365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

3Dゲームを快適に楽しむための必須機能「垂直同期」に詳しくなろう!

3Dゲームをプレイする上で、よりスムーズに進めるための機能をご存知でしょうか?
3Dゲームの高性能化が進むなかで、同時に起こる不具合も大きな問題となっています。
そんな不具合を解決するために誕生した機能のひとつである、垂直同期を詳しく知り、ストレスなく3Dゲームを楽しめる環境を手に入れましょう!

垂直同期ってどんな機能?

垂直同期が、そもそもどんな機能なのかを知ることからはじめましょう。
垂直同期とは、主に3Dゲームを楽しむ人が、スムーズにプレイを進めるための必須設定機能です。
画像処理を行う部品GPUの、フロントバッファと呼ばれる画面に表示するデータと、リフレッシュレートと呼ばれる画面に表示するための駆動速度とを同期させることを垂直同期と呼んでいます。

垂直同期が生まれた理由

ディスプレイに描画を行う際、GPUは初めにバッファと呼ばれるデータの上に絵を描きます。次にそのデータをディスプレイに転送し、ディスプレイ上に描画が表示されます。
GPUが1秒間でバッファに描けた数をfps、ディスプレイが1秒間に描くスピードをリフレッシュレート(単位はHz)と呼ばれます。

ここでテアリングという現象(GPUとディスプレイの描画能力の相違)についてご説明します。
一般的なディスプレイに描画する速度が60Hzに対し、高性能なスペックを持つGPUで3Dアプリを動かした場合60fpsとなり、リフレッシュレートが60Hzを超える現象が起こってしまいます。

すると、GPUがバッファに描画し切れていない間に、絵をディスプレイに送っていまい、最終的に表示された絵が直線で波打って見える現象がテアリングです。
この問題を抑制するために開発された機能が、「垂直同期」です。

垂直同期のメリット・デメリット

垂直同期を導入し、GPUの描画能力内にリフレッシュレートが収まる場合には問題が生じることはありませんが、3Dアプリケーションのfpsは一定ではなく、シーンによって負荷が変化するため、重いシーンになった際にさらに新たな問題が生じてしまいます。

リフレッシュレートは一定の速度で展開しますが、そのリフレッシュレートの範囲内にGPUの描画能力がオーバーした場合、次のリフレッシュレートが展開するまで待機する必要があり、タイムラグが生じることになります。それによってディスプレイ上では一瞬画像が止まったような状態が起き、この現象を「スタッタリング」と呼びます。

垂直同期を行うと必ずしもプラス効果が生まれるというわけではないので、ユーザーの用途に合わせて切り替えを行うことが必要とされます。垂直同期に有効なパターンとしては、RPGなどの操作の場合です。FPSなどのゲームを行う場合は、数秒の操作も重要視されるため垂直同期は作動させない方が良いとされます。

垂直同期のスタッタリング対策用に登場した「NVIDIA社製GeForce」

垂直同期のデメリットにも挙げたスタッタリングを解決するために、NVIDIA社が開発した仕組みがGeForceのGTX600番台で導入された「Adaptive VSync」です。

この仕組みは、GPUの描画能力がリフレッシュレートをオーバーする場合は、リフレッシュレートと同期しテアリングを抑制します。逆に、描画能力がリフレッシュレートよりも下回る場合、垂直同期を自動でオフにし、スタッタリングを抑制する対策システムです。

さらにAdaptive VSyncよりも、アップグレードした「G-SYNC」と呼ばれるシステムも登場し、垂直同期に起こる問題も解決策が次々と生み出され、スムーズに動作する環境が整えられています。


3Dゲームをストレスなく楽しむための「垂直同期」に関してご説明しました。
メリット・デメリットもしっかり理解し、さらにその問題を解決できるシステムの仕組みをしっかり把握することで、さらに快適で美しい映像の3Dゲームが堪能できるはずです!

投稿日:


今週のカテゴリー別ランキング

タワーパソコン人気ランキング

  • Monarch GE
    (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • Monarch XH
    (+税)
    ゲームや動画編集も快適。バランスに優れる人気モデル
  • Monarch XT
    (+税)
    ワンランク上のグラフィック性能。より快適な環境を生む実力機

ミニタワーパソコン人気ランキング

  • Magnate IM
    (+税)
    ドスパラ人気No.1スタンダードデスクトップPC。
  • Magnate MX
    (+税)
    ゲームも気軽に楽しめるミニタワーPC。
  • Magnate MX
    (+税)
    使い勝手のよいミニタワーパソコン。

スリムパソコン人気ランキング

  • Slim Magnate IE
    (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適なスリムパソコン
  • Slim Magnate IM
    (+税)
    高い基本性能をもったスタンダードスリムPC
  • Slim Regulus AM
    (+税)
    動画再生に優れたAMD APU搭載スリムPC
  • mini Magnate IM
    (+税)
    デスクスペースを有効活用、定番PCの超小型モデル。
  • mini Magnate IE
    (+税)
    性能と省スペースを両立、新規格Mini-STX採用パソコン。
  • Mini NUC-S5
    (+税)
    超コンパクトPCのスタンダードモデル、画像や動画の編集もOK。
  • Magnate IM
    (+税)
    ドスパラ人気No.1スタンダードデスクトップPC。
  • Monarch GE
    (+税)
    趣味の写真や動画鑑賞に長く使えるタワーパソコン。
  • Slim Magnate IE
    (+税)
    オフィス作業や普段使いに最適なスリムパソコン

ノートパソコン(PC)人気ランキング

今週のカテゴリー別ランキング

Altair VH-AD3L

約7.9時間の長時間バッテリー搭載
ストレージ倍増の最新モデル

Windows 10 Home

Celeron N3450
インテル HD500
4GBメモリ

レビュー募集中

(+税)~

スペック詳細を見る

Altair F-13

持ち運びにも便利
13.3型液晶搭載モバイルノート

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る

Critea VF-AGK

見やすく操作しやすい大画面ノート
17.3型フルHD液晶搭載。

Windows 10 Home

Core i5-7200U
インテル HD620
8GBメモリ

(+税)~

スペック詳細を見る


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。