365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

リカバリーディスクの作り方、Windows 10でのリカバリーディスクの作成方法をご紹介

リカバリーディスクを作成しておくと、Windowsが起動しない場合やHDDドライブそのものに問題が発生した場合などに対応が可能となります。
この記事では、Windows 10でのリカバリーディスクの作成準備や作成方法、他のバックアップとして回復ドライブの作成方法などもご紹介します。

リカバリーディスクとは?

リカバリーディスクとは?

「リカバリーディスク」は、パソコンを「初期化(工場出荷時の状態)」するときに必要なディスクのことで、パソコンに原因不明の問題が起きたときにリカバリーディスクを使うことで解決できることもあります。

ディスク型の記録媒体を使用したことからリカバリーディスクと呼ばれていますが、その他にはリカバリーCDやリカバリーDVDとも呼ばれていて、パソコン購入時に付属品として付いてきます。
光学ドライブが搭載されていない薄型ノートパソコンでは、HDD(ハードディスク)やSSDの中にリカバリーディスクに該当するリカバリー領域を用意したものもあります。

Windows 10では、似たような機能として「システム修復ディスク」というのがありますが、システム修復ディスク単体では初期化はできません。
システム修復ディスクは異常が起きる前のパソコンの状態に戻すもので、リカバリーディスクより軽い異常のときに使います。
システム修復ディスクができることは、リカバリーディスクでも可能となっている点でも、リカバリーディスクの準備はしておいた方が良いでしょう。

リカバリーには大きく2種類の方法がある

パソコンを初期化するときは2つの方法があります。
「リカバリーディスクを使う方法」と「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」です。

「リカバリーディスクを使う方法」は、記録メディアで作成したリカバリーディスクを使ってリカバリーする方法。
「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」は、光学ドライブが搭載されてないパソコンのハードディスク内にあらかじめ用意されているリカバリー領域を使います。

どちらも同じようにリカバリー可能なのですが、「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」で注意したいのが、HDD/SSD自体が故障している場合にはリカバリー領域を読み込めない恐れがあるということです。
パソコンのハードディスク内にリカバリー領域がある場合にもリカバリーディスクを持っておくと安心です。

リカバリーディスクを作るときに使用するリカバリーメディア

リカバリーディスクとして使用するメディアとしては「USBメモリ」「CD-R」「DVD-R」「BD-R(Blu-ray)」などがあります。

OSがWindows 10であれば、USBメモリで回復ドライブを作成するようになっています。
USBメモリでしたら光学ドライブが搭載されていないパソコンでも簡単に作れるので便利です。

おすすめUSBフラッシュメモリ一覧おすすめUSBフラッシュメモリ一覧

CD-R、DVD-R、BD-Rはパソコンが光学ドライブに対応している必要があり、またシステムの容量によっては複数枚必要の場合もあります。
とくにCD-RやDVD-Rの場合には容量不足になる可能性もあり、複数枚必要なのであれば必ず同じ種類のメディアを使うようにしましょう。

おすすめ記録メディア一覧おすすめ記録メディア一覧

リカバリーディスクの作成方法

今回は、Windows 10のパソコンを使ってリカバリーディスクを作成する方法を紹介して行きます。
リカバリーメディアは作成するのに簡単で便利なUSBメモリを使います。
構成によっては容量が増えるため、容量不足にならないように16GB以上、できれば32GB以上のUSBメモリを使うと良いでしょう。

リカバリーディスク作成前の準備、注意点

回復ドライブを作成するとUSBメモリ内のデータはすべて削除されます。
リカバリーメディア専用となるので、リカバリーディスクデータを削除するまでUSBメモリーはその後使いまわすことはできません。
USBメモリー内に必要なデータがあるのでしたら、他のUSBメモリーや外付けHDDなどにデータを移動しておきましょう。

