ドスパラは365日毎日出荷!

【初心者必見】デジタルで絵を描きたい人必見!おすすめのペンタブと便利な使い方

自分の描いた絵が、デジタルで処理できたり、ネット上にアップできたりしたらいいなぁと思うことありませんか?
パソコン上で絵を描く際に便利なのがペンタブレット(ペンタブ)です。
描いた絵がデジタル処理されてパソコンの画面上に出てくるとても便利な道具です。
ペンタブの使い方やおすすめのペンタブなど見ていきましょう。

ペンタブって何?

ペンタブとは、ペンタブレットの略で、パソコンの画面上で絵を描いたり、写真や映像の編集などで利用したりする道具のことです。板タブレット(板タブ)と液晶ペンタブレット(液タブ)の2種類があり、基本的にはペンタブと言うと板タブを意味します。

液タブはモニター画面上に直接描くタッチパネルのような道具ですが、板タブはパソコンと板タブをつなげて、板タブで描いたものがモニターに反映される仕組みになっています。

価格帯は液タブが10万円前後するのに対して、板タブは約7,000円から手に入れられます。初心者は、板タブを選択するのがおすすめです。

ペンタブとマウスはどう違うの?

Windows内に入っている「ペイント」という標準アクセサリを使うと、マウスで手書きの絵や文字を描くことができます。

マウスとペンタブはどう違うのかと言うと、使い勝手の違いはもちろん、描いた絵や文字が違います。

マウスだと一律の太さでぎこちない線になってしまいますが、ペンタブの場合は、線の太さや筆跡などが繊細に表示され、表現の幅が一気に広がります。実際に書き比べてみると一目瞭然なので、家電量販店などで機会があれば試してみてください。

ペンタブの使い方

ペンタブは基本的に板タブと専用のタッチペンによって操作を行います。ペンにはボタンやホイールがついており、細かい部分まで自分で設定することが可能。ペンによるタッチ操作をできるようにしたり、ペンにあるボタンで消しゴムのような操作もできます。

ペンタブはデジタルデバイスのひとつであるものの、紙にマジックや筆で書いているかのような筆圧を再現することもできます。ペンタブの製品によってはによっては絵の具を混ぜ合わせるように複数の色を混ぜて色を作ることもできます。

このような高度な機能は使いこなすと便利ですが、不要と感じた時には、思い切って機能をオフに設定するのもおすすめです。使わない機能をオンにしておくと誤作動の原因になってしまうこともあります。

ペンタブを買う時に注意すべきこと

ペンタブを買う時におすすめのメーカーはワコムです。ペンタブの高いシェアを誇り、安心の品質と言えます。

購入時は、サイズと筆圧レベルに注意が必要です。
ペンタブは、描いたサイズがそのまま1:1でモニターに反映されるので、自分の持っているパソコンのモニターの大きさを基準に購入を検討すると良いです。

サイズは、S、M、Lの3種類があり、Sが15インチ以下、Mが16~24インチ以下、Lが25インチ以上が目安です。サイズが大きいほど、読取可能範囲も広がります。
また、筆圧レベルも重要です。

筆圧レベルとは、線を描いた時の力具合の差を読み取ってくれるレベルを指します。筆圧レベルの数値が高いほど線の読取精度も高く、繊細な表現が可能になるので、数値の高いものを検討すると良いでしょう。

目的別・おすすめのペンタブ3選

ペンタブ入門者におすすめのペンタブは、「ワコム ペンタブレット Intuos Small ベーシック(CTL-4100/K0) 」です。ワコム社の製品の中でも最も安く、気軽に始めることができます。

より実用的で長く使えるモデルをお探しの方には、「ワコム ペンタブレット Intuos Medium(CTL-6100WL/K0) 」がおすすめ。読み取り可能範囲は216mm×135mm でIntuos Smallよりも広く、イラストなど本格的な作業にも十分対応できます。

プロも愛用するようなペンタブをお探しの方には、「ワコム ペンタブレット Intuos Pro Large (PTH-860/K0) 」がおすすめです。


デジタルで絵を描く場合に必要な道具、ペンタブ。マウスとは違い、微妙な筆圧の違いを読み取って、モニター上に繊細な絵を表現してくれます。お手頃に始められる機種から、プロ仕様に使えるものまで様々な種類があるので、目的に合わせて自分にあったペンタブを選んでください!

更新日:
投稿日:
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら