365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

DirectXとは?何のために入っているもの?

Windowsを使用しているのなら、DirectXという言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。
DirectXは、Microsoftが開発した、Windowsなどに搭載されているAPIのこと。
主にパソコンゲームなどで活用されています。
たとえばどんなことに使えるのか、詳細を確認してみましょう。

DirectXとは

DirectXは、ゲームや動画などのマルチメディアコンテンツをWindows上で処理させるためにMicrosoftが開発したAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の総称です。
主にパソコンゲームの処理のために使用されています。
なお、アプリケーションをプログラミングする場合、それなりの手間がかかります。
APIは、そんなプログラミングの手間をできるだけなくした、簡素なプログラミングのインターフェースを指します。
Windows自体、もともとゲーム用に作られたものではないため、専用の機能が備わっていませんでした。
従来からGDIと呼ばれるグラフィック処理の命令はありましたが、ゲームやマルチメディアコンテンツなどの高速な処理を行う目的には不向きでした。
そのため、DirectXをWindowsに組み入れることによって、ゲームや動画といったマルチメディアを快適に処理できるようにしています。
なお、DirectXはWindowsをはじめ、Xboxシリーズにも広く活用されている技術です。

何をするもの?DirectX

DirectXは動画や画像などの処理を効率よくできるようにするAPIセットですが、具体的に以下のようなことをやっています。

  • グラフィックや動画の再生をサポートする
  • グラフィックや動画に関する開発環境の提供
  • サウンド関連のサポート

など

このようにDirectXでは、開発から再生までサポートしています。

DirectXは何のために入っている?

DirectXは、パソコンでゲームを快適に行なうという目的もありますが、パソコンでのゲームの開発にも使用されるツールです。
インターフェースを使用すれば、プログラミング言語であるC言語またはC++、Visual Basicといったベーシックな言語からも開発することができます。

なお、DirectXには、オーディオ再生などに関わるDirectX Audio、ゲームデバイスやキーボードからの入力に関するDirectInput、マルチプレイに関わるDirectPlay、グラフィックに関わるDirectX Graphicsなどがあります。
ゲーム開発に関わるさまざまなことを網羅しているので、DirectXがあれば基本的なゲームを作成することが可能です。

実際にDirectXを用いてゲーム開発を行いたい場合は、パソコンをゲーム開発に適した環境にする必要があります。
また、DirectXはあくまでもツールであるため、DirectXを起動するということはありません。
アプリケーションが必要なDirectXのツールを必要に応じて使用するので、ユーザ側で設定するようなことはありません。

DirectXのインストール方法

パソコンにDirectXをインストールするにはどのようにすればよいでしょうか。Windowsのバージョンごとに見てみましょう。

<Windows 7>

  • Microsoftの以下のサイトからダウンロードします。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=7087
  • セットアップファイルを実行します。
  • 「マイクロソフトソフトウェアライセンス条項」に同意を押します。
  • もし不要と思うなら「Bingツールバーをインストールする」のチェックをはずします。
  • そのまま指示に従って進めましょう。

<Windows 10>

手順はWindows 7と同じです。

DirectXのバージョン確認するには

DirectXのバージョンは、使用しているWindowsのOSによって異なります。
Windows 10の場合、適用されているバージョンはDirectX 12です。

直接確認したい場合は、Windowsボタンをクリックし、検索から「dxdiag」を入力して、アプリケーションを起動するとDirectX診断ツールという画面が表示されます。

Windows 10 DirectXのバージョン確認方法。「スタートメニュー」から「検索」をクリック。
Windows 10 「スタートメニュー」から「検索」をクリック。
Windows 10 DirectXのバージョン確認方法。スタートメニューから検索をクリック、「dxdiag」を検索し、クリック。
「dxdiag」を検索し、クリック。
Windows 10 DirectXの診断ツール画面にて、バージョンが確認できる。
Windows 10 DirectXの診断ツール画面にて、バージョンが確認できる。

TOP画面の下の方にバージョンが記載されているので、パソコンにどのバージョンが入っているか確認可能です。

Windows 10以外の、Windows 8やWindows 7でもWindows 10と同じ手順でDirectXのバージョンを確認することができます。

なお、OSによってはバージョンアップできない場合もありますが、Microsoftのダウンロード画面から、DirectXのバージョンアップを行なうことができます。
Windows Updateを有効にしている場合は、自動的にインストールが行なわれるので、特に設定をする必要はありません。
基本はWindows Updateが有効な状態のはずなので、特に操作を行なう必要はないでしょう。

  • DirectX診断ツールで他に確認できること
  • DirectX診断ツールを起動すると、DirectXのバージョン以外にも、さまざまな情報が記載されているのが分かります。
    たとえばディスプレイのモードにメモリ、サウンド、マウスやキーボードの入力装置の情報です。
    種類や製造元、IDなどを確認することができます。
    さらに、各装置に問題がある場合は、注意の欄に表示されます。
    サウンドや入力装置などの状態を知りたいときにもDirectX診断ツールは使用可能です。
    なお、DirectX診断ツールで得た情報は、テキストファイルとして保存することもできます。


パソコンゲームで遊んだり、パソコンゲームを開発するにあたって、ツールであるDirectX自体の設定を行なったりするということはありませんが、見えないところで快適なパソコン動作のための働きをしてくれています。より最新のバージョンにしたい場合は、DirectX診断ツールを使って、バージョンを確認してみましょう。

更新日:
投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら