365日、毎日出荷!最短翌日出荷のパソコン通販 ドスパラ

ポイント大抽選会

G.SKILL F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)

満足度 ★★★★★ (レビュー:79件)

5
5
  • G.SKILL  F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)
  • G.SKILL  F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)

18,980(税込) 送料無料

出荷予定: 24時間以内に出荷

数量 お一人様10個まで
amazon pay使えます。

この商品のみでレジに進みます。

購入前に注文の詳細を確認できます。


▶在庫のある店舗はこちら

  • こちらの商品はXMP2.0対応のオーバークロックメモリです。
    オーバークロックで動作させる場合、マザーボードのBIOS設定にて手動でXMPを有効に変更する必要があります。
    また、オーバークロック動作はすべての組み合わせを保証するものではございません。予めご了承ください。
  • 設定例
    XMP2.0: DDR4-3600 CL19-20-20-40 1.35Volt / SPD: DDR4-2133 1.20Volt

画像はイメージであり、実際の製品とは異なる場合がございます。

情報更新日:21-06-17

商品コード:453576-154114

製品詳細

容量 32GB (16GBx2)
規格 DDR4-3600
速度 PC4-28800
SPD DDR4-2133

保証・初期不良について

数量 お一人様10個まで
amazon pay使えます。

この商品のみでレジに進みます。

購入前に注文の詳細を確認できます。

G.SKILL F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組)に対する評価

お勧め度: 92.7%(★★★★★

評価者数:79人

お客様のレビュー


お勧め度:★★★★★ 5 5

AsRock B450 steellegendとの組み合わせで3600で動いてます。安定もしてるので満足。


お勧め度:★★★★★ 5 5

エアパッキンでこれでもか!と超絶丁寧梱包されて届きました。Z390 8700kでCitiesSkylinesのためにこれを2つ計64GB購入。使い始めて2週間ほどXMP2.0で3600MHz動作しております。少し前に16GB×4をギリ2万円台で買い損ねたのでチョットだけ高くなりましたが満足です。


お勧め度:★★★★★ 5 5

快適に使用しています。


お勧め度:★★ 5 2

いろいろパーツを入れ替えたらPCが不調になった。パーツをそれぞれ色々調べ、最終的に1枚挿しして調べ、このメモリー2枚のうち1枚が不良品だったことが判明した。ということで返品します。商品サポートセンターの返品対応は悪くなかったので★1個オン。


お勧め度:★★★★ 5 4

PRIME Z490-Pに組みました。BIOSでXMP1に変更すると起動できず、DDR4-2933が限界でした。原因はメモリを差す位置がA1・B1スロットであった為と判明。マニュアル上では絵にA2・B2スロットが書いてありましたが説明文はありませんでした。DDR4-3700の設定までは動作する様です。


お勧め度:★★★★★ 5 5

GSKILLのメモリーいいですね、不具合もなく使えてます。


お勧め度:★★★★★ 5 5

PC4-2400からの載せ替えでゲームでカクカクとまる事がなくなりました。cpu は AMD 3800TX です。


お勧め度:★★★★ 5 4

メモリクロックによって性能に差が出るRYZEN7 1700環境で使用する為に購入。初代RYZENでは3200MHZ動作が限界だが、将来のZEN2へのアップデートも考慮し、DDR4-3600のメモリを選択。結果、HYNIX製DRAMとは相性が悪いにもかかわらず、3200MHZで安定動作。性能は5%程度向上したが、消費電力が20W程度増加。ワットパフォーマンス的には2666MHZ使用がベストだったので、結局2666MHZで使用しています。その後、SAMSUNG製メモリを2枚追加し、4枚構成になりましたが、初代RYZENはメモリ4枚刺しがシビアにもかかわらず2666MHZで安定動作しています。ちなみに使用マザーはX370 GAMING K4です。旧世代RYZEN用メモリとしての購入も悪くなさそうです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

PCの電源OFFして既存のメモリを抜いて差し替えて電源入れるだけで問題なく起動しました!


お勧め度:★★★★★ 5 5

ryzen 9 5900x Steel legendマザボで、XMP自動でスペック通りに正常に動作してます。


お勧め度:★★★★★ 5 5

このスペック帯ではかなり安い値段だったのでちょっと心配していましたが 3600で問題なく動いています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

B450のマザーボードに取り付けました。迷彩柄の部分の高さがありますので、小型のPCには向きません。私はトップフローのCPUクーラーに干渉したため、クーラーの向きを180度回転させました。詳しくは分かりませんが、予め記憶されている3600mhzでそのまま設定しました。FF14のベンチマークスコアが約2000ほど上がりました。交換前のRAMは旧型でマザーボードに対応しておらず、ゲームなどで負荷がかかると勝手に再起動やメモリーマネージメントのブルースクリーンが多発して毎度ドキドキしておりました。このRAMに交換し高負荷をかけましたが、今のところ何も起きておりません。買って良かったとほっとしているところです。パッケージにはIntelシールが貼ってあるので、もしかするとそちらの方で本領発揮するのかも知れません。


