ドスパラは365日毎日出荷!

Windows 10プロダクトキー封印シール(COA ラベル)のはがし方から、万が一失敗したときの対処方法までをご紹介

Windows 10のプロダクトキーはスクラッチシールで一部が隠れていて削る必要があります。シールを削りすぎて確認できなくなるなんてことも。
この記事では、Windows 10のプロダクトキーシールのはがし方や注意点、そして失敗した時のためプロダクトキーの再確認方法をご紹介します。

Windows 10プロダクトキーとは?

Windows 10プロダクトキーとは、OSをインストールする際にライセンス認証で用いるシリアルコード(個別に割り振られた識別用番号などの意味)を指します。
Windows自体はインターネット上でも簡単に入手できるため、プロダクトキーを使ったライセンス認証によりMicrosoftが提供している正式なOSか判断しています。

Windows 10を正しくインストールするうえで、プロダクトキーは非常に重要な働きを担っているのです。

プロダクトキーは通常25文字によって構成されており、「プロダクトキー: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX」という具合で表記されます。

COA ラベル(プロダクトキー)の封印シールについて

プロダクトキーが印字されたものはCOA(Certificate of Authenticity)ラベルとも呼ばれ、記載されたプロダクトキーは一部分が封印シールにより隠されていることが大半です。

Microsoft社から正規に提供されたプロダクトキーには封印シールがついています。

COA ラベル(プロダクトキー)の封印シール

盗み見られたり、盗用されたりしないために、プロダクトキーの一部分が隠されています。
封印シールはシルバーの色をしたスクラッチで、コインや爪などで軽く削ると隠されたプロダクトキー部分がはがれる仕組みです。

封印シールはシルバーの色をしたスクラッチで、コインや爪などで軽く削ると隠されたプロダクトキー部分がはがれる仕組みです。

正規のシリアルコードは25文字ですので、スクラッチの封印シールをはがして初めてWindows 10のインストールに必要なプロダクトキーを入手することができます。

・COA ラベルはどこに貼られている?

ドスパラでは、デスクトップパソコンの場合は大半が筐体の正面左、右上部分に。ノートパソコンの場合は本体裏面にCOA ラベルが貼り付けられています。
ただし、特殊なケースではデスクトップパソコンのCOA ラベル貼り付け位置が異なるためご注意下さい

ドスパラでは、デスクトップパソコンの場合は大半が筐体の正面左、右上部分に。ノートパソコンの場合は本体裏面にCOA ラベルが貼り付けられています。

Windows 10プロダクトキー封印シールをはがす前の注意点

Windows 10プロダクトキー封印シールのはがし方を間違えてしまうと、プロダクトキー自体が削り取られてしまう可能性があります。

プロダクトキーまで削ってしまうと正しいライセンス認証が難しくなり、結果として新しいプロダクトキーを購入しなければWindows 10のインストールができなくなってしまう点に注意しましょう。

ドスパラで購入されたWindows 10のプロダクトキーであっても、スクラッチをはがす際のコード部分損傷による再発行や返品は一切受け付けておりませんのでご注意下さい。

ドスパラではOSインストールを代理で行う出張サービスも行っていますが、プロダクトキーが記載されたCOA ラベルはお客様で別途ご用意していただく形となります。 

Windows 10プロダクトキー封印シールのはがし方

失敗を避けるため、封印シールをはがす際は最大限の注意をはらって取り組むことがベストです。
スクラッチ部分を取り除く方法についてご紹介します。

Windows 10プロダクトキー封印シールを削りはがす場合

Windows 10プロダクトキー封印シールのはがし方について、スクラッチを削る際に意識したいポイントが3つあります。

・スクラッチの中心からはがす

Windows 10プロダクトキー封印シールをはがすときには、「スクラッチ部分の中心から外側へ広がるように削る」とコードが破損しにくくなります。スクラッチの外側からまとめて削ろうとするのはおすすめできません。
スクラッチはCOA ラベルの上に貼り付けられ、スクラッチの下にはスクラッチ層、スクラッチの基層、シリアルコード部分(COA ラベル)という具合に3段階の層が出来ています。

上段から少しずつ削ることで銀色のスクラッチ層を取り払えますが、スクラッチの外側からまとめて削ろうとすると、シリアルコード部分を巻き込んでしまう可能性があるのです。
コードを傷つけないためにも、スクラッチ部分の中心から外側へ広がるように削るイメージを持つことをおすすめします。

・力は少しずつ強めていく

最初から力強く削ってしまうと、プロダクトキーが破損してしまう恐れがあります。
まずは力を弱めにして、経過を見ながら少しずつ力を入れていくことがポイントです。

スクラッチの削りカスが出始めれば力加減は最適ですので、プロダクトキー部分が読み取れるまでスクラッチ部分を削りましょう。

・コイン(硬貨)を使う

コインや爪など、スクラッチを削る身近な方法はいくつかありますが、安定して削りやすいのはコインです。
爪を使うと想定よりも削れてしまったり、シール部分がえぐれてしまったりする可能性があります。

10円玉などのコインを使う場合は、少し斜めにしてスクラッチの中心部分から削るイメージを持つと、プロダクトキー部分が破損しにくくなります。

Windows 10プロダクトキー封印シールを取りはがす場合

Windows 10プロダクトキー封印シールのはがし方として、セロハンテープを使ったスクラッチのはがし方が存在します。

(1)セロハンテープをスクラッチ部分へ貼り付ける

セロハンテープを銀色のスクラッチ部分へ貼り付けます。

粘着力の強いタイプは周囲のプロダクトキーごとはがしてしまう恐れもあるため、あらかじめプロダクトキー部分をメモしておいたり、隅の部分でテストしてみたりしましょう。

(2)貼り付けた状態でスクラッチ部分をこする

セロハンテープを貼り付けたままの状態で、コインや爪などを使って封印シール(スクラッチ)をこすります。
スクラッチ部分を浮かせるために刺激を与えるイメージに近く、セロハンテープがずれそうになるほど力強くこするのは避けましょう。

(3)ゆっくりとセロハンテープ剥がす

封印シール(スクラッチ)に十分な刺激を与えたら、あとはゆっくりとセロハンテープをはがします。
すると、削りカスを出さずにWindows 10プロダクトキー封印シールをはがすことが可能です。

COA ラベルそのものを剥がす方法

COA ラベルは筐体に貼られており、角度によってはスクラッチ部分を削るのをより難しくしているかもしれません。
そのような場合はCOA ラベルを剥がしてみるのも1つの手段です。

単純にCOA ラベルを剥がそうとすると、PCの筐体にシール部分が残ったり、破れてしまったりする可能性も。
COA ラベルを綺麗に剥がすためには、ドライヤーで熱風をあてることが1つのポイントです。

ドライヤーで熱風を送りすぎると本体が溶けてしまう可能性もあるので、適度に風をそらしつつ1分ほど熱風を当てることを意識します。
少しずつ温めながら適度にはがすことで、シール跡を少なくしつつCOA ラベル自体をはがすことができます。

プロダクトキーシールのはがし方に失敗したときの対処法

ドスパラでご購入頂いたモデルであっても、原則としてプロダクトキーの再発行を承ることはできかねます。
そのため、COA ラベルやスクラッチのはがし方に失敗したときの対処法はお客様にて独自にご対応いただく必要があります。

しかし、すでにWindows 10をインストール済みで、OSの再インストール前にプロダクトキーをチェックしたい場合には、コマンドプロンプトを使ってプロダクトキーを再確認することが可能です。

ただし、OEM版Windows 10はご購入いただいたモデルへ紐付いているため、他PCへプロダクトキーを流用することはできません。

インストール済みPCでプロダクトキーを再確認する方法

PCの中身を別の筐体へ移し替える際にCOA ラベルを紛失したり、PCの不調でOSの再インストールを考えていたりする場合は、お使いのPCでコマンドプロンプトにて現在使われているプロダクトキーを確認することができます。

コマンドプロンプトでプロダクトキーを確認する手順についてご紹介します。

(1)コマンドプロンプトを開く

「Windowsキー+Rキー」を同時押しすることで、”ファイル名を実行して起動”を開くことが出来ます。
開かれたウィンドウ内に「cmd」と入力してOKを押しましょう。

「Windowsキー+Rキー」を同時押しすることで、”ファイル名を実行して起動”を開くことが出来ます。
(2)コマンドプロンプトでコマンドを入力する

コマンドプロンプトが開かれたら、下記のコマンドを入力します。(※コピー&ペースト推奨です。)

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

コマンドプロンプトでコマンドを入力する
(3)プロダクトキーが表示

OA3xOriginalProductKeyという表記の下に、25文字のプロダクトキーが表示されます。
こちらが現在お使いになられているWindows 10のプロダクトキーですので、上記のプロダクトキーをメモしておけば同じPCへWindows 10の再インストールが可能です。

こちらが現在お使いになられているWindows 10のプロダクトキーですので、上記のプロダクトキーをメモしておけば同じPCへWindows 10の再インストールが可能です。

Windows PowerShell(管理者)で再確認する方法

コマンドプロンプトではなく、Windows PowerShell(管理者)でも同様にプロダクトキーの再確認が出来るようになっています。

(1)WindowsマークからWindows PowerShell(管理者)を起動

デスクトップ左下にあるWindowsを右クリックして、Windows PowerShell(管理者)を開きます。
起動する際に「ユーザーアカウントの制御」が表示された場合は[はい]をクリックします。

デスクトップ左下にあるWindowsを右クリックして、Windows PowerShell(管理者)を開きます。
(2)Windows PowerShell(管理者)にコマンドを入力する

Windows PowerShellが開かれたら、コマンドプロンプトと同じコマンドを入力します。(※コピー&ペースト推奨です。)

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

Windows PowerShell(管理者)にコマンドを入力する。
(3)プロダクトキーが表示

OA3xOriginalProductKeyという表記の下に、プロダクトキーの25文字が表示されました。
コマンドプロンプトとWindows PowerShellで表示させるプロダクトキーはどちらも同じです。

コマンドプロンプトとWindows PowerShellで表示させるプロダクトキーはどちらも同じです。

まとめ

Windows 10のプロダクトキー封印シールをはがすとき、シリアルコード部分まで傷つけてしまうとWindows 10のインストールが難しくなってしまいます。
プロダクトキー損傷による再発行や返品は承ることができかねますので、封印シールをはがすときには最大限ご注意下さい。

なお、Windows 10プロダクトキーを紛失しても、すでにWindows 10がインストールされていればPC側でプロダクトキーを把握することも可能です。
その際は上記の手順に沿ってシリアルコードの再確認をすれば、Windows 10の再インストールが可能になります。

投稿日:


ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら