ドスパラは365日毎日出荷!

魅力的なOSとして話題!Chrome OSの気になる情報&インストール方法

WindowsやmacOSといった利用ユーザーの多い人気OSと並んで、注目を集めるChrome OS。
インターネット事業大手のGoogleが2009年に開発・発表し、搭載パソコンの発売もされるなど、着々とユーザーを増やしている注目のOSです。
Chrome OSの基本的情報から、気になる動作環境やインストール方法、Chrome OSのメリットなどをチェックして、今後のパソコン購入に役立ててください。

Chrome OSって何?

Webの閲覧や、Web用アプリケーション向けに特化されたOSとして、Googleが開発したChrome OS。ネットブック型のChromebookや、デスクトップパソコン型のChromeboxにChrome OSを搭載して販売しており、Chromebook は約3万円から購入できるコストパフォーマンスの面でも魅力的な製品です。

ポイントとしては非常に起動が早いこと!

インターネットを通じGoogleアカウントからログインして、全ての機能を利用することができ、メールはGmail、ドライブ機能はオンラインストレージとしてGoogleドライブ、オフィス機能には文書作成向きのGoogleドキュメント、表計算向きのGoogleスプレッドシートなどが利用可能です。

①Chrome OSでできること

Chrome OSでは、基本的にChrome上でできることであれば対応可能です。
WEBサイトの閲覧はもちろんですが、GoogleドライブやGoogleドキュメントなどにも対応します。
ただし、WindowsやMac対応のアプリケーションをChrome OSにインストールすることはできません。

もしMicrosoft Officeを利用したい場合、アプリケーションをインストールするのではなくオンラインで利用できるOffice 365を利用します。

②セキュリティについて

Chrome OSは非常に強固なセキュリティを実現しています。OSはすべて自動更新され、常に最新の状態を維持します。
そして、サンドボックスとよばれる環境下で動作しており、不正アクセスのターゲットになったとしても、アプリケーションやその他のタブに影響を与えることはありません。

また、Chrome OSはアプリケーションのインストール自体が不可能な仕様のため、必然的にコンピュータウイルスに感染する心配がありません。
Windows PCのようなセキュリティ対策ソフトを購入する必要もなく安心です。

②オフライン使用について

Chrome OSはGoogleドライブにデータを保存しますが、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドはオフラインでの編集も可能です。
インターネットに接続された状態でGoogleドライブの設定メニューを開き、「Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画のファイルをこのパソコンに同期して、オフラインで編集できるようにする」をオンにすることでオフライン編集に対応できます。

Chrome OS(Chromium OS)のインストール方法

Chrome OS(Chromium OS)のインストール方法は、専用のページよりイメージファイルをダウンロードし、USBメモリにインストールします。

イメージファイルには、通常版やMBR版など数種類あるため、確認が必要です。

インストールしたUSBメモリを、電源を入れる前に差し込み、電源をオンにします。

その後パソコンに表示されるメニューに従ってインストールを完了させます。

困った時のChromium OS専用のカスタムビルド配布ページ

インストール方法から、アップデート方法、事前の準備ポイントまで、Chromium OSにまつわる情報がまとめられたサイトがカスタムビルド配布ページです。

インストールする方法などは、バージョンごとに細かくページ分けされており、困った時のお助け情報が満載!

Chromium OSのインストールを始める前に、一度チェックしておくとスムーズに進められます。

Chrome OS(Chromium OS)のメリットとは

Chrome OS(Chromium OS)を利用する上でユーザーが気になるのが、メリット。

Chrome OS(Chromium OS)の魅力のひとつが、起動のスピードにあります。

電源を入れて、インターネットを使うまでの時間が約10秒の速さ!すぐに作業を始めたい人や、待ち時間にイライラしていた人にはおすすめです。

またインターネット回線必須であるからこその、安心機能もポイントに!

資料制作などで利用するGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートは、全て自動保存されます。保存をうっかり忘れて、せっかく作った資料が消えるなんてことからも解放され、作業もスムーズです。


パソコンを利用する際は、インターネット回線は必須といっても過言ではありません。ですので、インターネット回線が必須のOSであるChrome OSであっても、不便に感じることはほぼありません。動作のスピード感や豊富なアプリケーション、安価なコストパフォーマンスと魅力が満載のOSです。

更新日:
投稿日:

関連記事
Chrome OS(クローム・オーエス)とは一体何?OSとしての「Chrome」とはどのようなものか?について

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら