ドスパラは365日最短翌日出荷!

M.2 SSDとは何かを分かりやすく徹底解説!

SSDのパソコンへの接続インターフェースは様々な種類があります。その中でも最近採用が増えているのがM.2と呼ばれるインターフェース規格です。
呼び方は「エムドットツー」。この記事では、SSDというデータを読み書きできる記憶装置の接続方式規格のひとつ、「M.2」についてご紹介します。

M.2 SSDとは

従来のハードディスク(HDD)にかわる記憶媒体として急速に利用が拡大しているのがSSDです。

SSDは、パソコンに接続するインターフェースとしてさまざまなものに対応していますが、その中で最近使われ始めているのがM.2と呼ばれるものです。M.2はIntel 9シリーズ以降のマザーボードで採用が始まった機器接続のための新しい規格であり、Serial ATAやPCI Expressなどさまざまなものに対応しています。

M.2 SSDは、マザーボード上のスロットに直接差し込む基盤の形をしており、基盤の種類によって3種類の長さのものに分けられます。

基盤のタイプ M.2 type2280 M.2 type2260 M.2 type2242
サイズ(mm) 22 × 80 22 × 60 22 × 42

ちなみに、従来のSSDを含めてSSDの接続コネクタは以下の3タイプに分かれています。

  • マザーボードのコネクタに直接差し込む
  • SATAケーブルを利用
  • PCI-Expressボードタイプ *あまり無い

M.2とは?

M.2とは、コンピュータに内蔵される拡張カードにおいて接続端子となる規格のことです。
呼び方はエムドットツー。SSDというデータを読み書きできる記憶装置の接続方式のひとつでもあります。

M.2はIntel 9シリーズ以降のマザーボードに採用された新しい規格で、機能性や柔軟性に優れています。
接続にはスロット形状を採用しており、板がむき出しになったような基板が一般的です。
タブレットやウルトラブックなどの普及に合わせて、ストレージ用の面積を小型化することを目的に開発されました。

マザーボードと拡張カードを接続するM.2は、従来あるさまざまなインターフェース規格に対応。
中でも多いのが、マザーボードとストレージを接続するSerial ATAと、拡張スロットの利用に使われるPCI Expressです。
また従来のコネクターとの互換性はないものの、データ転送の技術は互換性を持っています。

要するにM.2はコネクターなど物理的な部分に関しては新しく、データ転送に関しては従来の技術を取り入れたものなのです。

mSATAと比較して分かるM.2の優位性

M.2を語るうえで欠かせないもの、それはmSATAです。
なぜなら、mSATAを引き継ぐ製品としてM.2が開発されたからです。
新規格のM.2に対し、旧規格のmSATAと覚えておいて間違いはないでしょう。

mSATAはコンパクトな形状を活かし、多くのノートパソコンに搭載されました。
ノートパソコンが年々薄型になっていたのにも、このmSATAが大きく貢献しています。
その影響は薄型化や軽量化だけにとどまらず、バッテリー面積を広げるなどにも一役買いました。
どちらも接続ケーブルが不要で、直接スロットに差し込みます。
では両者の違いはどこにあるのでしょうか。

まず違うところは、データの転送方式です。
mSATAがSerial ATA 3.0に対し、M.2は接続する機器に応じたデータ転送方式が可能。
複数の信号が結線されているため、転送方式を自動的に切り替える機能が搭載されています。
転送速度にも顕著な違いがあります。
mSATAの転送速度は6Gbpsですが、M.2は10Gbps~32Gbpsです。

形状にも違いが現れています。
mSATAは小型のカードのような形状をしているのに対し、M.2は細長いスティック型。スロット部分はmSATAが約30mm幅ですがM.2は幅約22mmと、M.2の方がより小さくコンパクトに作られています。
またM.2は二つのタイプのインターフェースがあり、高速のPCI-E接続と低速のSATA接続の両方に対応。しかし、mSATAはこういった機能はありません。

これらを総合すると、mSATAで実現できなかった性能や壁を突破した新しい規格がM.2であると言えます。
特にmSATAよりも転送速度を大幅に向上させたことは大きいでしょう。

M.2の汎用性

高速のデータ転送を可能にしたM.2は、高性能なスペックを追求する人向けの製品です。
ストレージに連続してアクセスするような負荷のかかる動作を多く行う場合に適しています。
コンパクトな形状でドライブベイが不要なため、タブレットや小型ノートパソコンなどにも搭載できます。
高性能の製品を利用する際、発熱が気になるという人がいるかもしれません。
高速データ転送には大きな電力消費を要し、製品によってはその分、発熱が高くなります。
しっかりと冷却措置を行うようにしましょう。

NVMeとSATA接続との違い

現在のSSDには大きく分けて以下の2つの接続プロトコルがあります。

  • SATA
  • NVMe

言うまでもなくSATAは、従来から一般的に使われてきたもので「安価」「省電力」などのメリットがある反面、「速度が遅い」というデメリットがあります。

これに比べるとNVMeは「圧倒的に速い」といったメリットはあるものの、「高価」「発熱が多い」といったデメリットがあります。したがって、SSDを購入する場合は、目的に合わせて両者を選択することが大切です。

人気のM.2 SSDをご紹介

ここでは、どういったSSDがおすすめできるのか。具体的にメーカーと型番を紹介します。

Western Digital

Black SN750シリーズ

NVMe接続で競合ドライブの中でも優れたパフォーマンスを誇り、パワフルなゲームプレイを実現。容量は250GBから最大2TBまであります。

Crucial

MX500 シリーズ

Micron製品のブランド「Crucial」でDynamic Write Accelerationテクノロジー搭載。高速なフラッシュメモリからなる適応型プールを採用。

Samsung

SSD 970 EVO シリーズ

V-NAND(3D NAND)、Phoenixコントローラ、Intelligent TurboWriteテクノロジーを搭載でコンシューマーからゲーミングPCまで幅広く対応。

SanDisk

Extreme PRO

高負荷環境に最適化、NVMeプロトコルによる最大500,000のランダム読み取り IOPS1で究極のスループットを実現。

CFD

EG1VNE シリーズ

優秀なコントローラーとキャッシュで、エントリーモデルでも高いスピードを発揮。

Corsair

Force Series Gen.4 PCIe MP600

Gen4 PCIe 技術を用いて、 4,950MB/s にもなる明らかに高速な連続読み出し速度を達成しています。コントローラーのPhisonと東芝製3D NAND搭載。

Seagate

FireCuda 520

業界トップレベルのスピード、長時間の酷使に耐えられる耐久性、低レイテンシー、優れたゲーム体験を実現するゲーミングSSDならさらに先のゴールを目指せます。

GIGABYTE

AORUS

全面銅製ヒートシンクは、デバイスの前面と背面の両主要コンポーネント、コントローラ、および NAND フラッシュからの熱伝達を考慮に入れています。 全面銅製ヒートシンクは、アルミ製ヒートシンクと比較して69%高い熱伝達能力を持ち、AORUS NVMe Gen 4 SSD は最高の放熱性を発揮します。


これまでになかった速度を実感できるM.2は、パソコン上級者向けの製品と言えます。データ転送速度で悩んでいた人にとっては、画期的な打開策になるかもしれません。しかしマザーボードによって対応できるコネクターに違いがあるので注意が必要です。導入を検討している方は製品の情報をよく調べてください。

おすすめSSD M.2一覧おすすめSSD M.2一覧

更新日:
投稿日:

こちらの記事は「パソコン専門店ドスパラ」が作成いたしました。

パソコン専門店
ドスパラとは?

パソコン専門店「ドスパラ」ではキャッシュレス決済でご購入いただけます。

キャッシュレス

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら