ドスパラは365日毎日出荷!

気になるBTOパソコン業界のシェアは?

自由なカスタマイズができるBTOパソコン。
高い機能を求めたい反面、値段は極力安く抑えたい、でも粗悪なBTOパソコンは掴まされたくないという方も多いのではないでしょうか。
今回は普段あまり気にしたことがないBTOパソコンのシェアについて、ご紹介いたします。
自分だけのBTOパソコンを使用したい方の参考になれば、幸いです。

BTOパソコンのシェアを裏付けるデータはない?

はじめから衝撃的なタイトルでごめんなさい。
しかし、世の中のほとんどが大量生産された完成品のものが使用されているため、BTOパソコンの市場そのものが小さいのも事実です。
また、公開している企業もあるのですが、規模が小さすぎて調査対象に含まれない個人店なども存在しているため、正確な数値が出にくいということも事実です。
また、大手メーカーのグループ子会社という形態の会社もあるため、見極めにくいことも要因としてあります。

気になるBTO業界シェアは?

BTOパソコン業界のシェアを計るには、BTOパソコンに関するニュースを集める、価格コムといった比較サイトや口コミ情報を確認することが確実と思われます。

評判やインターネット上によく登場すれば、それだけシェアが高いことが予想されます。
しかし、BTOパソコンは仕様やパーツなども見極める目利きも必要のため、シェア率を予想するには相当の技術力が必要とされます。
結局は自分がどのようなカスタマイズをしたいかによるので自分が欲しい仕様を実現してくれそうな会社を選ぶことが大切です。
もちろん、価格や保証期間なども考慮する必要があります。


いかがでしたか。 BTOパソコンは自由なカスタマイズができるため、その都度、対応会社を変える必要があります。
また価格、保証期間、内容だけでなく、販売員の対応・提案力・誠意、事後対応の充実など消費者に与える感情も大切な指針となります。
それと同時に比較サイトや口コミ評価を見て、BTOパソコンの知識をつけていくことで自分に合った良いメーカーを見つけることができるでしょう。

投稿日:

ミニタワーパソコンおすすめランキング

スリムパソコンおすすめランキング

ミニパソコン(PC)人気ランキング

 ノートパソコンおすすめランキング

5位以降を見る

ゲームデスクおすすめランキング


ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら