ドスパラは365日毎日出荷!

Teams(Microsoft Teams)とは? テレワークに活用できるWEB会議の始め方を解説!

近年では、テレワークを取り入れる企業が増え、WEB会議を活用する機会が多くなっています。WEB会議の機能を持つツールの中でも、WordやExcelなどのOfficeソフトとの親和性が高く、導入する企業が増えているのが「Teams(Microsoft Teams)」。
社内のビジネスチャットやWEB会議など、さまざまな用途で活用されるTeams(Microsoft Teams)、その特長やWEB会議の始め方を解説します。

Teams(Microsoft Teams)とは、どんなツール?

「Teams」とは、Microsoftが提供するコミュニケーションツールです。そのため、Microsoftが提供する他のツールとの親和性が高く、WordやExcelなどのOfficeソフトとシームレスな利用ができる点が、大きな特長となっています。

ビジネスチャットやWEB会議などのほか、Officeソフトで作成したファイルをチームメンバーで共同編集できる機能などもあり、社内でのコミュニケーションをより効率化することが可能になります。普段からOfficeソフトを活用しているユーザーにとっては、非常に導入しやすいツールと言えるでしょう。

また、同じくMicrosoftが提供するオンライン通話ツールの「Skype」には、法人向け有料サービスの「Skype for Business」がありますが、Microsoftはこのサービスのサポートを2021年7月31日に終了すると発表しています。「Skype for Business」を検討している場合は、移行先として推奨されている「Teams」の導入がオススメです。

Teams(Microsoft Teams)は、無料で使える?

「Teams」には、無料版と有料版のプランがあり、無料版では一部の機能が制限されています。下記のプランには、「Teams」が含まれていますので、すでに「Office 365」を契約している場合には、「Teams」のために追加料金を支払う必要はありません。

  • ・Office 365 Business Essentials
  • ・Office 365 Business Premium
  • ・Office 365 E3

無料版でも、基本的な機能を利用することができます。「Teams」の導入を検討している場合、まずは無料版を使ってさまざまな機能を試してみると良いでしょう。

Teams(Microsoft Teams)のアカウント作成とインストール手順

Microsoftの「Teams」ダウンロードページから、アプリをダウンロードします。「Teams」のアプリは、Windows版やMac版、そしてスマートフォンやタブレットで利用するiOS版、Android版でも提供されています。また、ウェブブラウザ上で使えるウェブ版も利用することができます。

Microsoftの「Teams」ダウンロードページから、アプリをダウンロードします。

ダウンロードされたインストーラを起動して、「Teams」アプリをインストールします。インストールが完了したら、ログイン画面が表示されます。

ダウンロードされたインストーラを起動して、「Teams」アプリをインストールします。インストールが完了したら、ログイン画面が表示されます。

Microsoftアカウントをすでに持っている場合は、「サインインアドレス」の欄に入力して進みます。持っていなければ、「無料で登録」のボタンからアカウントを作成し、ログインを行います。

「Teams」にログインすると上記の画面が表示され、左側に「チャット」「チーム」「通話」などのメニューが並んでいます。

「Teams」にログインすると上記の画面が表示され、左側に「チャット」「チーム」「通話」などのメニューが並んでいます。

Teams(Microsoft Teams)で、WEB会議を始めるには?

映像と音声を使ったWEB会議を行うためには、カメラやマイクの準備が必要です。ノートパソコンなどでは、カメラやマイクが内蔵されていることも多いですが、内蔵されていないデスクトップパソコンなどを使う場合には、下記の3つを用意しましょう。

  • ・ウェブカメラ
  • ・マイク
  • ・イヤホン/スピーカー

ウェブカメラは、2,000円前後の比較的安価なものも多く販売されています。また、ノートパソコンなどに内蔵されているマイクでは、環境によっては周囲の音を拾ってしまうなどの理由で、音質が悪くなってしまう場合があります。そうした場合は、ヘッドセットやマイク付きイヤホンの利用がオススメです。

WEB会議に必要な機器がそろったら、「Teams」でWEB会議を開始してみましょう。

WEB会議に必要な機器がそろったら、「Teams」でWEB会議を開始してみましょう。

※「Teams」内のデモンストレーション映像より

「Teams」には、ビジネスチャットの機能があり、1対1のチャットやチームメイトとのグループチャットができます。チャット画面の右上に、通話マークとビデオマークが表示されるため、このビデオマークをクリックすることで、そのグループでのWEB会議をスタートすることができます。

Teams(Microsoft Teams)を、スマートフォンから使うには?

「Teams」はパソコン以外に、タブレットやスマートフォンでも利用することができます。iOS(iPhoneやiPad)とAndroidの両方に対応しています。

外出先など、パソコンを利用するのが難しい環境でも、スマートフォンを使ってチャットやWEB会議に参加することができます。スマートフォンにもアプリをダウンロードし、アカウントを連携しておくと良いでしょう。

iOSであれば「App Store」から、Androidであれば「Google Play」から、アプリをダウンロードすることができます。

iOSであれば「App Store」から、Androidであれば「Google Play」から、アプリをダウンロードすることができます。

アプリを起動すると、以下の画面が表示されます。新たにアカウントを作成する場合は、「無料でサインアップ」からアカウント作成画面に進みます。

新たにアカウントを作成する場合は、「無料でサインアップ」からアカウント作成画面に進みます。

すでに作成したアカウントでログインしたい場合は「サインイン」をタップします。パソコンとスマートフォンを連携して利用したい場合は、作成済みのアカウントと同じものでログインしましょう。

ログインすると、アプリ下部にパソコンで表示されていたのと同じ、「チャット」「チーム」「通話」などのメニューが表示されます。パソコンと同じアカウントでログインしていれば、アカウントを連携した状態で使用することが可能です。

ログインすると、アプリ下部にパソコンで表示されていたのと同じ、「チャット」「チーム」「通話」などのメニューが表示されます。

Teams(Microsoft Teams)の便利な機能

「Teams」では、ビジネスチャットやWEB会議が行えるだけでなく、その他にもチームでの仕事を進める上で便利な機能が多数あります。

例えば、ファイル共有やファイル共同編集。「Teams」内で資料のやり取りができるため、メールで共有する必要がなくなります。また、プロジェクト管理機能では、チーム内でのスケジュール共有やタスクの進捗確認ができます。

その他にも、社内の情報をまとめておくのに便利なWiki作成機能や、社外のパートナーとのコミュニケーションを可能にする外部ユーザー招待機能などがあります。

まとめ

ビジネスチャットやWEB会議など、社内で活用できるコミュニケーションツール「Teams」の始め方についてご紹介しました。

昨今、ビジネスチャットやWEB会議に使われるツールがさまざま登場していますが、Microsoftが提供するサービスである「Teams」の大きな特長は、Officeソフトとシームレスな利用ができる点。すでに社内でOfficeソフトを使っている場合、特に「Office 365」の契約をしている場合などは、積極的に導入を検討したいツールと言えるでしょう。

また、「Teams」はMicrosoftが開発に注力しているツールの1つ。Microsoftは、「Skype for Business」のサポートを2021年7月31日に終了するとしており、その移行先としても「Teams」が推奨されています。


投稿日:

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング

もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら