365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

メカニカルキーボードの特徴と種類について 青軸に赤軸、茶軸とは?

さまざまなキーボードが販売されていますが、パソコンのキーボードは大きく分けて2つのタイプに分けることができます。
そのうちの1つがメカニカルキーボードです。
そんなメカニカルキーボードを選ぶ上で重要なのが、軸のタイプ。
メカニカルキーボードの仕組みと、軸の種類と特徴についてご紹介していきます。

独立タイプのメカニカルキーボードとは

メカニカルキーボードとは、1つ1つのスイッチが独立した構造を持ったキーボードのことです。
特殊なスイッチやバネが各スイッチに使用されており、同じようなスイッチでも異なる性能を持ったものがあります。

ただし、メカニカルキーボード導入の難点となるのが、通常のキーボードと比べて初期費用が多くかかってしまうということ。
しかし、独立したスイッチを持つために、もしトラブルが起きたとしても、問題のスイッチを交換するなどして長く使用することができます。
長期的な使用を考えると、初期費用だけでは比較できないメリットもあるキーボードです。

おすすめメカニカルキーボード一覧おすすめメカニカルキーボード一覧

バネや軸によって構成されるメカニカルキーボードの仕組み

メカニカルキーボードの1つ1つのスイッチの根幹には、スプリングと言われる特殊なバネが採用されています。
スプリングの上に軸、さらに軸の上に目にすることになるキーキャップがかぶせられているという構造です。

なお、メカニカルキーボードのスイッチは使用される素材によって、茶軸、黒軸、青軸、赤軸などに分けられます。
中でもよく知られている代表的な軸が、茶軸、青軸、赤軸の3つです。
それぞれの軸は素材の他、クリック感やキーの重さが異なります。

青軸・赤軸・茶軸の違いをシーンごとに考える!

メカニカルキーボードの主なスイッチの種類である、青軸、赤軸、茶軸の違いを確認してみましょう。

  • 青軸
  • 3つの軸の中でも、クリック感が大きく感じられる種類。押下圧も高く、キーのクリックも重いです。
    さらに、独特のキーボードをクリックするときのカタカタ音があります。カタカタ音によるリズム感があるのが特徴。
    入力している感じが欲しいプロゲーマーなどの間でよく使われています。

  • 赤軸
  • 3つの軸の中で、1番キーが軽いタイプです。
    ソフトタッチで入力できることから、クリック感はさほどありませんし、タイピング中のカタカタ音も抑えめです。
    さらに手が疲れにくいというのもポイント。
    長時間入力を行うプログラマーの他、静かに入力をしたい人に好まれます。
    また、音が抑えめであるため、マイクでタイピング音を拾うことも少なく、タイピングしながらマイクをよく使う人にもおすすめです。

  • 茶軸
  • 青軸と赤軸のちょうど中間をいくタイプです。
    適度なクリック感とキーの重みがあります。
    メカニカルキーボードのスタンダードで、初心者にも好まれるタイプです。

おすすめ青軸一覧おすすめ青軸一覧おすすめ赤軸一覧おすすめ赤軸一覧おすすめ茶軸一覧おすすめ茶軸一覧

メンブレンキーボードとの違い

キーボードの種類には、メカニカルキーボードの他、メンブレンキーボードというものがあります。
メンブレンキーボードとは、メカニカルキーボードが1つ1つ独立したボタンを持っていることに対して、キーボード全体に1枚のスイッチを採用しているタイプ。

メンブレンキーボードでは、ラバーカップと言って柔軟性のある素材が使用されています。
キーを押すことでラバーカップが変形し、メンブレンスイッチの接点部分に触れることによって電気が流れ入力が行われるという仕組みです。

メンブレンキーボードと、メカニカルキーボードではスイッチの構造から大きく異なります。

おすすめメンブレンキーボード一覧おすすめメンブレンキーボード一覧


キーボードの購入にあたってまず考えたいのが、メカニカルキーボードにするか、それともメンブレンキーボードにするか。将来的なスイッチの故障に関しての交換を大切にするのであれば、メカニカルキーボードという選択肢も考えると良いでしょう。

おすすめメカニカルキーボード一覧おすすめメカニカルキーボード一覧おすすめメンブレンキーボード一覧おすすめメンブレンキーボード一覧

投稿日:

液晶ディスプレイ 売れ筋ランキング

外付けHDD 売れ筋ランキング

PCスピーカー 売れ筋ランキング

マウス 売れ筋ランキング

ネットワーク機器 売れ筋ランキング

外付けドライブ 売れ筋ランキング

ドライブケース 売れ筋ランキング

ゲーミングデバイス 売れ筋ランキング

キーボード 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。