ドスパラは365日毎日出荷!

パソコン(PC)やノートパソコンから異音や変な音がする原因と対応のご紹介
パソコン内部からは様々な音が聞こえます。たとえばファンの回転音、ハードディスクの読み書き音(シーク音)などがあります。ここに挙げた音はいずれも正常な音ですが、長く使用することによりこれらの音が異音に変わっていくことがあります。
どのような音が異音にあたるのか、症状例で確認していきましょう。

パソコン(PC)やノートパソコンから異音や変な音がする原因と対応のご紹介

ファンからの異音

ファンには、PCケースファン(吸気排気)、CPUファン、グラフィックボードファン、電源ファンなどがあります。いずれも熱対策のため設置されており、パソコン使用中はほぼずっと回っています。そのためたくさんのホコリが吸着してしまいます。このホコリが異音を発生する原因になることがよくあります。
ファンから異音がする場合は、まず吸着しているホコリをエアーダスターなど使用して除去してみましょう。

ハードディスクからの異音

最近はSSDに置き換えられることが少なくないハードディスクですが、容量を考慮するとまだまだ使用することが多いですね。
読み書きをする際、「カリカリ」というシーク音は正常ですが、「カタンカタン」「カラカラ」と何かに当たる音や「ジー」というような音が聞こえたら、故障の可能性が高いのですぐにバックアップを取って置き換えすることをおすすめします。

ビープ音

ビープ音は長短の組み合わせで様々な症状を知らせてくれます。BIOSの種類(AMI、Award、UEFI)によって組み合わせが違います。
長短複数回の音が鳴る場合、パソコン内部のハードウェアで不具合が発生している可能性があります。

CD、DVD、ブルーレイなどの回転音

ディスクを挿入すると読み込みのため「ブィーン」という回転音が鳴ります。その後再生がされれば特に問題ありません。しかし読み込みが上手く行かず「シュルシュル」「キュルキュル」と鳴り続ける場合、ドライブの故障が考えられます。
一方、傷が付いていたりファイナライズされていない(主にDVDの場合)ため読み込めないなどディスクに問題があるため読み込まれないことも考えられます。この場合はディスクが他ドライブで再生できるかの確認もしてみましょう。

高周波の音(通称:コイル鳴き)

「キーン」といった高周波の音が鳴っている場合があります、これはコンデンサと基板などの振動が原因により発生している可能性があります。
通称で「コイル鳴き」とも呼ばれ、特に電源/ACアダプタ/ビデオカード/マザーボードなどで起こりやすく、各デバイスの負荷が大きいときだけ鳴ることもあります。

新品時から鳴るものもごく少数ありますが、時間経過とともに音が鳴りやすくなる傾向があります。
対策としてはコンデンサや基盤の振動対策やフェライトコア(ノイズ対策の部品をつける)などがありますが、古くなったパーツは買い替えが効果的な対策となります。

まとめ

パソコンから異音がする場合、清掃することで改善できることもあります。しかし中には大切なデータを失うことになりかねないハードウェア故障起因の異音もあるので、慎重に聞き分けバックアップを取るなどの対処を行いましょう。ひとつずつ確認してそれでもダメなら修理店に持ち込んで原因解明~修理依頼を検討してみてください。


更新日:
投稿日:

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら