Amazon登録の情報で簡単注文! Amazon Pay対応しました

365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

パソコン設定でブルーライトカット!身体にやさしくパソコンを楽しもう

パソコン使用時の疲れは肩こりや目の疲れなどが主な物ですがこれらの原因の一つとして注目されているのが「ブルーライト」です。ここではブルーライトを低減する方法を解説します。

「ブルーライト」とは?

そもそも「ブルーライト」とはなんでしょうか。これはパソコンやスマートフォンなどのディスプレイから放射される光の一種です。一般的なディスプレイはバックライトと呼ばれるLEDなどの光源を使って液晶パネルを光らせてその視認性を上げています。ユーザーの目には液晶パネルを透過したバックライトの光が見えていることになります。この光に含まれる青色成分が「ブルーライト」です。

ディスプレイから出る光は様々な色がありますがブルーライトは文字通り青色を含んだ光のことです。可視光(目に見える光)の中で最もエネルギーが強く、網膜に負担をかけ、睡眠にも悪影響があると言われています。

「ブルーライト」は本当に危険なのか?

人間の体に悪影響を与える光として注目され始めた「ブルーライト」ですが、その影響について実は未だ研究段階にあり、医学的な根拠は示されていません。網膜細胞を破壊するなどとも言われていますがその証明はされていないのです。そもそもブルーライトは太陽光にも含まれる一般的な光であり特別なものではありません。

とはいえ、そこまで重大な影響ではないものの、ブルーライトを含むディスプレイの光が目の疲れを誘発したり睡眠に悪影響を与えること自体はあり得るようです。

「ブルーライト」をカットするには

ブルーライトをカットするにはさまざまな方法があります。ブルーライトカットを謳ったメガネを購入することでブルーライトを低減することができますが、これは購入したメガネによって効果はまちまちです。

そこでまずは無料でできる方法を試してはいかがでしょうか。それはパソコンのディスプレイの輝度を下げることです。画面全体は暗くなりますがこれによりブルーライトの放射を大幅に低減でき、ブルーライトカットメガネを使用するよりも確実です。

オフィスでパソコンを使っている場合など、輝度を下げても問題が無い業務を行っている場合には有効な方法です。この方法はブルーライトが知られる以前から疲れ目を軽減する方法として使っていた人もいるのではないでしょうか。

さらにこだわるのならディスプレイの色温度や、青色の発色設定そのものを個別に下げることも有効ですがこれらの設定をした場合には画面の色もかなり変わってしまいますので注意が必要です。

スマートフォンなどの中にはブルーライトカット機能を内蔵しているものもあり、その機能を使えばブルーライトの発光を抑えてくれます。ただし上記の青色の発色設定を変えた場合と同様、画面の見た目は変わってしまいます。もちろんスマートフォンでも輝度を下げる設定は有効です。

実のところブルーライトが問題であるというより「明るすぎる液晶ディスプレイ」が問題の根底にあるともいえます。たしかに明るいディスプレイの画面表示は美しく見栄えがするのですが、何時間も連続して常用する場合には明るさを抑えたほうが目の疲れは軽減されます。

文字を中心とした作業をする場合は輝度を下げ、写真や動画の鑑賞をする時には輝度を上げるなどして用途によって使い分けてみると良いかもしれません。


このようにブルーライトだけが一概に悪いとは言い切れない面もありますがブルーライトを含む光が疲れ目などを誘発する原因である可能性も否定できません。無料でブルーライトを低減する方法もありますのでパソコンを使っていて「目が疲れてきたな」と感じたらぜひ試してみてください。

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • (+税)
    高性能6コア12スレッドCPU搭載! 処理速度が格段に優れたモデル

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    ドスパラ最安デスクトップPC
  • (+税)
    GTX1050搭載!3Dゲームも楽しめるモデル

スリムパソコン人気ランキング

  • (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適な人気No.1スリムPC
  • (+税)
    軽作業にぴったりの場所をとらないスリムPC
  • (+税)
    お手頃価格の人気PCに省スペースモデル新登場!
  • (+税)
    普段使いに最適。お手頃価格の人気ミニタワーPC
  • (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
※掲載ランキングは の情報です。

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

1位

ドスパラ史上最軽量15.6型ノート


(+税)~

スペック詳細を見る

2位

動画処理もライトゲームもこなすGeForce MX150搭載スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

1位

最新CPU採用で処理速度アップ! 高性能&大画面スリム


(+税)~

スペック詳細を見る

4位

ドスパラ史上最軽量 15.6型 高性能スリムノート

(+税)~

スペック詳細を見る

5位

ストレージ倍増の最新モデル

(+税)~

スペック詳細を見る

4~5位を見る

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。