GeForce GTX 1060の概要・特徴

2016年7月7日に発表されたGeForce GTX1060に焦点を当てていきます。
GeForce GTX1080はこちら
まずは、概要のおさらいからいきましょう。

GeForce GTX 1060の概要・特徴

新世代のGPUコア「Pascal」を搭載するGeForce 10シリーズのグラフィックカードでミドルレンジをターゲットとした製品です。

GPC 2基×内部にSM 5基で計10基のSMで構成され、性能はGTX 980と同程度で、Kepler世代のGTX TITAN Blackを超えるとされます。

VR環境のエントリーモデルでもあり、よほどのハイエンドを要求されない限りこれを買っておけば問題はないでしょう。

◯前世代GeForce GTX960からの変更点

  • 28nmプロセスから16nmプロセスとなり前世代よりさらに微細化
  • プロセスが微細化されることで動作クロックの向上と省電力性能も向上
  • DirectX12対応によるVRや4Kといった高フレームレートを要求される環境への最適化
  • VRAMに3GBモデルと6GBモデルがある
    ※高解像度環境が主流になりつつある現状ではVRAMはあればあるほど良い。
    コスト面等の理由がとくにないのであれば6GBモデルで間違いはない。

性能比較表

製品名 GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1070 GeForce GTX 1080
MXM
コア名 GP106 GP104  GP104
製造プロセス  (16nm) (16nm)  (16nm)
コアクロック [Boost] 1404MHz [1670MHz] 1442MHz [1645MHz] 1556MHz [1733MHz]
メモリクロック (バス幅) GDDR5 8000MHz (192bit) GDDR5 8000MHz (256bit) GDDR5X 10GHz (256bit)
メモリ容量 6GB/3GB 8GB 8GB
メモリ帯域 192GB/s 256GB/s 320GB/s
CUDAコア数 1280/1152 2048 2560
SLI - 2-way 2-way
TDP 120W 150W 180W
DirectX 12 12 12
OpenGL 4.6 4.6 4.6
補助電源 6ピン 8ピン 8ピン

ベンチマークテスト

今回はFFXVベンチマークで比較してみましょう。

▼検査環境
CPU:Core i7 8700K
MEM:Hynix 8GB PC4 2133 *2
M/B:ASUS ROG MAXIMUS X HERO (WI-FI AC)(Z370 1151 ATX)
PSU:AcBel PCA015(700W,80+B,w/JP cord)
VGA:Palit NE51060S15J9-1060J
モニタ:BenQ 24 XL2411Z

◆1920*1080 高品質

GTX1060ではやや雲行きが怪しくなってきましたね。

◆3840*2160 高品質

う~ん、厳しい!今回あえて高負荷設定に絞ってはいますが、今後の最適化や次世代GPUには期待したいところです。


今回はここまでです。
4Kのモニタが手に入れば実測のデータも手に入りそうなのですが、それはまた別の機会に。
今後は、GPGPUを活用した検査にも手を出していければと思います。

GeForce GTX1080の概要・特徴・ベンチマークはこちら

Reported by VGA検査担当K

投稿日:

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。