365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ATXの規格について知っておくべき基礎知識

パソコンの頭脳とも言える複雑な電子回路基板、マザーボード。
マザーボードにはいくつかの種類があり、その違いは大きさにあります。
既製パソコンを使用する人はあまり意識することはないと思いますが、自分でパソコンを作る人にとってマザーボードの規格は必ず知っておきたい情報のひとつです。
中でも最も流通している規格、ATXについてご紹介しましょう。

ATXとは

ATXとは、パソコンの構造規格のひとつです。
Advanced Technology eXtendedの頭文字を取ってATXと言われています。
マザーボードの統一規格として、インテル社が1995年に策定・発表しました。
コンピューターの部品には、フォームファクタと呼ばれる構造規格が存在します。
標準化したフォームファクタを設けることで、部品交換を可能にしているのです。
このフォームファクタの中でも特に重要で昔から使われてきたのが、マザーボードの形状規格。
そしてマザーボードで主流のフォームファクタとされているのがATXです。
パソコンの本体部分であるPCケースには、規格に合わせたマザーボードを採用します。

ATXは縦のサイズが最大244mm、横が最大305mmです。
主にフルタワーやミドルタワーなど大型PCに採用され、中堅モデルであるミドルレンジから高性能のハイエンドモデルにも対応。
現在支持率が最も高く、ATXはマザーボードのスタンダード的存在です。
拡張スロットは最大7基で、メモリースロット4~8と拡張性があります。
大型グラフィックカードも余裕で搭載でき、高負荷に対応するCPU電源回路といったような機能も多く追加できるなど面積が大きいことも利点。SATA端子も多く搭載しています。

Micro-ATXやMini-ITXとの比較

自作パソコンのマザーボードに使われる主流の規格としてご紹介しましたが、Micro-ATXとMini-ITXもATXの次に流通が多いフォームファクタです。

まずはMicro-ATXから見ていきましょう。
Micro-ATXはATXよりも一回り小さい、最大244mm×244mm。長方形のATXを正方形にしたサイズと考えると分かりやすいかもしれません。
比較的小型のPC用マザーボードとして、省スペースデスクトップやミニタワーなどでよく利用されます。
自作パソコンとしては、初心者向きのローエンド設計からミドルレンジ用に適しています。
拡張スロットは最大4基まで、メモリースロットは2~4とATXと比較すると約半分の容量といったところ。
しかしATXよりも省スペースながら、大型グラフィックカードは搭載可能です。

続いて、170mm×170mmサイズのMini-ITX。
主流とされている三大規格の中では最も小さい規格です。
台湾の会社が開発したフォームファクタであり、シリーズにはさらに小さいNano-ITXやPico-ITXもあります。
Mini-ITXは組み込みシステムで使用される前提で設計されました。
そのため拡張スロットは1基と拡張性は低く、超小型パソコン向けとなっています。
最近ではMini-ITXサイズのマザーボードを販売する会社も増え、パーツの性能も上がっていることもあり、高性能の自作機器が作れるようになりました。
そのため低コストのサブマシンとしてだけでなく、超小型のゲーム機も作れるなどその用途が着目されています。

ちなみに、メーカー製のパソコンはATXなどこれら主流のマザーボードをベースに独自開発している場合が多いです。

その他マザーボード(Flex-ATX、Extended-ATX、XL-ATX)の種類について

マイナー規格とされる、その他のフォームファクタもあります。
Flex-ATXは、Micro-ATXをより小さくした規格です。
基板サイズは244mm×191mmで、キューブ型・ブックシェルフ型の省スペースパソコン用として使われます。
FlexATX採用の製品はメーカーを中心に出荷されているものの、ケースのスリム化が優先され仕様の共通化が進んでいるとは言えません。
省スペースが必須の環境では便利ですが、拡張性は低いでしょう。

逆にATXを大型化した規格もあります。
Extended-ATXは基板サイズが305mm×330mmと大きめで、メモリの容量も大きくスロットにも余裕があります。
一般のパソコン向けというよりはゲーマー向けやワークステーション向けとして使われ、装着部品が多いマルチプロセッササーバーにも用いられています。

XL-ATXのサイズは325mm×244mmで、ATXを横に引き伸ばしたような規格です。
XL-ATX対応マザーボードには、PCI Express x16の拡張スロット7基を備え、最大で4WayのSLI/CrossFireXに対応するモデルもあり、強力なマルチGPUに対応できるような構成になっています。


マザーボードはそれぞれのフォームファクタでサイズが決まっているので、使いたいものがどのような規格なのか事前に確認しましょう。主流はATX、Micro-ATX、Mini-ITXの3種です。

投稿日:

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。