ドスパラは365日最短翌日出荷!

リフレッシュレート確認の方法とは?目安は60Hz!

画面のチラツキを感じたことはありませんか。
ディスプレイの画面のチラツキの原因は、リフレッシュレートの値が関係している場合があります。
実際にどうやってリフレッシュレートを確認できるのか、適切な値と一緒にご紹介します。

リフレッシュレートの低さはチラツキの原因?

リフレッシュレートは、1秒間に画面が何回書き換わったかを計る値です。
Hz(ヘルツ)によって表現され、1秒間に100回書き換わった場合、100Hzと表します。
なお、通常値のリフレッシュレートの値は、55~75Hzなどの60Hz前後。静止画の場合も、液晶ディスプレイでは、リフレッシュレートに合わせて画面が一定間隔で更新されています。

なお、リフレッシュレートの書き換え速度は通常人の目では分からないほどの高速ですが、リフレッシュレートが遅いと画面のチラツキを感じてしまうことがあります。
チラツキは、頭痛や眼精疲労の原因です。
ディスプレイを快適に使用するためにも、リフレッシュレートはできるだけ高いものを選びたいです。

また、ゲームPCとして使用する場合も、リフレッシュレートの値が重要となります。
動きが激しいゲーム画面の場合、リフレッシュレートが低いと画像が滑らかに流れていかないためです。
なお、高リフレッシュレートの液晶画面を準備する場合は、パソコンの映像出力も十分なスペックが必要です。
リフレッシュレートが高くても、出力が伴わないと、リフレッシュレートをうまく生かしきることができません。

リフレッシュレートの確認・変更方法

リフレッシュレートは、特にパソコンでゲームをする場合や動画を見る場合は確認しておきたい値です。
Windows 10でのリフレッシュレートの確認と変更方法を、順を追ってご紹介します。

  • リフレッシュレートの確認方法
  • まず、Windowsボタンでメニューを開き、左側の歯車ボタンをクリックします。
    設定の中から、システムを選択。

    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法。「スタートメニュー」→「設定」をクリック。
    「スタートメニュー」→「設定」をクリック。
    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法。「設定」の中の「システム」をクリック。
    「設定」の中の「システム」をクリック。

    ディスプレイから、ディスプレイの詳細設定、さらにその中の「アダプターのプロパティの表示」をクリックします。

    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法。システム設定のディスプレイ設定をクリック。
    「ディスプレイ」の「ディスプレイの詳細設定」をクリック。
    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法、「ディスプレイアダプターのプロパティを表示します」をクリック。
    「ディスプレイアダプターのプロパティを表示します」をクリック。

    するとプロパティウィンドウが表示されます。
    上のタブから、モニターを選択。
    モニターの設定から画面のリフレッシュレートを確認することができます。

    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法、システム設定のディスプレイプロパティ「モニタータブ」を選択
    システム設定のディスプレイプロパティ「モニタータブ」を選択
    Windows 10でのリフレッシュレートの確認方法、システム設定のディスプレイプロパティ「モニタータブ」を選択、「モニター設定」のモニターリフレッシュレートを選択。
    「モニター設定」のモニターリフレッシュレートを選択。
  • リフレッシュレートの変更方法
  • リフレッシュレートの変更方法は、確認方法とほとんど同じです。
    リフレッシュレートを確認する画面にて、リフレッシュレートの三角部分をクリックします。

    Windows 10でのモニターリフレッシュレートの変更。
    モニターリフレッシュレートの変更。

    もし、リフレッシュレートが選択できる場合は選択肢が表示されるはずです。
    なにも表示されない場合は、リフレッシュレートを変更することはできません。

    また、標準で60Hzのモニターでも稀に75Hzなど標準設定以上に変更できてしまう製品も存在します(動作マージンが大きくとられている事がある)。
    ただし、設定できるからといって多用は禁物です。標準以上の設定はオーバースペックの動作となるため、通常使用より、製品寿命が短くなってしまいます。

60Hz以上のリフレッシュレート液晶ディスプレイのメリット

リフレッシュレートの選択時に目安にしたいのが、60Hzです。
60Hzは標準的なリフレッシュレートであり、激しい動きが伴う場合でも、ある程度滑らかに表示され、チラツキを感じることはほとんどありません。
インターネット検索などの日常的な利用だけでなく、ビジネス、画像や動画などのクリエイティブなものに至るまで、幅広い範囲で問題なく使用することができます。

ただし60Hzというのはストレスを感じずに使用したい場合のあくまで目安です。
さらにクオリティを求めるなら、よりリフレッシュレートの高い選択肢もあります。
たとえば、ゲーミングPCとして利用する場合、リフレッシュレートを120Hz、または240Hzなどと高いレートにして使用することも少なくありません。

おすすめ液晶ディスプレイ一覧おすすめ液晶ディスプレイ一覧


標準的なリフレッシュレートは60Hz以上であることが多いため、日常で気にすることはほとんどありません。しかし、ゲーミングPCでディスプレイを使用する場合は、状況が異なります。パソコン上でのゲームを快適に楽しむためにも、リフレッシュレートの値は確認しておきたいです。

投稿日:

こちらの記事は「パソコン専門店ドスパラ」が作成いたしました。

パソコン専門店
ドスパラとは?

パソコン専門店「ドスパラ」ではキャッシュレス決済でご購入いただけます。

キャッシュレス

液晶ディスプレイ 売れ筋ランキング

外付けHDD 売れ筋ランキング

PCスピーカー 売れ筋ランキング

マウス 売れ筋ランキング

ネットワーク機器 売れ筋ランキング

外付けドライブ 売れ筋ランキング

ドライブケース 売れ筋ランキング

ゲーミングデバイス 売れ筋ランキング

キーボード 売れ筋ランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら