365日、毎日出荷!!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

AMDとは?AMDの読み方は?などの基本からAMDの歴史、CPUやGPUなどAMDについてご紹介

AMDは半導体製造会社。かつてインテルのセカンドソースメーカーでしたが、独自の技術によってCPUやGPUで高いシェアを誇るようになりました。
この記事では、AMDの読み方は?の基礎的な部分からAMDのメーカー成り立ちからのあゆみ、AMD CPUの特長やGPUの歴史までをご紹介します。

AMDとは?AMDの読み方は?

AMDとは?AMDの読み方は?

AMDとは、Advanced Micro Devices(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)というアメリカ合衆国カリフォルニアに本社を置いている半導体製造会社のこと。
コンピュータの計算などの処理を行うCPUの他、グラフィックの処理を行うGPU、CPUとGPUを1つに統合したAPUなどの製造を行っています。

なお、AMDの製造しているCPUは世界トップのIntel(インテル)に次ぐシェア数を誇っており、単にAMDという場合、AMDのCPUを指すことも多いです。

AMDのメーカー成り立ちからのあゆみ

もともとAMDは、Intelのプロセッサなどを同じ仕様で供給するセカンドソースメーカーでした。
インテルとAMDがセカンドソースの契約を初めて結んだのは1975年のことです。
半導体メーカーではAMDやIntelに限らずセカンドソースの契約が行われることは珍しいことではありません。

しかし、AMDが独自に設計した演算用周辺チップであるAm9511/Am9512が登場したことで状況は変わります。
Am9511やAm9512の登場で、8bitCPUにおいてはAMDがスタンダードとなりました。
AMDの技術が知られるようになった第一段階です。

ただ、時代が流れていく中で、業績が上がってきたIntelはセカンドソースが不要になります。
実際1985年以降のセカンドソース契約を行わず、半導体業界では多くの企業が撤退することとなりました。

しかし、AMDは独自に開発を続け、1993年に互換性のあるマイクロチッププロセッサAm486、翌年にはAm5x86。
そして1999年には初めての商標登録に至ったAthlonが製造されます。
Athlonはほぼ独占状態にあった半導体市場に大きな痕跡を残しました。

さらにAMDの独自の開発は、ハイスペックなパソコン向けに作られたAMD FX、ATI Technologiesの買収により実現したAMD APUが誕生するに至ります。

AMD CPUの特長

CPUシェア率の高いIntelとAMDですが、実際のところCPUの性能に関してはそこまで大差がある訳ではありません。
若干の違いはありますが、同程度の性能のCPUを両社でそろえることができます。

そんな中でも、AMDのCPUの特長と言えるのが、コストパフォーマンスの良さ。
AMDのCPUは、Intelと比較するとリーズナブルで、BTOや自作でパソコンを用意しようと思ったときに便利です。

また、この他にもGPU内蔵のCPUを比較したときに違いが見られます。
AMDはIntelと比較すると演算処理の速さなどが劣りますが、その分内蔵されているGPUの性能が高くなっています。
グラフィックを重視するのであれば、AMDのCPUを選ぶという選択肢もあるでしょう。

AMD CPUの性能比較

AMD CPUをわかりやすく比較するためにグラフを作成しました。
パソコンの買い換えやスペックの向上をしたい方。
今使っているCPUと最新のCPUではどのくらい差があるのか比較したいという方。
AMD CPUの性能の目安などを調べる際にご利用ください。

各CPU搭載パソコンや、各CPUの購入は製品名をクリックしてください。
型番 コア数
(スレッド数)
定格クロック
(TDP)
性能目安
NEW
Ryzen Threadripper PRO 3995WX
64
(128)
2.70GHz
(280W)
9121
NEW
Ryzen Threadripper PRO 3975WX
32
(64)
3.50GHz
(280W)
6537
NEW
Ryzen Threadripper PRO 3955WX
16
(32)
3.90GHz
(280W)
4284
Ryzen9 5950X16
(32)
3.40GHz
(105W)
4858
Ryzen9 5900X12
(24)
3.70GHz
(105W)
4158
Ryzen7 5800X8
(16)
3.80GHz
(105W)
3011
Ryzen7 3700X8
(16)
3.60GHz
(65W)
2389
Ryzen5 5600X6
(12)
3.70GHz
(65W)
2337
Ryzen5 3600XT6
(12)
3.80GHz
(95W)
1984
Ryzen5 35006
(6)
3.60GHz
(65W)
1337
Athlon64 X2 3800+(基準)2
(2)
2.00GHz
(89W)
100

Ryzen Threadripper PRO 3995WX商品詳細はこちら

製品イメージ

プロフェッショナルワークステーション向けプロセッサー「AMD Ryzen Threadripper PRO」シリーズ。64コアCPU。最大クロック4.2GHz。メモリチャネル8チャネル、PCIe4.0最大128レーンサポート。

発売時期:2021年3月 発売当時の主な用途:高度演算処理・動画編集・3Dレンダリングなど

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
641282.70GHz280WL3:256MB
価格:

Ryzen Threadripper PRO 3975WX商品詳細はこちら

製品イメージ

プロフェッショナルワークステーション向けプロセッサー「AMD Ryzen Threadripper PRO」シリーズ。32コアCPU。最大クロック4.2GHz。メモリチャネル8チャネル、PCIe4.0最大128レーンサポート。

発売時期:2021年3月 発売当時の主な用途:高度演算処理・動画編集・3Dレンダリングなど

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
32643.50GHz280WL3:128MB
価格:

Ryzen Threadripper PRO 3955WX商品詳細はこちら

製品イメージ

プロフェッショナルワークステーション向けプロセッサー「AMD Ryzen Threadripper PRO」シリーズ。16コアCPU。最大クロック4.3GHz。メモリチャネル8チャネル、PCIe4.0最大128レーンサポート。

発売時期:2021年3月 発売当時の主な用途:高度演算処理・動画編集・3Dレンダリングなど

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
16323.90GHz280WL3:64MB
価格:

Ryzen9 5950X商品詳細はこちら

製品イメージ

Ryzen5000シリーズのRyzen9フラッグシップモデル。16コアCPU最大クロック4.9GHz。従来モデルからZEN3アーキテクチャになりシングルコア性能マルチコア性能ともにが大幅アップ。

発売時期:2020年11月 発売当時の主な用途:高負荷ゲーム・動画編集など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
16323.40GHz105WL3:64MB
価格:

Ryzen9 5900X商品詳細はこちら

製品イメージ

Ryzen5000シリーズのRyzen9モデル。12コアCPU最大クロック4.8GHz。従来モデルからZEN3アーキテクチャになりシングルコア性能マルチコア性能ともにが大幅アップ。

発売時期:2020年11月 発売当時の主な用途:高負荷ゲーム・動画編集など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
12243.70GHz105WL3:64MB
価格:

Ryzen7 5800X商品詳細はこちら

製品イメージ

Ryzen5000シリーズのRyzen7モデル。8コアCPU、最大クロック4.7GHz。従来モデルからZEN3アーキテクチャになりシングルコア性能マルチコア性能ともにが大幅アップ。

発売時期:2020年11月 発売当時の主な用途:高負荷ゲーム・動画編集など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
8163.80GHz105WL3:32MB
価格:

Ryzen7 3700X商品詳細はこちら

製品イメージ

ZEN2マイクロアーキテクチャを採用する第3世代Ryzenシリーズのオクタコア(8コア)CPU。型番末尾にXのついた、より高クロック動作が可能なハイエンドモデル。最新のX570チップセットとの組み合わせで、PCI-E Gen4や、DDR4-3200に対応。マルチコア性能、シングルコア性能ともに抜群の性能を発揮する。

発売時期:2019年7月 発売当時の主な用途:高負荷ゲーム・動画編集など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
8163.60GHz65WL3:32MB
価格:

Ryzen5 5600X商品詳細はこちら

製品イメージ

Ryzen5000シリーズのRyzen7モデル。6コアCPU、最大クロック4.6GHz。従来モデルからZEN3アーキテクチャになりシングルコア性能マルチコア性能ともにが大幅アップ。

発売時期:2020年11月 発売当時の主な用途:高負荷ゲーム・動画編集など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
6123.70GHz65WL3:32MB
価格:

Ryzen5 3600XT商品詳細はこちら

製品イメージ

第3世代Ryzenシリーズの6コアCPU。最大クロック4.5GHz。ゲーム用途などでは極めてコストパフォーマンスの高い製品。

発売時期:2020年7月 発売当時の主な用途:ゲーム・オフィス用途など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
6123.80GHz95WL3:32MB
価格:

Ryzen5 3500商品詳細はこちら

製品イメージ

第3世代Ryzenシリーズの6コアCPU。Ryzen 5シリーズとしては廉価版でSMTはオミットされ6コア6スレッドで動作。とはいえシングルスレッドでの性能は上位モデルと変わりなく、ゲーム用途などでは極めてコストパフォーマンスの高い製品。

発売時期:2020年2月 発売当時の主な用途:ゲーム・オフィス用途など

コア数スレッド数定格クロックTDPキャッシュ
663.60GHz65WL3:16MB
価格:

※数値はドスパラが独自に参考値として掲載したものです。

AMD(エーエムディー) CPU一覧AMD(エーエムディー) CPU一覧

AMDの歴代CPUを紹介

1997年にリリースされたK6を皮切りに、K6-2、K6-III。
コストパフォーマンスの良さ、従来のSocket7の資産が使える、K6-2以降でのマルチメデイア処理拡張命令「3DNow!」などが当時話題になりました。

そしてIntelに先駆けて1GHzの壁を突破したAthlonプロセッサーは、AMDの名前が一般に広く知られるきっかけになりました。
その後、Athlon 64やサーバー向けのOpteronがリリース。
AMD FXと続き、2017年には新アーキテクチャのRyzen(ライゼン)がリリースされました。

こういった流れを経て、AMDの知名度は急速に高まるとともに、各PC製品メーカーのへの採用が増えていったのです。

Ryzenってどう読むの?どんなCPU?

2017年3月から発売されているAMDの最新CPU「Ryzen」は「ライゼン」と読みます。

Ryzenは、新設計のZenアーキテクチャをベースとして、従来よりもコアあたりのパフォーマンスの向上を目標としたCPUとなっています。

IntelのCPUと比較すると、高いスレッド処理性能と消費電力の少なさ、Radeonアーキテクチャによる高性能な統合型GPUが強みです。

AMDのGPU、Radeonの歴史

AMDと言ったら、もう1つ代表的なものが、GPU、グラフィックカードです。
VGAと表現されることもあります。
特によく知られているのがRadeon(レイディオン)シリーズです。

Radeonは、同じくグラフィックカードでシェア率の高いNVIDIAのGeForceシリーズに対抗して作られたもの。
Rageというもともと製造されていたGPUの後継として誕生しました。
AMDでは、CPUへのGPU内蔵なども行っており、きれいなグラフィックがRadeonの特長です。

なお、RadeonシリーズはR100世代からはじまり、R300世代のRadeon 9700 Proにおいては、対抗しているGeForceよりも一歩進んだ状態となりました。

その後2015年にRx300シリーズ、RX Vegaシリーズ、IGPと、より高スペックなパソコンに対応した開発が行われています。

AMD CPU搭載ゲーミングPCの紹介

ドスパラではゲーミングPCとして「ガレリア」シリーズを展開しています。
今回紹介した、AMD CPUを搭載したラインナップもございますので是非ご覧ください。

まとめ

AMDについて、読み方から歴史、CPU、GPUまで紹介をしてきました。BTOパソコン、自作パソコン、CPUやGPUを選ぶ際に必ずと言っていいほど選択肢に出てくるのがAMDとなります。

AMDは企業の買収や独自の開発を行って来たため、「コストパフォーマンスが優れてい」るという点が人気の理由の一つです。CPUやGPUを選ぶ際に是非検討材料にしてみてください。

更新日:
投稿日:

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

GALLERIA × AMD スペシャルサイト

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。