365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

遅くなったパソコンを高速化する方法

パソコンは長年使用していると、速度が遅くなっていくものです。それは、不要なファイルがパソコン内部のHDDに溜まったり、経年劣化だったりさまざまな要因が考えられます。遅くなったパソコンのパフォーマンスを向上させるには、買い替えなどの方法もありますが、設定などを見直すことでも高速化させることは可能です。知っておきたいパソコンの速度を回復させる方法を5つ紹介します。

Windowsの設定を変更する

パソコンの設定は、パフォーマンスを引き出すのに適した設定になっているでしょうか。
まず見直したいのがパソコン自体の設定です。

Windowsの場合、コントロールパネルからさまざまな設定の変更を行うことができます。
特に注意してチェックしたいのが、システムのパフォーマンスの設定。

Windows 10の場合、コントロールパネルから、「システム」、そしてシステムの詳細からパフォーマンスを選択します。
視覚効果の部分では、個別に設定が可能なので不要な部分はチェックを外しましょう。

視覚効果を削減することによって、パフォーマンスが高速化することに繋がります。

クリーン・デフラグを行う

パソコンを使用し続けていると、一時ファイルやログファイル、断片化したファイルなど不要なファイルが溜まってしまいます。

不要なファイルが増えてしまうと、HDDの容量を圧迫し、処理速度が落ちてしまう原因に。定期的にクリーンやデフラグを行うことが大切です。

Windows 10の場合、コントロールパネルの管理ツールに入り、それぞれ「ディスククリーンアップ」、「ドライブのデフラブと最適化」から行います。

クリーンアップは頻繁に行っても問題ありません。
しかし、デフラグはファイルを整理して高速化が見込める半面、HDDに負担がかかり寿命が縮む恐れがありますから、分析して必要があるときに行いましょう。

使っていないソフトを停止する

開いていないソフトでも、バックグラウンドで立ち上がってしまっており、パソコンの容量を圧迫してしまっているというケースもあります。

Windows 10の場合、まずスタートのプログラムの中の「スタートアップ」から、不要なプログラムがないか確認してみましょう。
スタートアップのプログラムが多い場合、その不要なプログラムの立ち上がりがパフォーマンスの高速化を妨げる原因になります。

さらに高度な設定では、タスクマネージャーを開き、スタートアップタブから不要なプログラムのチェックを外していきます。

中にはウイルスソフトなど起動する必要のあるものもあるので、調べたうえで対応することをおすすめします。

セキュリティソフトを見直す

セキュリティソフトのアップデートは正常に行われているでしょうか。
ウイルスやマルウェアが入り込むとパソコンが遅くなってしまうことがあります。

パソコンのパフォーマンスの低下を防ぐためにも、定期的にアップデートを確認して、常に最新の状態にしておくことがパフォーマンスの高速化につながります。
さらに、セキュリティソフトのスキャンはメモリやHDDの容量を大きく必要とします。

たまにパソコンが遅くなるのであれば、ウイルススキャンが原因かもしれません。
セキュリティソフトの設定から、普段使用しない時間にスキャンを行うように設定の見直しを行いましょう。

パソコンのメモリを増設する

ソフト面で特に問題が見られない場合は、ハード面での機能が十分でない可能性があります。
特に確認しておきたいのがメモリ。メモリの容量が少ないとパソコンがパフォーマンスを充分に発揮できないからです。

メモリの使用率はタスクマネージャーから確認することができます。
タスクマネージャーで使用率が60%を超えるようであれば要注意。メモリを増設することが望ましいでしょう。

メモリの増設は、ノートパソコンでも対応している機種が多く、増設の仕方や規格が説明書に記載されていることが多いので、初心者でもやりやすいという点も魅力です。


パソコンはわざわざ買い替えなくても、スペックを向上させたり、設定を見直したりすることによって、パフォーマンスの向上を図ることができます。どうしてもパソコンの速度が改善されない場合は、まずは設定の見直しから行ってみましょう。設定を変更するという簡単な作業だけでも、だいぶ速度が回復することがあります。

投稿日:


タワーパソコン人気ランキング

Monarch GE

Core i7搭載
ハイスペックタワーPC

Windows 10 Home

Core i7-7700
インテル HD630
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Monarch XH

ゲームや動画編集も快適
バランスに優れる人気モデル

Windows 10 Home

Core i7-7700
GeForce GTX1050 Ti
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Monarch-X ZK

高冷却&高拡張ケース採用 Intel最新 第8世代CPU搭載タワーPC

Windows 10 Home

Core i7-8700K
インテル UHD630
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

ミニタワーパソコン人気ランキング

Magnate IM

ドスパラ人気No.1
スタンダードデスクトップPC

Windows 10 Home

Core i5-7400
インテル HD630
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Magnate MS

動画編集や3Dゲームも快適な
オールラウンドPC

Windows 10 Home

Core i5-7500
GeForce GTX1050
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Magnate ZK

複数のアプリを起動しても動作軽快Intel最新 6コアCPU搭載の実力機

Windows 10 Home

Core i7-8700K
インテル UHD630
8GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

スリムパソコン人気ランキング

Slim Magnate IE

オフィス作業や普段使いに最適な
人気No.1スリムPC

Windows 10 Home

Core i3-7100
インテル HD630
4GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Slim Magnate IM

高い基本性能を持った
スタンダードスリムPC

Windows 10 Home

Core i5-7400
インテル HD630
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Slim Regulus AM

動画再生に優れた
AMD APU搭載ミニタワーPC

Windows 10 Home

AMD A4-7300
AMD Radeon HD8470D
4GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

ミニパソコン(PC)人気ランキング

mini Magnate IM

デスクスペースを有効活用
定番PCの超小型モデル

Windows 10 Home

Core i5-7500
インテル HD630
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

mini Magnate IE

性能と省スペースを両立
新規格Mini-STX採用パソコン

Windows 10 Home

Core i3-7100
インテル HD630
4GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Mini NUC K5

超コンパクトPCのスタンダードモデル
画像や動画の編集もOK

Windows 10 Home

Core i5-7260U
インテル Iris Plus 640
8GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

ノートパソコン人気ランキング

ノートパソコン人気ランキング

Altair VH-AD3L

約7.9時間の長時間バッテリー搭載
ストレージ倍増の最新モデル

Windows 10 Home

Celeron N3450
インテル HD500
4GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

Altair F-13

持ち運びにも便利
13.3型液晶搭載モバイルノート

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Critea VF-AGK

見やすく操作しやすい大画面ノート
17.3型フルHD液晶搭載。

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。