スイッチングハブでネット環境を快適にしよう

パソコンやインターネットが当たり前になり、テレビやゲームなどネットを介して使用する機器が増え続けています。
そんなとき、ネットに繋げるLANポート数が足りなくなったという経験はありませんか?
ネットを利用する機器が増えたときに便利なのがスイッチングハブ。
スイッチングハブは、LANポートを補充してくれるだけでなく、快適なネット環境をサポートしてくれるアイテムです。

スイッチングハブと使い方

インターネットを利用する環境において、ケーブルの集線および中継を行う機器をスイッチングハブと言います。
別名は、LANスイッチ、レイヤ2スイッチ、ネットワークスイッチ。
ネットを利用する際によく見かけるようになったルーターは、概ね4つのLANポートを装備しています。(2つのみの製品もあります)5台目(又は3台目)を接続したい場合、空きが無いので接続できなくなってしまいます。
そこで便利なのがスイッチングハブです。

それでは、スイッチングハブの使い方を説明しましょう。
スイッチングハブの裏側にはLANポートがいくつも付いています。
まずはスイッチングハブの電源をON。ルーターのLANポートのどれか一つを空けて、スイッチングハブとルーターをLANケーブルで繋げます。
このとき、必ず接続しなければならないというポートはありません。
後々調整する際に分かりやすくするために、最も小さい番号か大きい番号にするといいでしょう。
スイッチングハブの残ったポートには、その他の周辺機器などルーターで足りなくなったものを接続します。
それぞれランプが点灯又は点滅すれば、無事リンクが確立した証拠です。

スイッチングハブはこんなときに便利!

スイッチングハブには大きく2つの導入メリットがあります。

ひとつめは、複数のネットワーク機器に接続できる点です。
会社や事業所など、多くの人が働く企業でよく利用されていますが、最近では家庭での需要も高まっています。
パソコンを複数台所有することも珍しくない時代です。
さらにはパソコンだけでなく、プリンタなどの周辺機器やテレビ、ブルーレイレコーダーなどもネット接続できるようになっています。

こうしたネット環境を整えるために、スイッチングハブが効果的です。
スイッチングハブをハブの選び方としては、LANケーブルをいくつ繋ぎたいかを考えてみましょう。
5ポートや8ポートなどの家庭向けの少数タイプから、12や16ポート、24ポートまで接続できるものなど幅広く展開されています。

もう一つは、スイッチング機能です。従来のハブでは、接続したポートすべてにデータを送信していました。
複数のポート間での同時通信ができず必要以上にデータが送られていたため、通信速度を大幅に低下させる原因になっていました。

しかしスイッチングハブには、スイッチング機能という送信先のポートを自動で認識して目的のポートだけに送る機能を装備。
これにより、無駄なデータ転送がなくなり通信がスムーズになりました。
また従来のハブは10/100Mbpsまでしか対応できませんでしたが、最近ではギガビット対応の製品もたくさん登場しています。
接続機器が多くスピードが必要な場合はギガビット対応がおすすめです。

スイッチングハブを活用したカスケード接続

LANポートを増やしたい場合に利用するスイッチングハブですが、それでも足りないくらい接続機器が増えた場合には、カスケード接続が便利です。
カスケード接続とは、スイッチングハブにさらにスイッチングハブを接続すること。

しかし接続する階層には制限があります。10BASE-Tは最高4段まで、100BASE-Tは最高2段までです。
スイッチングハブに装備されているカスケード用ポートを利用すればストレートケーブルでの接続が可能になり、クロスケーブルはいりません。
大規模なネットワークを要する企業などでよく活用されています。

スイッチングハブよりもさらに機能を上げたインテリジェントハブ

スイッチングハブの機能をすべて持ち合わせ、さらに遠隔ネットワーク管理にも対応したがインテリジェントハブです。
SNMP(Simple Network Management Protocol)マネージャーを利用することで、遠隔地に設置したインテリジェントハブの集中管理が可能。

ポートごとのトラフィック量を把握でき、問題が発生した場合に障害の切り分けを迅速かつ容易に行うことができます。
大規模なネットワークシステムを構築する場合に利用され、一般的な家庭用としては使われません。


最近では手頃な価格のスイッチングハブが多く販売されています。
自宅で利用するには、5ポートか8ポートのスイッチングハブがおすすめです。
必要なポート数よりプラスαを考えた数のスイッチングハブを選びましょう。

おすすめLAN用ハブ一覧おすすめLAN用ハブ一覧

投稿日:
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。