ノートパソコンでリカバリーディスクを作成する場合は、ACアダプターなどの電源を接続しするようにし、途中で電源が落ちないようにしましょう。
リカバリーディスクを正常に作成するためには、セキュリティソフトやブラウザーなどのアプリはすべて終了させ、インターネット接続やスクリーンセーバー、スリープ機能もオフに設定してください。

リカバリーディスク作成手順

リカバリーディスクの作成手順を説明して行きます。

  1. 画面のWindowsロゴ(スタート)をクリックし、Windowsメニュー一覧をスクロールさせて、「W」の項目にある「Windowsシステムツール」をクリックします。
    画面のWindowsロゴ(スタート)をクリックし、Windowsメニュー一覧をスクロールさせて、「W」の項目にある「Windowsシステムツール」をクリックします。

  2. Windows システムツールメニュー内の「コントロールパネル」をクリックします。
    Windows システムツールメニュー内の「コントロールパネル」をクリックします。

  3. コントロールパネルが開いたら、右上の「コントロールパネルの検索」窓に「回復」と入力して検索します。
    コントロールパネルが開いたら、右上の「コントロールパネルの検索」窓に「回復」と入力して検索します。

  4. 検索結果の「システム」の中にある「回復ドライブの作成」をクリックします。
    検索結果の「システム」の中にある「回復ドライブの作成」をクリックします。

  5. 「回復ドライブ」のウインドウが表示されるので、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」という項目にチェックが入っていることを確認してから「次へ」のボタンをクリックします。
    「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」という項目にチェックが入っていることを確認

  6. 用意したUSBメモリをパソコンに接続して、「使用可能なドライブ」として認識されていることを確認したら、「次へ」をクリックします。
  7. 「回復ドライブを作成中」の画面に切り替わり、処理が終わると「回復ドライブの準備ができました」と表示されるので「完了」ボタンをクリックすれば回復ドライブの作成作業は終了です。

作成した回復ドライブは、原因不明のトラブルや問題があってパソコンを初期化する時に必要となります。
もしもの時のために大切に保管するようにしましょう。

リカバリーディスク以外のバックアップ「イメージバックアップ」の作り方

イメージバックアップとは、初期化するリカバリーと違い、WindowsやHDD/SSD内のデータをそのまま保存するもので、復元までの手間を減らせます。
Windows 10を例に手順を解説します。

  1. 外付けHDDをパソコンに接続します。
  2. 画面のWindowsロゴ(スタート)をクリックし、Windowsメニュー一覧をスクロールさせて、「W」の項目にある「Windowsシステムツール」をクリックします。
    画面のWindowsロゴ(スタート)をクリックし、Windowsメニュー一覧をスクロールさせて、「W」の項目にある「Windowsシステムツール」をクリックします。

  3. Windows システムツールメニュー内の「コントロールパネル」をクリックします。
    Windows システムツールメニュー内の「コントロールパネル」をクリックします。

  4. 「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」内の「バックアップと復元」をクリックします。
    「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」内の「バックアップと復元」をクリックします。

  5. バックアップと復元の中の「システムイメージの作成」をクリックします。
    バックアップと復元の中の「システムイメージの作成」をクリックします。

  6. 「バックアップをどこに保存しますか?」というウインドウが開くので、「ハードディスク上」を選び、「次へ」をクリック。
    「バックアップをどこに保存しますか?」というウインドウが開くので、「ハードディスク上」を選び、「次へ」をクリック。

  7. バックアップされる容量を確認してから「バックアップの開始」をクリックします。完了までは数時間かかることもあります。

まとめ

Windows 10でのリカバリーディスク作成方法からイメージバックアップの方法まで紹介してきました。
「ハードディスクのリカバリー領域」のみで、リカバリーディスクが付属しない製品も多いですが、HDDの読み込みがうまくいかない場合などには対応ができません。
通常の起動ができている時にリカバリーディスクを外部に作成しておくと、万が一の際の対応として安心ですので是非ご検討ください。

更新日:
投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら