365日、毎日出荷!!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ATX マザーボード規格について e-atx(extended atx)、miniatx、xl-atxなど、各マザーボードサイズ等をご紹介

パソコンの頭脳とも言える複雑な電子回路基板、マザーボード。
マザーボードにはいくつかの種類があり、その違いは大きさにあります。
既製パソコンを使用する人はあまり意識することはないと思いますが、自分でパソコンを作る人にとってマザーボードの規格は必ず知っておきたい情報のひとつです。
中でも最も流通している規格、ATXについてご紹介しましょう。

ATX マザーボード規格とは

ATX マザーボード規格とは

ATXとは、パソコンの構造規格のひとつです。
Advanced Technology eXtendedの頭文字を取ってATXと言われています。
マザーボードの統一規格として、インテル社が1995年に策定・発表しました。
コンピューターの部品には、フォームファクタと呼ばれる構造規格が存在します。
標準化したフォームファクタを設けることで、部品交換を可能にしているのです。
このフォームファクタの中でも特に重要で昔から使われてきたのが、マザーボードの形状規格。
そしてマザーボードで主流のフォームファクタとされているのがATXです。
パソコンの本体部分であるPCケースには、規格に合わせたマザーボードを採用します。

ATXは縦のサイズが最大244mm、横が最大305mmです。
主にフルタワーやミドルタワーなど大型PCに採用され、中堅モデルであるミドルレンジから高性能のハイエンドモデルにも対応。
ゲーミングPCユーザーなどからの支持率が高く、ATXはマザーボードの標準的な存在と言えます。
拡張スロットは最大7基で、メモリスロットは4~8と高い拡張性が魅力です。
大型のグラフィックボードが搭載可能で、SATA端子も多く搭載し、高負荷に対応するCPU電源回路のような機能も搭載され、面積が大きい事によって色々な良い点があります。

ATXマザーボード一覧ATXマザーボード一覧

Micro-ATXマザーボード規格とは

Micro-ATXマザーボード規格とは

Micro-ATXとMini-ITXもATXと同様に人気が高く流通が多いフォームファクタです。

まずはMicro-ATXから見ていきましょう。
Micro-ATXはATXよりも一回り小さい、最大244mm×244mm。長方形のATXを正方形にしたサイズと考えると分かりやすいかもしれません。
比較的小型のPC用マザーボードとして、省スペースデスクトップやミニタワーなどでよく利用されます。
自作パソコンとしては、コストパフォーマンスに優れた製品が多く、主にミドルレンジ向けと言えるでしょう。また、はじめて自作に挑戦する際にも適していると言えます。
拡張スロットは最大4基までとなり、メモリスロットは2~4となり、ATXのマザーボードと比較すると約半分くらいの拡張性となります。
ケースサイズとの兼ね合いとなりますが、マザーボードのサイズはATXよりも省スペースながら、大型のグラフィックボードも搭載可能となっています。

Micro-ATXマザーボード一覧Micro-ATXマザーボード一覧

Mini-ITXマザーボード規格とは

Mini-ITXマザーボード規格とは

続いて、170mm×170mmサイズのMini-ITX。
主流とされている三大規格の中では最も小さい規格です。
台湾の会社が開発したフォームファクタであり、シリーズにはさらに小さいNano-ITXやPico-ITXもあります。
Mini-ITXは組み込みシステムで使用される前提で設計されました。
そのため拡張スロットは1基と拡張性は低く、超小型パソコン向けとなっています。
最近ではMini-ITXサイズのマザーボードを販売する会社も増え、パーツ性能の上昇もあり、高性能のBTOパソコンや自作パソコンが作成可能となっています。
そのため、低コストのサブマシンとしてだけではなく、超小型のゲーム機の作成など、さまざまな用途で注目されています。

Mini-ITXマザーボード一覧Mini-ITXマザーボード一覧

また、大手メーカー製のパソコンはATXなどのこれら主流のマザーボードをベースに独自のマザーボードを開発していることが多い傾向があります。

Intel(インテル)CPU用マザーボードとAMD CPU用マザーボードの対応について

CPUの交換にはマザーボードに搭載されているチップセットとソケットの対応が必要です。
チップセットはCPUを設計製造している会社であるIntelやAMDがセットで製造しています。
ソケットはCPUとマザーボードを接続する形状(ピン数)をさしており、ほぼチップセットによって決まります。
一部の特殊なマザーボードを除きチップセットとソケットは同じ組み合わせとなります。
そのため、交換するパソコンのチップセット(ソケット)から対応CPUを探すことが可能です。

以下に対応するCPUソケットと対応マザーボードのリンクを表にしました。
是非ご確認ください。

intel用マザーボード

ソケット

主な対応CPU
タワー対応 ミニタワー対応 スリム対応
LGA 2066
(Cascade Lake)
Core i9 10920Xなど
ATX    
LGA 1200
(Rocket Lake)
Core i7 11700Kなど
ATX MicroATX Mini-ITX
LGA 1200
(Comet Lake)
Core i7-10700Kなど
ATX MicroATX Mini-ITX
LGA 1151
(Coffee Lake)
Core i7-9700など
ATX MicroATX  
LGA 1151
(Kaby Lake/Skylake)
Core i7-7700,6700など
  MicroATX  
LGA 1150
(Broadwell/Haswell)
Core i7-5775C,4770など
  MicroATX  
AMD用マザーボード

ソケット

主な対応CPU
タワー対応 ミニタワー対応 スリム対応
Socket AM4
(Ryzen)
ATX MicroATX Mini-ITX

マザーボードのソケットに対応するIntel(インテル)CPU、AMD CPUの紹介

各マザーボードのCPUソケットに対応するIntel(インテル)CPU、AMD CPUの一覧ページへのリンクの一部を紹介しておきます。
マザーボードとCPUのセットでの購入や交換を検討してみるのも良いでしょう。

「Flex-ATX」「Extended-ATX」「XL-ATX」などのマザーボード規格とは

マイナー規格とされる、その他のフォームファクタもあります。
Flex-ATXは、Micro-ATXをより小さくした規格です。
基板サイズは244mm×191mmで、キューブ型・ブックシェルフ型の省スペースパソコン用として使われます。
FlexATX採用の製品はメーカーを中心に出荷されているものの、ケースのスリム化が優先され仕様の共通化が進んでいるとは言えません。
省スペースが必須の環境では便利ですが、拡張性は低いでしょう。

逆にATXを大型化した規格もあります。
Extended-ATXは基板サイズが305mm×330mmと大きめで、メモリの容量も大きくスロットにも余裕があります。
一般のパソコン向けというよりはゲーマー向けやワークステーション向けとして使われ、装着部品が多いマルチプロセッササーバーにも用いられています。

XL-ATXのサイズは325mm×244mmで、ATXを横に引き伸ばしたような規格です。
XL-ATX対応マザーボードには、PCI Express x16の拡張スロット7基を備え、最大で4WayのSLI/CrossFireXに対応するモデルもあり、強力なマルチGPUに対応できるような構成になっています。

マザーボード規格のサイズ(大きさ)比較

今までの内容を元に各マザーボードの規格サイズ(大きさ)の比較を表にまとめました。

  サイズ(大きさ)
ATXマザーボード 244mm×305mm
Micro-ATXマザーボード 244mm×244mm
Mini-ITXマザーボード 170mm×170mm
Flex-ATXマザーボード 244mm×191mm
Extended-ATXマザーボード 305mm×330mm
XL-ATXマザーボード 325mm×244mm

マザーボードのサイズに合わせたPCケース

新規でパソコンを自作するならマザーボードのサイズに合ったケース選びも重要となります。
ATX マザーボード、Micro-ATXマザーボード、Mini-ITXマザーボードそれぞれの規格ごとにPCケースがあります。

ATXマザーボード用のPCケースは3種の規格では一番大きく、ケーブルの取り回しや各種パーツの拡張時の作業はしやすくなります。
Micro-ATXマザーボードが次に大きく、Mini-ITXマザーボード用は3種の規格では最小のPCケースになります。
一般的には小さいケースほど組み立てやメンテナンスの難易度が上がりますが、設置面積などは少なくなります。

マザーボードとCPUの組み合わせに迷ったら

マザーボードとCPU選びに迷ったら「パソコン専門店ドスパラ」の「ドスパラ厳選おすすめセット」をご検討ください。
マザーボードとCPUの組み合わせで迷ったり、失敗したりすることが無いのでおすすめです。
単品ずつで購入するよりお得な面でも魅力です。

マザーボードおすすめセットマザーボードおすすめセット

まとめ

マザーボードはそれぞれの規格によって、サイズや対応できるCPUなどが決まっています。
一般的な自作PCなどの場合の主流は「ATX」「Micro-ATX」「Mini-ITX」となります。

PCケースのサイズとの兼ね合いにもなりますが、使いたいCPUやグラフィックボードの構成も総合的に考慮しつつ、良く検討し選択すると良いでしょう。

更新日:
投稿日:

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。