ドスパラは365日毎日出荷!

WQHD(2,560×1,440)とは?もしかしたら4Kより実用的な解像度かも。

WQHD(2,560×1,440)は、ディスプレイの解像度の規格。パソコンのディスプレイにおいては高クオリティな解像度を誇ります。
WQHDのディスプレイを使用すると、フルHD(1,920x1,080)に比べ画像が滑らかで美しく見えるなどの特長があります。

もっと高解像度の4K(3,840×2,160)のラインナップも増えてきています。WQHDは不要になってしまうのでしょうか?
実は、WQHDにしかないメリットがあります。この記事では、WQHDディスプレイについて詳しく紹介します。

パソコンの作業領域に関係する解像度とは

主にテレビを中心に4Kや8Kと言った言葉を聞くことが増えてきています。

4Kや8Kとは画面の解像度の事で、それぞれ4K=3,840×2,160、8K=7,680x4,320を表しています。主流のフルHD=1,920x1,080の約4倍、16倍の解像度ですね。
解像度が大きいということは、「画面に表示できる情報量が増える」という意味となります。

インターネットのサイトを見る場合、同じページを見ても、解像度が大きいディスプレイの方が一画面の中で表示される文字数が多くなります。
情報サイトを確認しながら、エクセルを同時に立ち上げて資料作成の作業をする場合など、複数のウィンドウを表示しての作業の際に、解像度が大きい方が表示できる情報量が多いため作業がしやすくなります。

ディスプレイ各規格の解像度

  フルHD WQHD 4K 8K
横×縦 1,920×1,080 2,560×1,440 3,840×2,160 7,680×4,320
画素数(約) 210万 370万 830万 3,320万

WQHDのメリットについて

高解像度の画像を見るのに向いている

解像度が大きいモニタは基本的にdpi(ドット密度)が高く、高精細な画像を表示することが可能となります。
閲覧する画像が複雑で細な画像であればあるほど、WQHD(2,560×1,440)ではフルHD(1,920x1,080)に比べ画素数が多く、綺麗に映し出されます。写真編集や高解像度の映像を見るのに向いていると言えるでしょう。

パソコンのデスクトップ作業領域を有効活用できる

画面の解像度が大きくなると画面に表示できる情報量が増えます。WQHD(2,560×1,440)はフルHD(1,920x1,080)に比べ約1.8倍の情報量となります。
情報量が多い事は、複数の作業を同時に行う際にとても使いやすいです。
複数のアプリケーションのウィンドウを同時に立ち上げながら作業をする。インターネットの動画を見ながらゲームをする。など、一つのパソコンで複数の事を同時に行うことが容易となります。

4Kよりも実用的な解像度かも?

一般的な家庭でパソコンラックの大きさや住宅事情を考慮すると、24~27インチのディスプレイで設置場所がいっぱいいっぱいになることもしばしば。
24~27インチサイズのディスプレイで4K(3,840×2,160)にすると、画像の表示はとても綺麗なのですが、文字はとても小さく表示され、読みづらいことがあります。
文字が読みにくいので、解像度を下げ、文字の表示を大きくして読みやすくする…となると、せっかくの4Kの高解像度が活かせない可能性もあります。

WQHD(2,560×1,440)なら、フルHD(1,920x1,080)よりは作業領域は広く使え、なおかつ4Kよりも文字はある程度の大きさで表示され読みやすい。
フルHDと4Kのまさに中間「良いところ取り」ができる「実用的な解像度」と言えるかもしれません。

4Kほどグラフィックボードに負荷がかからない

4K(3,840×2,160)など解像度のもっと大きいパソコンディスプレイもラインナップが増えてきました。WQHD(2,560×1,440)よりも高解像度であることは間違いありません。

ただし、解像度が大きくなることで気になるのが、グラフィックボード(ビデオカード)への画像処理負荷の増加です。

解像度が大きいとその分画像処理も増え、グラフィックボードへの負荷も高くなってしまいます。
グラフィックボードもハイエンドや処理能力が高いものを買う必要がどうしても出てきますので、予算も上がって行きます。

WQHDは、大きい解像度を保ちつつ、4Kほどグラフィックボードに負荷をかけないので、画像処理負荷と画面の綺麗さのバランスを考えた場合メリットがあります。

おすすめ液晶ディスプレイWQHD対応モデル一覧おすすめ液晶ディスプレイWQHD対応モデル一覧

全ての液晶ディスプレイ・モニター覧全ての液晶ディスプレイ・モニター覧


ディスプレイは、ゲーミングPCとして使用する場合やクリエイティブな分野で使用する場合「楽しさ」「綺麗さ」なにより「見やすさ」に直結するため、良く検討することが重要です。
WQHD(2,560×1,440)ならば、解像度はもちろん、グラフィックボードの負荷との兼ね合い、予算も含め色々な条件を考えた際に魅力がある選択肢の一つです。パソコン新規購入や買い替え時に検討してみましょう。

更新日:
投稿日:

液晶ディスプレイ 売れ筋ランキング

外付けHDD 売れ筋ランキング

PCスピーカー 売れ筋ランキング

マウス 売れ筋ランキング

ネットワーク機器 売れ筋ランキング

外付けドライブ 売れ筋ランキング

ドライブケース 売れ筋ランキング

ゲーミングデバイス 売れ筋ランキング

キーボード 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら