365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

オンラインストレージ「OneDrive」とは?

マイクロソフトのオンラインストレージ「OneDrive」はネットワーク上にファイルを保存し、どこからでもアクセスできるようになる便利なサービスです。ここでは「OneDrive」とはどのようなサービスなのか解説していきます。

OneDriveってなんだろう?

大事な仕事のデータや大切な家族との思い出の写真。こうしたデータはどこに保存していますか? これまでは手元のパソコンや外付けのHDDなどに保存していた人が多いのではないでしょうか。しかしそうした方法ではパソコンやHDDが故障してしまうとデータが失われてしまう可能性があります。

そこで今注目されているのが「オンラインストレージ」と呼ばれるもので、マイクロソフトの「OneDrive」はそうしたサービスの一つです。

OneDriveネット上にデータを保存するサービス

OneDriveでは手元のパソコンだけでなくインターネット上にあるマイクロソフトが用意したサーバー上にもデータを保存できます。このため万が一パソコンが壊れて手元のデータが読み込めなくなってもOneDrive上に保存しておいたデータはそのまま使うことができます。

OneDriveの使い方は簡単です。普段パソコンを使うのと同じ要領でOneDriveフォルダを使えば良いだけです。OneDriveフォルダに保存したデータは自動的にOneDriveサーバーにも送られ、常に最新のデータをパソコン上とOneDrive上に置いておくことができます。このためわざわざ自分でバックアップを取る必要がありませんけてセットアップが開始されるので、アカウント取得時に登録したメールアドレス、パスワードを入力してください。これで利用可能となります。

他の人とデータを共有するのも簡単

OneDriveのメリットはバックアップだけではありません。データがネットワーク上にあるので、インターネットで繋がってさえいれば会社のパソコンと自宅のパソコンで常に同じデータを使って作業することもできます。わざわざUSBメモリなどでデータを持ち歩く必要はありません。。

OneDriveはパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどにも対応しておりスマートフォンで撮影した写真や動画のファイルも自動的に保存できます。紛失や落下による破損などのリスクがパソコンより高いスマートフォンにも安心なサービスともいえます。

また、データを他人と共有することも簡単です。OneDrive上で共有用のリンクを作成することでいつでも会社の同僚や友人にOneDrive上のデータを公開することができます。仕事にもプライベートにも活用の幅が広がります。

OneDriveは無料でも利用できますが無料で利用できる容量は最大5GBです。有料のプランを利用することで保存可能な最大容量を増やすことができます。最大50GBに増やすと1ヶ月あたり170円ですが、「マイクロソフトOffice 365 Solo」の利用契約をすると1ヶ月あたり1274円で最大容量が1TB(1000GB)に増えるうえ、Office 365 Soloも利用できます。

ちょっとしたファイルの共有なら5GBでも十分ですが本格的にファイルをバックアップしたいのならOfficeアプリも使えるようになる1TBのコースも検討してみるといいかもしれません。


このようにOneDriveは個人としてバックアップや外出先でのデータ利用が便利になるだけでなくビジネスに活用することで効率的にファイルの共有をすることもできます。無料でも使えますのでまずは体験し、その使い勝手を試してみてください。

投稿日:

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。