデータを検索することが不要になるためです。

デフラグの手順を確認

ここでは、Windows 10でデフラグする方法をご紹介します。

まず、Windowsボタンを押してWindowsのメニュー画面を開きます。
左枠にアプリなどの一覧が表示されるので、Wの欄から「Windowsシステムツール」を選択。
その中の「コントロールパネル」をクリックします。

別枠が表示されるので、中から「システムとセキュリティ」を選択。
さらに「管理ツール」の中から「ドライブのデフラグと最適化」をクリックして、デフラグ画面を開きます。

デフラグは、ハードディスクごとに表示されます。
「分析」をクリックするとハードディスク内でどのくらい断片化が起きているのかの確認が可能です。
「最適化」でデフラグを行うことができます。
「設定の変更」では、最適化のスケジュールを組むことも可能です。

なお、デフラグ中はパソコンの電源は絶対に抜かないようにしましょう。
エラーが発生してしまいます。
また、注意点としてデフラグには時間がかかるため、なにも作業を行っていない状態で行うのがおすすめです。


デフラグは、パソコンを快適に、そして長く使うためにも必要なメンテナンスです。
ファイルの整理には時間がかかることもあるので、スケジュールを決めて定期的に行うと良いでしょう。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    Radeonグラフィックス内臓!動画編集も快適
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    i7-8700搭載でマルチに使えるスリムPC
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

5位以降を見る

ゲーミングPC人気ランキング

(+税)~

(+税)~

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。