ドスパラは365日毎日出荷!

パソコンが重いと感じたら。その原因と解決方法

パソコンを長く使っていると、動作が遅くなってしまい重いと感じることはありませんか?
大抵の人は、重く感じたらパソコンに内蔵されている最適化の機能を使ったり、心当たりのあるファイルやゴミを捨てて少しでも動作を軽くしようと試みます。でも、それだけで本当に軽くなるんでしょうか?
ここでは重くなる原因と解決方法を探っていきます。

動作が遅くなる原因は2つある

一言でパソコンが重くなった、と言っても、原因や理由はユーザーの使用環境にもよるので一概には言えませんが、主に以下の原因が考えられます。

  1. ディスククリーンアップを行っていない
  2. 起動と同時に常駐ソフトが全部始動している

次の章からは、上記の2点について詳しく紹介していきます。

今の状態でパソコンを買い換えたり、メモリを増設したり、思い切って全てを消去し初期化する、というような大技は使いません。今あるもので改善できることを紹介していきますのでご安心ください。

メモリはお掃除していますか?

パソコンについてよく知らない人は、パソコンは買ったら終わり、と考えているかもしれません。

しかしそれは大きな間違いです。

パソコンは長らく使えば使うほどゴミや不要なファイルが増えていきます。またファイルが断片化して、断片化された状態で記憶装置に記録されていきます。これらがパソコンの処理を遅くしてしまう要因です。そのため定期的にメンテナンス(お掃除)をしてあげる必要があります。
この状態を解消するために不要なファイルやゴミは捨て、断片化したファイルを整理して、記憶装置を整理整頓します。
整理整頓ことでパソコンの処理速度が回復し、結果的にスピーディーに動くようになります。
ここではWindows 10の最適化とクリーンアップについてご紹介しましょう。

<最適化>
使い方は簡単です。

スタート>「W」→Window システムツール→PC

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。「Windowsメニュー」から「Windowsシステムツール」起動。
「Windowsメニュー」から「Windowsシステムツール」起動。

デバイスとドライブの中の(一般的には)Cドライブを右クリック

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。「Windowsシステムツール」の中の、「Cドライブ」を右クリック。
「Windowsシステムツール」の中の、「Cドライブ」を右クリック。

プロパティをクリック

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。「Windowsシステムツール」の中の、「ドライブのプロパティ」をクリック。
「ドライブのプロパティ」をクリック。

「ツール」タブを選択

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。Windowsシステムツール起動、「ドライブのプロパティ」、「ツールタブ」選択。
「ドライブのプロパティ」、「ツールタブ」選択。

ドライブを選択し→「最適化」をクリック

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。ドライブを選択し、「最適化」をクリック。
Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。ドライブを選択し、「最適化」をクリック。

「最適化」をクリック

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。ドライブの最適化とフラグの中の、最適化ボタンをクリック。
Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。ドライブの最適化とフラグの中の、最適化ボタンをクリック。

<クリーンアップ>
この方法も簡単です。

スタート>「W」→Window システムツール→ディスク クリーンアップをクリック。

Windows 10パソコンの最適化とクリーンアップ手順。「Windowsメニュー」から「Windowsシステムツール」の中の「ディスク クリーンアップ」をクリック。
「Windowsメニュー」から「Windowsシステムツール」の中の「ディスク クリーンアップ」をクリック。

長らくクリーンアップしていないと時間がかかりますが、簡単&即軽くなるのでおすすめです。

常駐ソフト、全部同時にスタートさせていますか?

クリーンアップや最適化をしたけれどあまり変化がなかったなら、もう一つ試す価値のある方法があります。

例えばお使いのパソコンに、たくさんのソフトをインストールしていませんか?
もしかすると、パソコンに入れた複数のソフトがパソコンの動きを邪魔しているかもしれません。

Windows7パソコンを例にご説明します。

「msconfig.exe」を動かすために、「スタート」から「「プログラムとファイルの検索」を選び、検索窓に「msconfig.exe」を入力して実行します。
「システム構成」というウィンドウが現れるので、その中の「スタートアップ」のタブをクリックします。
ソフト名の隣にチェック窓が並んでいるのが見えます。

この窓にチェックが入っている数が多いほど、パソコンの起動時にソフトがたくさん動いているということです。従って起動時に立ち上がらなくてもいいソフトにチェックが入っていれば、チェックを外しましょう。

例えばQuickTimeやRealPlayer、iTunesなど起動時に必要のないソフトのチェックを外してみると動作が軽くなります。


いかがでしたか? パソコンが重くなる原因は様々な要因があることがお分かりになったと思います。重いと感じてからあれこれ対策を行うよりも、日頃から不要なファイルや画像を消去し、溜めておかないようにすることが大切です。
忙しい方の場合は、週に一度など時間を決めて定期的にパソコンをメンテナンスしてあげるとよいでしょう。

投稿日:

以上の内容を試してみてもまだ重いという場合は、ドスパラにご相談ください。上記の内容の他にハードウェアトラブルが考えられます。格安で診断・修理を承っております。ご相談はこちらから

パソコン診断はこちらパソコン診断はこちら

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら