365日、毎日出荷!!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ゲーミングPCとテレビを接続する・テレビをPCのモニターにするには

テレビをゲーミングPCのモニターにする場合は「HDMI」などのゲーミングPCの出力形式にテレビ側の入力形式が一致すれば使える可能性が高いです。
この記事では、ゲーミングPCのモニターとしてテレビを使う場合の接続端子やケーブルの選び方、知っておきたい知識や注意点などについてご紹介します。

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続して使うには

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続して使うには

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として使うには「ゲーミングPCの映像出力形式」に「テレビ側の映像入力形式」が一致していれば、テレビをPCモニター(ディスプレイ)としてほとんどの場合は使用可能です。
ゲーミングPCの映像出力端子として、ゲーミングPCで使われているグラフィックカードなら「HDMI形式」の出力に対応しているはずです。
また、テレビの方も最近発売されたテレビであれば「HDMI形式」の映像端子は付いていることが多いでしょう。
まずは、ゲーミングPCとテレビ両方にHDMI端子が付いていれば、HDMIケーブルでゲーミングPCに対してテレビをPCモニター(ディスプレイ)として使用可能と考えて良いでしょう。

HDMIケーブル一覧HDMIケーブル一覧

デジタル対応していないような、古いテレビの場合はアナログ入力しかないならば、そのままゲーミングPCとテレビを接続することはできません。
変換ケーブルなども存在はしていますが、映像の品質とコストの面で見合わない可能性があります。
「地デジ対応前の古いテレビがあるから、試しに使ってみよう」と思っても、PCのモニター(ディスプレイ)として使うのはむずかしいと思われます。

その他にもゲーミングPC用のモニター(ディスプレイ)としてテレビを使う場合は知っておきたいことがあります。
次の章から詳しく紹介をしていきます。

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続する際の確認事項「映像端子」

テレビをゲーミングPC用モニター(ディスプレイ)として使用する場合は映像端子の確認が必用です。

HDMI

デジタル接続で、映像や音声を1本のケーブルにまとめて送れる通信規格です。
フルHD(1920x1080)で使用する場合は通常のHDMIケーブルであれば問題ありません。
4K画質で使用する場合にはケーブなどは「HDMI 2.0」以上の対応のケーブルが必要です。
ほとんどのテレビに搭載されています。

HDMIケーブル一覧HDMIケーブル一覧

パソコン側はDVI端子のみが搭載されているモデルがあり、テレビ側がHDMIのみの場合もあります。
その場合はDVI-HDMI変換ケーブルを使うとHDMIのテレビに接続できます。

DVI-HDMI変換ケーブルDVI-HDMI変換ケーブル

RCA(コンポジット映像+LR音声:ビデオ入力)

赤、白、黄色の3種で色分けされた端子です。
現在主流ではないのですが、ビデオ関連などAV機器などからテレビに映像を入出力する場合などに使う端子です。
テレビには搭載されていることが多いですが、パソコン側でRCA出力端子があるモデルは少ない傾向があります。

DisplayPort

デジタル接続で、基本的にパソコンでの使用を想定しています。
コネクタの大きさに種類があります。
あまりテレビには搭載されていません。

DVI

デジタル接続で、パソコン用のため音声の出力には対応していません。
音声を出力する場合はスピーカーが必要です。
あまりテレビには搭載されていません。

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続する際に知っておきたい「テレビ」と「PCモニター(ディスプレイ)」の違い

入出力の端子が合えばテレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として使えますが「テレビであれば何でも良いか」いうわけでもありません。
特に今回はゲーミングPCを接続するモニター(ディスプレイ)としての役割となるため、一般的なパソコンとテレビの接続よりも条件は厳しくなります。

PCモニター(ディスプレイ)とテレビの違いは、入力された信号に対する対応スピードの違いにあります。
PCモニター(ディスプレイ)は「PCで人が操作した情報を映像で表示する」ためのものですが、テレビは「映像を表示するのみ」というように用途に少しだけ違いがあります。

具体的にはPCモニター(ディスプレイ)にはパソコンで操作した結果に対する「応答(レスポンス)速度」と言う要素が関係してきます。
テレビでの操作はリモコンでチャンネルを変えたりする程度なので「応答(レスポンス)速度」が遅くてもそれほど問題はありません。
そのため、応答速度が遅く、遅延するテレビもあるため、全てのテレビがゲームPCのモニター(ディスプレイ)に最適とはいえないのです。

テレビをゲーミングPC用モニター(ディスプレイ)として使うには、そのテレビがゲームをするのに適した応答速度があるかを確認するようにしましょう。
応答速度に関しては「モニター(ディスプレイ)パネル」が大きく関連しています。
次の章で紹介をしていきます。

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続する際の確認事項「モニター(ディスプレイ)パネル」

テレビをゲーミングPC用モニター(ディスプレイ)として使用する際に「モニター(ディスプレイ)パネル」に関してもチェックしておきましょう。
特に「応答速度」に関して「モニター(ディスプレイ)パネル」が重要となります。

IPSモニター(ディスプレイ)パネル

視野角が広く、見る角度による色の変化が少ない傾向があります。
テレビ用パネルとして普及しています。
価格は高価な傾向がありますが、映像や画像をメインに扱う用途に向いています。
TNモニター(ディスプレイ)やVAモニター(ディスプレイ)と比較して応答速度が遅くなりやすい傾向があります。

VAモニター(ディスプレイ)パネル

TN方式に比べて(黒の色表示)を改善しているため、高いコントラストの表現が可能です。
「映画鑑賞」などに向いていて、高品質なテレビやパソコンのモニター(ディスプレイ)などに採用されています。
応答速度などはTNモニター(ディスプレイ)とIPSモニター(ディスプレイ)の中間程度のスペックとなります。

TNモニター(ディスプレイ)パネル

生産技術が確立されているため普及率が高く、比較的安価で手に入れることができます。
視野角が狭く、コントラストもすこし低い傾向があります。
ゲームで最も重要とされる「応答速度」が速く、高リフレッシュレートなパネルのため「ゲーミングPC用のモニター(ディスプレイ)」では多く使われています。

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続する際の確認事項「リフレッシュレート」

リフレッシュレートは、モニター(ディスプレイ)が1秒間に画面上の画像を書き換え(リフレッシュ)する回数を示しています。
リフレッシュレートが高いモニター(ディスプレイ)ほど画面の書き換えの回数が多く、滑らかに映像を表示できます。
ゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として考えた場合はリフレッシュレートも意識しておく必要があります。

リフレッシュレート「60Hz」

1秒間に60回画面を書き換えることができます。
一般的なテレビやモニター(ディスプレイ)の周波数(リフレッシュレート)となり、一般的な用途やExcelやWordなどを使った事務作業などにおすすめとなります。

リフレッシュレート「144Hz」以上

1秒間に144回以上画面を書き換えることができます。
ゲーミングPCのおすすめのリフレッシュレートとしては「144Hz」以上となっています。
ゲーミングPCは3Dゲームなどで残像のない滑らかな描写の表現を行うため、高性能なグラフィクボード(グラフィックス)を搭載していることが多いです。
そのため、ゲーミングPC側から出力される映像情報である「フレームレート(fps)」の情報量が多くなります。
「フレームレート(fps)」とは「1秒間の動画を構成する画像の枚数(コマ数)」となります。
高い「フレームレート(fps)」情報量に対して、モニター(ディスプレイ)側での表示を行うには高い「リフレッシュレート」が必用となります。
ゲーム用の高い「リフレッシュレート」の目安として、ゲーミングPC向けのモニター(ディスプレイ)のリフレッシュレートは144Mhz以上が推奨となっています。

テレビではなくPC用モニター(ディスプレイ)やゲーミングPC用のモニター(ディスプレイ)購入も検討してみる

ここまで、テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として使う場合のポイントを紹介してきました。
テレビは大画面である点、現在持っているテレビをそのまま使えるという点はメリットがあります。

ただし、テレビを1台パソコン用として占有してしまうと、不便になる可能性もあります。
その場合はPC用のモニター(ディスプレイ)の購入を検討するのも良いでしょう。

ゲーミングPC用のモニター(ディスプレイ)用途となると、条件はもっと厳しくなります。
ゲームのプレイスタイル次第ではパソコン側のフレームレート(fps)が高い設定である必要があり、テレビでは満足できない可能性があります。
ゲーミングPCなどの場合はリフレッシュレート「144Hz」以上なども重要な要素となってきます。
その場合はPC用のモニター(ディスプレイ)やゲーミングPC用のモニター(ディスプレイ)製品も是非検討してみてください。

まとめ

テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として使う際の確認や注意事項に関して紹介をしてきました。
テレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として接続して使うことは、大画面で、なおかつ現在家庭にあるテレビをゲーミングPCのモニター(ディスプレイ)として使用することにメリットがあります。

具体的なテレビとパソコンの接続手順を知りたい方はこちらの記事もご確認ください。

パソコンとテレビをつなぐ手順についてご紹介します

テレビをゲーミングPC用と考えた場合は、応答速度などがテレビで必要とされるスペックと必ずしも一致しない面もあります。
対応するケーブルがあれば、まずはゲーミングPCとテレビを接続してみることは可能です。
プレイしたいゲームによってテレビをモニター(ディスプレイ)として使うのか?それとも専用のディスプレイを用意するのか?などを試してみると良いでしょう。


更新日:
投稿日:

液晶ディスプレイ 売れ筋ランキング

外付けHDD 売れ筋ランキング

PCスピーカー 売れ筋ランキング

マウス 売れ筋ランキング

ネットワーク機器 売れ筋ランキング

外付けドライブ 売れ筋ランキング

ドライブケース 売れ筋ランキング

ゲーミングデバイス 売れ筋ランキング

キーボード 売れ筋ランキング

ゲームデスク
おすすめランキング

ゲームノート
おすすめランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。