365日、毎日出荷!!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ゲーミングPCの電源は600W~700Wにしてみませんか?

ゲーミングPCの性能を決めるのはCPUやメモリ、ビデオカードなどです。それらのパーツに電力を供給する電源は、実は非常に重要なパーツなのです。電源は生み出せる電力等によって幾つかの種類がありますが、多くの人がどれを選べば良いのか迷います。そこでおススメしたいのが600W~700Wの電源なのです。

ゲーミングPCは大体どれくらい電力を使う?

ゲーミングPCの場合、グラフィックボードや高性能なCPU、大量のメモリ、ゲーム用のSSDやHDDというように、通常のPCよりもより多くの電力を必要とするパーツが搭載されています。
ゲーミングPCの中で特に電力を大きく使うパーツはCPUとビデオカードの2つです。
電力の容量はW数(ワット)数で表記されています。

IntelのCPUで代表的なCore i7になるとおよそ100W~150W前後となります。
ミドルクラス以上のビデオカードは、およそ150W~200Wの最大消費電力が予想されます。

PC電源の選び方は、システムの最大消費電力の2倍の電源がおすすめとなります。
多くの電源は出力の50%がもっとも電気変換効率がよくなるように設計されている。
製品を常にフルパワーで使用すると、部品に負荷がかかり続けるのを防ぐため。
そして、将来の拡張するための予備枠などがあります。

CPUとビデオカードだけでも、およそ150W~350Wほどの電力が必要な計算となります。
将来的にパーツの増設なども検討するのではあれば、ギリギリの容量の電源を選ぶよりは、余裕を持てる600Wや700Wの電源にしてみるのも良いでしょう。

ゲーミングPCの電源容量を計算してみる

自分のゲーミングPC、もしくは今後購入する予定のゲーミングPCに最適な電源容量を計算してみましょう。
そのために、電源容量計算機を用意しました。

お手持ちのPC構成を選ぶだけで必要な電源容量が分かります。

電源容量計算 システム構成選択代表的なパーツの組み合わせで最適な電源を見つける事が出来ます。

PC構成を選択してください
パーツ ベンダー
種類
商品名 個数 使用電力目安 :W(ワット)
CPU
0W
メモリ
デスク用メモリ
0W
HDD 各社
SATA HDD
0W
SSD 各社
SATA SSD
0W
NVMe SSD 各社
NVMe SSD
0W
グラフィックボード
0W
DVD/BD 各社
SATA DVD/BD
0W
FAN 各社
6~12cmFAN
0W
合計使用電力目安:0W(ワット)
お勧め電源容量:0W(ワット)

※合計使用電力目安は各パーツの目安電力にマザーボードなどの基本電力使用目安(W)を加えた合計値になります。

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_power_calculation_main
※お勧め電源容量は使用電力目安の(理由は上記記事参照)で計算しています。

ゲーミングPCの電源を選ぶ際のポイントの一つ「80PLUS 認証」

パソコンの構成に合わせた電源を選ぶ必要がありますが、その際に知っておきたいのが「80PLUS 認証」です。
こちらはランクによって電源の変換効率を表す指標となります。

「80PLUS STANDARD」から「80PLUS TITANIUM」まで6段階のランクがあり、高くなるほど変換効率に優れ、消費電力・排熱の削減といったメリットがあります。
排熱が少なくなると、ファンの回転数が抑えられますので、静音性を求める方にも有効な指標となります。
「80PLUS認証」の電源変換効率に着目すると、電源負荷率50%の時が最も効率よく電力を変換できることがわかります。

80PLUS認証 電気変換効率表

以下に80PLUS認証の負荷率における電気変換効率票をまとめました。
負荷率「20%」「50%」「100%」の各場合の効率を%で表しています。

負荷率
20% 50% 100%
80PLUS STANDARD 80% 80% 80%
80PLUS BRONZE 82% 85% 82%
80PLUS SILVER 85% 88% 85%
80PLUS GOLD 87% 90% 87%
80PLUS PLATINUM 90% 92% 89%
80PLUS TITANIUM 92% 94% 90%

「80PLUS認証」の各規格商品一覧はこちらをご覧ください。

まとめ

ゲーミングPCの必要な電源容量として600Wや700Wを一つの目安としてご紹介してきました。
ゲーミングPCの構成を考える際、電源に着目してみると、総合的な面で個別のパーツ性能とは違う部分で選ぶ楽しさがあります。

最近のゲーミングPCの傾向としては、グラフィックボードや各パーツ の高性能化などの関係で、大容量の電源を必要とする傾向もあるので、700Wを超えての電源容量を検討しても良いかもしれません。
消費電力ギリギリではなく、余裕を持たせると、電源ユニットの寿命の延長や、将来への拡張性の面でも有利になる可能性もあります。


更新日:
投稿日:

※掲載内容についてご指摘いただいた箇所があったため、文章全般を見直し、差し替えを行いました。

今週のおすすめゲーミングPC

ガレリアロゴ

ゲーミングPC

ガレリア

最新パーツを採用し、厳選された製品、徹底した品質チェックと性能を誇るガレリアシリーズ

ガレリアロゴ

ゲーミングPC

Intel CPU 売れ筋ランキング

AMD CPU 売れ筋ランキング

ベアボーンキット 売れ筋ランキング

マザーボード 売れ筋ランキング

ビデオカード 売れ筋ランキング

ハードディスク(HDD) 売れ筋ランキング

SSD 売れ筋ランキング

デスクトップ用メモリ 売れ筋ランキング

ノート用メモリ 売れ筋ランキング

Blu-ray/DVDドライブ 売れ筋ランキング

PCケース 売れ筋ランキング

電源 売れ筋ランキング

冷却・静音パーツ 売れ筋ランキング

ゲームデスク
おすすめランキング

ゲームノート
おすすめランキング

もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。