ドスパラは365日最短翌日出荷!

ノートパソコン内蔵カメラの使い方、ウェブカメラの使い方、WEB会議ソフト ZoomやSkypeの特長もご紹介

ノートパソコン内蔵カメラ(ウェブカメラ)を使った、テレワーク、在宅ワークでのWEBミーティング、WEB会議などの需要が急上昇中です。
インターネットを使って、ノートパソコン内蔵カメラやウェブカメラでWEB会議、WEBミーティング、無料のテレビ電話をなどを行うことができます。
この記事では、ノートパソコン内蔵カメラの使用例として、WEB会議ソフト ZoomやSkypeなどのメッセンジャーソフトの使用例などをご紹介します。

使わなきゃもったいない♪WEBカメラ

文書作成やインターネットを使った情報収集を中心に使用しているユーザーにはあまり馴染みがないかもしれませんが、パソコンにカメラが内蔵されていたら、ぜひ使ってみましょう。

内蔵カメラは液晶モニターの上部に埋め込まれており、モニター自体がカメラのモニターの役割を兼ねています。

インターネット環境が整っている場所であれば、モニターを通じて(正確にはカメラ)フェイスチャットを行うことができます。

「顔を見ながら話す必要性がない」「チャットする機会がない」という方もいるかもしれませんが、ビジネスでノートパソコンを使う場合には、マシンの使用範囲がさらに広がるのでビジネスマンには特におすすめです。

例えばカメラを使って単純にデジタルカメラの代わりに利用したり、もしくは在宅で作業をしているようなリモートワークのビジネスマンなら、カメラを使って取引先と顔を見ながら打ち合わせをすることもできます。

スピーカーとマイクも駆使して大規模な会議にも対応できる

前の章では、ビジネスシーンでのチャットにも使える、とお話しました。担当者との打ち合わせのほかにも、大人数での会議でもカメラを使うことができます。

例えばどこか大きな会議室で打ち合わせをする場合、大勢の人が同じ室内にいる場合はスピーカーを設定しておきます。
するとイヤホンやヘッドセットを使わなくても、ノートパソコンのスピーカーから声が聞こえてくるので便利です。

同時に発言する側はマイクを設置することで周囲の音が拾いやすく、不特定多数の人が発言しやすくなります。
頻繁に会えなくても顔を見ながら話すことができるので、電話のように「顔が見えないから寂しい」「もっと孫と会いたい」といった場合でも不自由することなく会話ができます。

カメラを使うときはソフトを起動させて会話をする必要がありますが、大抵のソフトは無料でダウンロードができるうえ、インターネットを通じた会話するので無料でコミュニケーションができるのも魅力のひとつです。

Skypeやメッセンジャーを使えばもっと便利に!

ノートパソコンの内蔵カメラを使うときはフリーの会話(チャット)用ソフトを使用しましょう。

大半のソフトが無料で手に入るので費用は必要ありません。
またWi-Fi環境でなければ、映像どころか音声もままならないことがあるので回線が強い環境で使いましょう。

Wi-Fi環境が確保できたらソフトをダウンロードしましょう。

有名どころではSkypeやYahoo!メッセンジャー、Apple製品の場合はFaceTime(Apple製品に内蔵済)などがあります。これらを介してチャットを行います。

どのソフトもチャットへの接続は簡単にできますので、各ソフトの説明に従ってつなげてみましょう。
つなげる場合は通話する相手も同じソフトをたちあげている必要がありますので、事前に会話する日時を決めておくとスムーズです。

ビジネスシーンで活用されるWEB会議ツールZoomとは?

上に挙げたソフトの他に、特にビジネスシーンで活用されるものとして、WEB会議ツールのZoomがあります。
Zoomは、複数人でのWEB会議を快適に行うことができるツールで、参加者が別々の場所にいる場合であっても、オンライン上でミーティングを実施することが可能になります。
Zoomでは、参加者がそれぞれカメラとマイクを使って、オンライン上のWEB会議でやり取りをします。そのため、内蔵カメラを使えば、自身の顔を映しながら参加することができます。
リモートワークをしている時などでも、お互いの顔を見ながら複数人でのミーティングを行うことができるため、よりスムーズなコミュニケーションが実現します。こういった背景から、活用される機会がとても増えているツールです。
Zoomには、さまざまな拡張機能が使える有料プランがありますが、無料でも十分に基本的な機能を使うことができます。
まずは無料アカウントで、ZoomでのWEB会議を試してみると良いでしょう。

どう使い分ける?ZoomとSkypeを比較

従来から広く使われているSkypeと、近年になって利用される機会が増えたZoom。この2つの通話ソフトの使い分けに悩まれる方もいるかもしれません。
Skypeは、個人のアカウント同士で繋がるビデオ通話ソフトです。もちろんグループ通話をすることもできますが、参加者がお互いのIDを事前に登録しておく必要があります。
一方、Zoomは個人のアカウント同士でのID登録が不要です。招待URLのクリックもしくはミーティングIDの入力によって、オンライン上の会議室に集合する形を取っていることが大きな特長です。
同時に参加できる人数は、Skypeは最大25人、Zoomは最大50人。また、Zoomには録画・録音やホワイトボード共有などの機能があります。
Skypeに比べ、Zoomはビジネスシーンでの活用を想定した機能が充実しています。このような特長を踏まえ、目的や場面に応じて使い分けるのがベストと言えるでしょう。

いかがでしたか? ビジネスマンやフリーランサーにとって、インターネットを介して打ち合わせや会議ができると、仕事範囲が格段に広がってビジネスチャンスにもつながりますよね。
普段は目立たない内蔵カメラですが、いざという時は役に立つすぐれもの。ぜひこの機会に、カメラを活用してみてはいかがでしょうか。きっと手放せなくなりますよ♪


更新日:
投稿日:

 ノートパソコン人気ランキング

5位以降を見る

もっと見る
もっと見る

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら