365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

オートコンプリートの機能(設定や削除方法)を使いこなそう!

検索サイトやログイン画面で、一度入力した内容を記憶して予測表示してくれるオートコンプリート機能。
アドレスなど多くの文字を全て入力する必要がないため、利便性の高い機能である反面、使い方によっては個人情報の漏えいに繋がりかねません。
今回はオートコンプリートについてご紹介します。

オートコンプリートとは?

Webサイトなどでキーボードを打つ際、途中で候補のワードが表示されたという経験ありませんか?
これがオートコンプリート、日本語に訳すと自動補完です。
オートコンプリートとは、過去に入力した文字を記憶し、次に入力される内容を予想して表示する機能を指します。

オートコンプリートの機能が発揮されるのは日本語だけではありません。
URLを入力しようとする際にも、http://wwwの続きとなるアドレスを入力する途中で過去に表示したことのあるサイトから候補を表示してくれます。
表示された候補の中から方向キーなどで上下してEnterを押すことで、その文字やURLが確定。
入力の手間が省けて効率よく作業を進めることができます。
また、過去に使用した言葉を再度入力したい場合や、閲覧したことのあるサイトを探したい場合などに有効です。
しかし注意しなければならない点もあります。
履歴が残るため、第三者に見られてしまうことです。
特にパソコンを共有して利用する場合は気を付けなければなりません。

ブラウザ別で見る設定方法

オートコンプリート機能を使いたい場合は、利用できる状態になるようパソコンを設定しましょう。
設定方法はお使いのブラウザによって異なるので、下記を参考にしてください。

  • Microsoft Edge
  • Edgeの場合は、まずメニューボタンの右端にある「…」をクリックし、「設定」を選択します。
    設定の画面が開いたら、「詳細設定を表示」をクリック。
    項目の中にある「フォームへの入力を保存する」をオンにしてください。

  • Google Chrome
  • メニューバー「…(実際には縦並び)」をクリックし、「設定」を選択します。
    ウィンドウ下までスクロールして「詳細設定」をクリック。
    プライバシーとセキュリティにある「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する」をチェック。
    次にパスワードとフォームにある「自動入力の設定」を開きオンにします。

  • Firefox
  • Firefoxを起動させた状態で、ツールメニューから「オプション」を選択します。
    画面左のリンク一覧から「プライバシー」をクリックして表示させ、文字列「Firefoxに」の右にあるプルダウンメニューから「記憶させる履歴を詳細設定する」を選んでください。
    いくつか項目が出てくるので、「検索やフォームの入力履歴を記憶させる」にチェックを入れます。
    次に画面左のリンク一覧から「セキュリティ」をクリックします。
    ログイン情報にある「サイトのログイン情報を保存する」をチェックすれば完了です。

ブラウザ別で見る履歴の削除方法

履歴を一時的に知られたくない場合、今までの履歴を削除することができます。

  • Microsoft Edge
  • 画面右上のメニューをクリックして、「設定」を選択します。
    下へスクロールして行くと「クリアするデータの選択」ボタンがあるのでクリックしてください。
    項目の中の「フォームデータ」と「パスワード」の2つにチェックを入れクリアボタンを押せば完了です。

  • Google Chrome
  • ツールバーにある「…(実際には縦並び)」ボタンから設定をクリックします。
    ウィンドウ下までスクロールして「詳細設定」を選択し、「パスワードとフォーム」から、「パスワードを管理」をクリックしましょう。
    すると保存されているユーザー名とパスワードが一覧で表示されるので、削除したいサイトの右端にある…(実際には縦並び)をクリックし、「削除」を選択することで削除できます。

  • Firefox
  • ツールメニューから「履歴」を選び、「最近の履歴を消去」をクリックします。
    すると最近の履歴を消去というダイアログが表示されるので「消去する履歴の期間」というプルダウンから「すべての履歴」を選択してください。
    消去する項目が表示されるので「検索やフォームの入力履歴」をチェックして「今すぐ消去」をクリックして完了です。


オートコンプリートはURLなどの長い文字を入力したり、ログインでフォームに入力したりといった手間が省けるなど、一度使えば大変便利な機能です。しかし、ほかの人も同じパソコンを利用する場合、パスワードなどの個人情報が漏れてしまう危険性もあります。パソコンを共有している場合は、履歴を削除するなどの対策を行いましょう。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    Radeonグラフィックス内臓!動画編集も快適
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    i7-8700搭載でマルチに使えるスリムPC
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

4~5位を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。