365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

Windows 10の新機能「仮想デスクトップ」で複数画面を使い分ける!

Windows 10で新機能として登場した、「仮想デスクトップ」。
様々な用途に合わせ、デスクトップを切り替えることのできる機能です。
仮想デスクトップをうまく使えば、作業の効率化を図ることができます!
では、仮想デスクトップとは一体どのような機能なのでしょうか?
使い方や素早く使う方法などをご紹介します。

仮想デスクトップって一体どんな機能?

Windows 10以前のOSでは、デスクトップ画面はひとつのみでした。このデスクトップ画面を複数作れる機能を「仮想デスクトップ」といいます。

通常、Windowsを終了させた場合、開いていたウインドウは閉じられますが、Windows10の仮想デスクトップでは、開いたウインドウの状態が維持されます。この機能を利用して、仕事・プライベート・家族用と様々な用途に合わせて、複数の仮想デスクトップを使い分け、表示を切り替えることで、作業をより効率的に進めることが可能です。追加するデスクトップの数に上限はなく、用途に合わせた数だけ作成することができます。作成したデスクトップを切り替えて使うことで、それぞれのソフトを全画面表示で使用することができ、スムーズに作業を進めていくことが可能になりました。

仮想デスクトップの作成方法や使い方って?

仮想デスクトップがどのような機能かお分かりいただいたところで、作成方法や使い方もご紹介していきましょう。

以下の手順で、デスクトップ画面を追加できます。

  • パソコンを起動したときは、ひとつのデスクトップが表示されています。
  • 通常画面下に表示されているタスクバーから「タスクビュー」をクリック。
  • 現在使用している「ウィンドウの一覧」が開きます。
  • 「ウィンドウの一覧」が開いたことを確認したら、右端にある「新しいデスクトップ」をクリックしましょう。
  • 新たなデスクトップが作成されます。

画面を切り替えたい場合は、「タスクビュー」をクリックして「ウィンドウの一覧」を開き、「ウィンドウの一覧」から切り替えたい画面を選択すればOKです。

仮想デスクトップを使って、同時に作業を行うことがある方は、「別のデスクトップでそれぞれ作業していたけれど、同じデスクトップに移動させたい!」ということもあるでしょう。そんなときは、以下の方法を使えば開いているソフトを別のデスクトップへ移動させることができます。

  • 「タスクビュー」をクリック
  • 「ウィンドウの一覧」で開いているウィンドウを確認しましょう。
  • 移動させたいウィンドウを「ドラッグ&ドロップ」で移動させれば完了!

仮想デスクトップをもっとスピーディーに使う方法!

仮想デスクトップをもっと素早く使うためには、ショートカットキーを使いましょう!
ショートカットキーの使い方は以下です。

  • 新しくデスクトップを作る方法
  • 「Windows ロゴ」キー+「Ctrl」キー+「D」キー

  • 作成したデスクトップ画面を切り替える方法
  • 「Windows ロゴ」キー+「Ctrl」キー+「→」キーまたは「←」キー

  • 使用しない仮想デスクトップを閉じる方法
  • 「Windows ロゴ」キー+「Ctrl」キー+「F4」キー

ショートカットキーをうまく使えば、より効率的に仮想デスクトップを使って作業ができるようになります。


今までのWindowsにはなかった、「仮想デスクトップ」機能。難しい手順は一切なく、簡単に新たなデスクトップを作ることができます。仮想デスクトップを上手に使って、作業の効率化を図りませんか?今までの悩みの種だった、「いくつもソフトウェアを開いて、デスクトップがごちゃごちゃしている」という状況を打破できます!ショートカットキーもうまく使えば、より良い快適なパソコンライフを送ることができること間違いなしです。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。