ドスパラは365日毎日出荷!

ベンチマークとは?CPUベンチマークなどパソコンの各性能を測るためのベンチマークソフトをご紹介

ベンチマークソフトは、パソコンに一定の負荷を与え性能を測るソフトのこと。負荷に対する実行速度を測った結果をパソコンの処理能力の目安とします。
この記事では、ベンチマークの説明やCPUベンチマークなどパソコンの性能を測るベンチマークソフトをWindows版、Mac版まで紹介します。

ベンチマークとは?そしてベンチマークソフトとは?

ベンチマークとは、本来は色々な意味を持っています。今回はパソコンにおけるベンチマークについて紹介をします。
パソコンでのベンチマークとはパソコンに一定の負荷を掛けることでパソコンの性能を計測することを言います。
パソコンの使用目的に合わせた種類の負荷を与えることで、パソコンの性能が目的を達成できる能力があるかどうかを計測していくことが主な目的となります。

パソコンのベンチマークを実行する専門のソフトを「ベンチマークソフト」と呼びます。

ベンチマークソフトにはさまざまな種類がありますが、「PCMark」や「3DMark」といったソフトウェアが有名です。
PCMarkはシェアウェア、3DMarkは無料版もあります。各ベンチマークソフトの簡単な説明をします。

ベンチマークソフト「PCMark」

「PCMark」はパソコンで様々なアプリケーションを使った場合の性能を測るソフトで、ウェブサイトの閲覧やOffice系アプリの利用、写真や動画の編集作業など、パソコンで実行しそうな作業全般の性能を測ることができます。

ベンチマークソフト「3DMark」

「3DMark」は主にパソコンの3D性能、特にゲームに特化したベンチマークソフトになります。実際のゲーム画面に近い映像を再現して3Dをどれだけ高速に描けるかを測ることでゲームプレイの快適さの目安にできます。

これらのベンチマークソフトはあくまでパソコンの総合的な能力を測るものなので、実際のアプリケーションによっては多少結果が異なることもあります。

具体的なソフトウェアごとにパソコンの性能を知りたい場合は、実際のゲームを元にしたベンチマークソフトもあります。「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」や「PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4」などがそれです。

この他にもベンチマーク機能をもったゲームは多数ありますが、これらは実際のゲームをそのままベンチマークソフトとして動かすことで、自分のパソコンでどのくらいそのゲームを快適に遊べるかということを具体的に知ることができます。

次に主なペンチマークソフトを「Windows向けおすすめ無料ベンチマークソフト」「Mac向けおすすめ無料ベンチマークソフト」「Windows・Mac両対応おすすめ無料ベンチマークソフト」と紹介していきます。

Windows向けおすすめ無料ベンチマークソフト

PCMark 10(UL LLC)

・対応OS:Windows

UL LLCが提供しているベンチマークソフト。オフィスで活用するパソコンの性能評価に適しています。
3DMarkと併せて利用すると、幅広く性能を評価できます。

PCMARK 10(UL LLC)公式ページ

3DMark(UL LLC)

・対応OS:Windows

PCMark 10に引き続き、UL LLCが提供しているグラフィックス性能を測定できるベンチマークソフトです。
3Dの処理能力を評価でき、有料版もリリースされています。

3DMark(UL LLC)公式ページ

CrystalDiskMark

・対応OS:Windows

Windowsパソコンのストレージ速度計測ベンチマークソフトです。簡単にストレージ速度を測定できる点が魅力です。

CrystalDiskMark公式ページ

IsMyHdOK(Nenad Hrg)

・対応OS:Windows

IsMyHdOKは、Windows用のストレージ用(HDDやSSDなど)のベンチマークソフトです。
テスト時間を4種類から選ぶことができます。

IsMyHdOK公式ページ

Mac向けおすすめ無料ベンチマークソフト

AmorphousDiskMark(Katsura Shareware)

・対応OS:macOS

Mac利用者向けのストレージ速度計測ができるベンチマークソフトです。
Mac専用のベンチマークソフトは数が少ないので貴重だといえるでしょう。

AmorphousDiskMark(Katsura Shareware)公式ページ

AmorphousMemoryMark(Katsura Shareware)

・対応OS:macOS

Mac利用者向けのストレージのメモリーテスト機能に特化したベンチマークソフト。
Read / Writeの性能を評価できるうえ、GB/sで速度の測定が可能な点が魅力です。

AmorphousMemoryMark(Katsura Shareware)公式ページ

Blackmagic Disk Speed Test(Blackmagic Design Inc)

・対応OS:macOS

Mac利用者向けのディスク性能測定・動作確認を実施するのに適したベンチマークソフト。
計測のグラフィックが大変シンプルで分かりやすいのが魅力です。

Blackmagic Disk Speed Test(Blackmagic Design Inc)公式ページ

WindowsやMacやスマートフォン対応おすすめ無料ベンチマークソフト

AIDA64(FinalWire)

対応OS:Windows、Android、iOS、Windows Phone、Sailfish OS

ハードディスク・GPU・CPU・メモリなど各パソコンパーツごとに性能を測定できるベンチマークソフトです。
対応OSが幅広い点や温度・消費電力をリアルタイムで確認できる点が魅力です。

AIDA64(FinalWire)公式ページ

Blackmagic Disk Speed Test(Blackmagic Design Inc)

対応OS:Windows、macOS

GPU・CPUの並列計算における性能を測定・比較するベンチマークソフトです。
OpenCL端末に特化しています。

Blackmagic Disk Speed Test(Blackmagic Design Inc)公式ページ

Cinebench(Maxon Comuputer)

対応OS:Windows、macOS

CPUのストレステストでよく利用されているベンチマークソフト。
Windows・Mac両対応な点、そして古めのスペックのパソコンでも測定できる点が優れています。

Cinebench(Maxon Comuputer)公式ページ

まとめ

ベンチマークとは?からベンチマークソフトについて具体的なソフトを紹介いたしました。
Windows向けからMac向け、スマートフォン向けのベンチマークソフトまで幅広く紹介しました。
ベンチマークソフトを使えば、個別のパーツの性能ではわからない、各パーツを組み合わせた「パソコンの総合処理能力」がわかると思います。
新しいパソコンが目的のための処理能力を持っているか?パーツをカスタマイズした結果満足の行く性能になったのか?などを知るために是非ご活用ください。

© 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
©SEGA

更新日:
投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら