あなたにピッタリのパソコンが3分でわかる!
パソコンセルフチェック中

ご使用の目的をお選びください(複数可)ワンポイントアドバイス

  1. PC種別
    デスクトップPC
    このステップへ
    戻る
  2. 使用目的
    選択中
  3. 予算
    未選択
  4. チェック結果
ゲーム
ゲームを遊ぶのが目的ならゲーミングパソコンがおすすめです!
PCゲームを遊ぶために必要な性能を追求したパソコンで、「GeForce」シリーズをはじめとしたビデオカード(グラフィックス処理に特化したPCパーツ)を搭載しているのが特徴です。
PCゲームは複雑なグラフィックス処理を要求されるため、快適に動作させるにはビデオカードが重要になります!
インターネット
ここでは、インターネットを介して提供されている色々なコンテンツを楽しむのにぴったりなパソコンを紹介します!
動画配信サイトを利用して映画やアニメを視聴したり、ブラウザゲームを遊んだり――どのようなコンテンツを楽しむかで必要な性能が変わるので、自分の目的をよく考えた上で購入するパソコンを決めましょう!
動画編集
動画編集で特に重要なのはCPUの性能です。さらに、大容量の映像データを扱う場合はメモリ容量、編集ソフトによってはビデオカードの有無も作業効率に影響します。
エフェクトを多用したり、4K画質での映像加工といった高負荷の編集を行う場合は、高いスペックが要求されるので気をつけましょう。
イラスト・写真
イラスト(マンガ)、写真などの画像編集用のパソコンは扱う画像の種類で求められる性能が変わります。
画像編集と一言にいっても、デジタルイラストと写真では必要な性能が違ってきます。
CPUの処理速度やメモリ容量も大切ですが、特に重要なのはビデオカードの種類です。表現可能な色の多さ(色深度)などに影響するので、購入前の確認をお忘れなく!
ビジネス
事務作業などに使う仕事用のパソコンを探しているならこちら!
最近はパソコン全般の性能が上がっているので、文書作成やメール、簡単な計算・集計作業ぐらいであれば安価なモデルでもこなせます。
しかし、オフィスソフトを使用して統計などを出す場合、サンプル数が増えるほど負荷が大きくなるため、高性能なパソコンの方が快適に作業できますよ!
3DCG
ここでは3DCGの制作にぴったりなパソコンをご紹介します!
3D制作で重要になるのはCPUとメモリ、ビデオカードの3点。CPUはレンダリング速度、メモリは長時間作業時のパフォーマンス低下防止や安定性の向上、ビデオカードは3Dモデルの描画速度などに影響してきます。
また、どの3DCGソフトを使うのかも大切なポイント。ソフトごとに推奨環境が異なるので、購入前に必要なスペックの確認を忘れないようにしましょう!
DTM
ここではパソコン上で音楽編集に最適なDTM・DAW用のパソコンを紹介します!
性能で重要になるのはCPUとメモリ、ストレージ(HDDやSSDなどの記録媒体)の3点。DAWソフトを快適に動かすにはCPUの処理性能が求められますし、メモリ容量が多ければ長時間作業時の安定性が高まります。音源を保存するストレージの容量や転送速度も大切です。
いろいろな機材を使うならUSBポート数、音源収録を行う場合は静音性もポイントになります!