Amazon登録の情報で簡単注文! Amazon Pay対応しました

365日、毎日出荷!!最短当日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ゲーミングパソコンの電源は600W~700Wにしてみませんか?

ゲーミングパソコンの性能を決めるのはCPUやメモリ、ビデオカードなどです。それらのパーツに電力を供給する電源は、実は非常に重要なパーツなのです。電源は生み出せる電力等によって幾つかの種類がありますが、多くの人がどれを選べば良いのか迷います。そこでおススメしたいのが600W~700Wの電源なのです。

パソコンは大体どれくらい電力を使うの?

パソコンの中で主に電力を大きく使うパーツはCPUとビデオカードの2つです。
ゲーミングパソコンで代表的なCore i7になるとおよそ100W~150W前後、ミドルクラス以上のビデオカードですと、およそ150W~200Wの最大消費電力が想定されます。この2つを合わせると250W~350W前後の電力が必要となります。
ゲーミングパソコンとしてシステム全体の消費電力を考えると、およそ350W~450W程度必要になるでしょう。将来的なパーツの増設を見込むのであればギリギリな電源を選ぶよりは、余裕を持てる600W~700Wの電源がオススメです。

電源を選ぶ際のポイントの一つ「80PLUS 認証」

パソコンの構成に合わせた電源を選ぶ必要があるのですが、その際に気にするべきポイントが、「80PLUS 認証」です。こちらはランクによって電源の変換効率を表す指標となります。「80PLUS STANDARD」から「80PLUS TITANIUM」まで6段階のランクがあり、高くなるほど変換効率に優れ、消費電力・排熱の削減といったメリットがあります。排熱が少なくなると、FANの回転数が抑えられますので、静音性を求める方にもオススメな指標です。また「80PLUS認証」の電源変換効率に着目すると、電源負荷率50%の時が最も効率よく電力を変換できることがわかります。消費電力ギリギリではなく余裕を持たせると、省エネにもつながるかもしれません。

ゲーミングパソコンの構成を考える際、電源に着目してみると性能とは違う部分で選ぶ楽しさがありますね。将来的な増設プランや省エネなど、いろいろ考えてみてはいかがでしょうか?

更新日:
投稿日:

※掲載内容についてご指摘いただいた箇所があったため、文章全般を見直し、差し替えを行いました。

もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。