Amazon登録の情報で簡単注文! Amazon Pay対応しました

365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

スキャナーの用途に応じたおすすめの選び方。

普段あなたはどうやって書類整理していますか?
紙で管理していると置き場所に困ったり、いざ取り出すとなったときや、膨大な数になったときになかなか見つからなかったりと不便に感じる場面も少なくありません。
そこで便利なのがスキャナー。
保管しておきたい書類を電子化すれば、スッキリとスマートに管理することができます。

スキャナーの基礎知識

スキャナーとは、センサを通して原稿などの情報をビット単位に読み取る装置のことです。
文字や絵、写真などの原稿を読み取るときに利用します。
その構造は、読み取りたい原稿に光を当てて起きる反射光をCCDもしくはCISでスキャンし、読み取った情報をデジタル化してパソコンに送信。
スキャナーで読み取る性能や精度は機器によってさまざまで、家庭用の簡易的なものから高性能な業務用まであります。

読み取りの精度に使われる単位はdpi(dots per inch)で、これはどれだけ鮮明に情報を取り込めるかを数値化したもの。
日本語では光学解像度と呼ばれ、数値が大きいほどよりきれいに取り込める性能があることを表します。

スキャナーを使用するメリットと便利なドキュメントスキャナー

自宅にある明細書や行政のお便り、会社のデスクや棚にしまってある書類の山。
取り出して使う必要はないが、いつか使うかもしれないと思うと書類はなかなか捨てられません。
そんなときにはスキャナーを活用してみましょう。
取り込んでパソコンにデータとして保存しておけば、書類の保管場所にも困らないうえ整理も簡単です。

もし必要になったときはプリントアウトすれば大丈夫。
データ化しておけばタブレットやスマホなど他の端末での持ち歩きも可能ですし、サーバーやクラウドサービスを利用して書類を共有することも可能です。
特に仕事で書類を多く扱う人にはデータ化してフォルダに分けて整理しておき、検索機能を使うことで探す手間も省け効率よく仕事を進めることができます。

中でも書類管理に適したスキャナーが、ドキュメントスキャナーと呼ばれるものです。
通常のスキャナーは、プリンターを使うときのように平らな台に置いて読み取ります。
本やパンフレットなどの冊子になった原稿を読み取るには便利ですが、1ページずつセットしなければならないため大量にスキャンする場合には向きません。
ドキュメントスキャナーは、束でセットできるシートフィードスキャナーというタイプ。
紙をセットすれば、後は自動的に1枚ずつ読み取ってくれます。
膨大な資料を一気にスキャンしたい場合におすすめです。

スキャナーの種類と選び方のポイント

ドキュメントスキャナーのほかにも、スキャナーにはいくつかの種類があります。

代表的なスキャナーが、フラットベッドスキャナー。
コピー機のように原稿を1枚セットしてスキャンするタイプです。
カバーで挟んで使用するので、厚みがある原稿でもスキャンできます。
歪みが発生しづらく、画質のよいスキャンデータに仕上がります。

フィルムスキャナーは、写真のフィルムをスキャンできるスキャナーです。
昔撮ったフィルムをデータ化し、思い出を大切に残しておくのに最適。

非接触型スキャナーは、別名オーバーヘッド型スキャナーとも呼ばれます。
その名の通りスキャンする部分が頭のように飛び出しており、原稿に触れることなくスキャンします。
本などを断裁することなくスキャンできるほか、ページをめくりながら何ページでも楽にスキャンできます。

持ち運びに便利なのがモバイルスキャナー。
棒のような形状で重量も軽く、仕事で持ち歩く人には最適です。
充電式や電池式、Wi-Fi対応やワイヤレス転送など外出先での作業に向いた機能も満載です。


時代はペーパーレス化が進み、電子書類を用いる会社も増えつつあります。
仕事の効率化やデスク周りの整理に大活躍するだけでなく、資源の節約にも繋がるスキャナー。
これからの書類管理には欠かせないアイテムになりそうです。

投稿日:
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。