お勧め度:★★★★ 5 4

商品説明はCL19ですが Asus B550 GAMING-F(WIFI)で使用するとXMP2.0読ませてもCL20で認識します。ほかは問題なく3600で回ってます。


お勧め度:★★★★★ 5 5

動画編集や何種類かのソフトを立ち上げて使うため 32ギガではPCが引っ掛かるような動きだった 思い切って64ギガに増やしだ所、快適になった


お勧め度:★★★★★ 5 5

値段もお手頃で問題もなく良かったです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

ASUS ROG STRIX Z490-F GAMINGで使用、問題なく使用してます。


お勧め度:★★★★★ 5 5

ASERoc のマザーに取り付けましたが、最速で認識してくれました。費用対効果は非常に良い製品です


お勧め度:★★★★★ 5 5

Ryzen 3950X、MSI X570 Gaming Edge Wi-Fiと組み合わせて4枚、64GB使用。全くトラブルなく3600MHz定格で運用中。コスパ良し!


お勧め度:★★★★★ 5 5

コスパも良く満足してます。初期不良、相性等の問題もなく、快適です。


お勧め度:★★★★★ 5 5

ハイエンドに憧れ、この商品を購入しました。速度等も十分で買ってよかったです。大満足でした。


お勧め度:★★★★★ 5 5

発送も早く、使用についても全然問題ありません。


お勧め度:★★★★★ 5 5

皆さん購入されているように問題なく動作できています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

MSIz390マザーボードで問題なく作動。


お勧め度:★★★★ 5 4

品質に問題はなく、良好 しかし、少し太いものでした マザーボードとCPUクーラーによっては干渉します


お勧め度:★★★★★ 5 5

ASRock B550 Steel Legendで、XMP読み込みをして3600MHz動作で使用しています。メモリ本体は光りませんがマザーボードと同じ迷彩柄なので見た目の相性も良いです。負荷をかけたテストはしていませんが安定して動作していますし、大容量のOCメモリとしてもおススメです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

当たり前ですが大分はやくなりました。 お店の発送等対応も驚くほど早くほんとにすぐ来ました。 コロナの時期なので遅くなるかなと懸念はしていたのですが。 満足です。 有難う御座いました。


お勧め度:★★★★★ 5 5

AsusのZ390-F i7-9700kに装着して使用しています。 XMPに3600があったのでそのまま適用しました。 動作は安定しています。


お勧め度:★★★★★ 5 5


お勧め度:★★★★★ 5 5

B450 SteelLegend(bios3.20)にて3600で無事起動、一通りのメモリテストもクリアしました。


お勧め度:★★★★★ 5 5

少し大きめでしたが、静穏性、冷却ともに良かったです


お勧め度:★★★★★ 5 5

G.SKILL F4-3600C19D-32GSXWB (DDR4 PC4-28800 16GB 2枚組) 通販で購入させて頂きました。梱包も丁寧で完璧でした。 性能も必要にして十分! 私のPCに最適なメモリーで数日稼働中ですが、安定し続けております。 ありがとうございました。


お勧め度:★★★★★ 5 5

Z370に載せて何の問題もなく稼働しております。すばらしい。


お勧め度:★★★ 5 3

2枚組メモリでしたが、最初は1枚しか認識しませんでした。 認識しないほうのメモリを何度か差しなおしてようやく2枚とも認識しました。(途中でPC電源ON後、画面が真っ暗のままうんともすんとも言わなくなることもあり、焦りましたが・・) 現時点では正常に動いているようなので、しばらくこのまま使用します。(メモリの問題か、それともM/Bソケットの問題なのか、疑問なところです。)


お勧め度:★★★ 5 3

ryzen5 2600用に購入いたしました。M/Bとの相性等もあったのかもしれませんがOCで3333Mhzでは挙動が安定せず、2933Mhzで安定して動いています。他の方のレビューにもあるとおりcpuやM/Bによっては3600Mhzでのoc動作は難しいかもしれません。あと注意点としてBIOSから設定をしないとダメです。ただ、お値段を考えれば多少設定回りを変えたり挙動が安定するまで色々することになってもお得な買い物だと思います


お勧め度:★★★★★ 5 5

新しい自作PCのメモリを探していたところ「OSセット」で販売されているのを見つけ、「OSセット」と「メモリ2枚組」を購入しました。メモリは2枚ずつの別セットなのに何と4枚のメモリのシリアルナンバーがつながっているではありませんか!何かうれしいです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

B450 Steel Legendと組み合わせて運用していますがXMPプロファイルの3600で動作しています。memtestでもエラーなしで安定しています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

相性問題は発生しなかった。


お勧め度:★★★★ 5 4

Ryzen2600,MSI B350M BAZOOKAにこのメモリを組み込んで運用しています。XMP設定を読み込み3600MHzで運用しようとしたら起動しなかったので別のXMPを読み込んで3333MHzで運用してうまく行っています。色々とレビューを見ましたが、多分3600MHzでの運用は難しいと思います。 まあ、一応3333MHzで運用出来るので満足です


お勧め度:★★★★★ 5 5

起動時間、処理時間を短縮化する手段としてCPUのランクUPも有効ですが気軽スピードUPはメモリー増設でも十分体験出来ました。


お勧め度:★★★★★ 5 5

不良も無く、快適なPCスペックになりました!価格もリーズナブルで有難い!


お勧め度:★★★★★ 5 5


お勧め度:★★★★★ 5 5

Intel i9-9900K+ASUS TUF Z390-PLUS GAMINGで使っています。 問題なく動いています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

問題なく稼働しています


お勧め度:★★★★★ 5 5

ASRock B450 Steel Legend上で3600設定で安定動作しています。メモリーテストもエラーなし。


お勧め度: 5 1

Ryzen9 3900XとMSI B450 Gaming Plus MAXの組み合わせでXMPの3600が動作せず。手動で3200まで落とすと動くが当初目的は果たせず、この組み合わせで購入する方は注意が必要です。


お勧め度:★★★★★ 5 5

biosでプロファイルをあててDDR4-3600で運用できてます。


お勧め度: 5 1

M/BUEFIのアップデートCMOSクリアまで行いましたが3000MHzでないと作動しません。


お勧め度:★★★★★ 5 5

Ryzen 3000s CPUを使った自作PCのために選択しました。構成は以下のとおりです。Ryzen 7 3700X、Asus PRIME X570-PRO/CSM(X570)、GSKILL GSK F4-3600C19-32GSXWB、CFD CSSD-M2B1TPG3VNF(Gen4)、Asus DUAL-GTX1660TI-6G、W.D WD40EZRZ-RT2(4TB)、Win10 DPS版以上ドスパラにて購入。注文から2日後に配送されました。電源:Win Power、ケース:CM690 流用愛用のWin7がサポート終了となるため、泣く泣く更新しました。軽い自宅作業とライトゲームが用途なので、スペックは十分です。SSDに Win10とアプリ。HDDにゲーム、データなどの構成です。M/B Bios は 1.0.0.2 でしたが、D.O.C.P.の設定によりメモリは3600MHzで作動しています。他は全く触っていません。one drive を切っているだけですが、起動時間は驚くほど短いです。Bench はTime SPY 6592、Fire Strike 14661、CINEBENCH 4644 でした。期待通りの効果が出ました。価格も安く満足しています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

安くていいメモリ。動作確認がないから安いとの事でしたが、今時は大丈夫だと思い買い無事動きました。いい買い物したとおもってます


お勧め度:★★★★★ 5 5

2700xmsi x470 gaming plusで4枚使用しました自分の環境では2800mhzが限界でした3000番台を使用すれば3600mhz出せると思います。


お勧め度:★★★★★ 5 5

マザーボード:Taichi X570CPU:Ryzen3900xで組んでみていますが、bios 立ち上がらないです......


お勧め度:★★★★★ 5 5

安くて結構高速なメモリを手に入れられるということで、かなりの人気商品。3600そのままで動作させることは結構難しく、多くの人は3200で動かしているものと思われる。3200であれば、IntelでもAMDでもまず動作するだろう。


お勧め度:★★★★★ 5 5

安かったので購入。Ryzen7 2700Xに積んでいるが、問題なく動作している。


お勧め度:★★★★★ 5 5

この価格でこのスペックは破格OCできっちり3600mhz出ます


お勧め度:★★★★★ 5 5

ryzen7 3700x とTUF B450M-PLUS GAMINGの組み合わせで使用していますが、XMP設定でエラーもなく使えています。安くて良い買い物でした。


お勧め度:★★★★★ 5 5

翌日届いて、すぐ問題なく使えました。


お勧め度:★★★★★ 5 5

問題なくMemtest86+passしました


お勧め度:★★★★ 5 4

タイトルの組み合わせでPCを新しく組んだ際にこのメモリを選んだ OCなしでOSインストール後、UEFI BIOSのOC設定をAutoからD.O.C.Pに設定を変更しただけだが問題なく3600MHzで動作している 価格は購入時にはネット販売の中ではほぼ最安値で、発送、包装も適切でよかったが、ドスパラアプリを使わないと送料無料等のサービスが受けられないのは残念だった


お勧め度:★★★★★ 5 5


お勧め度:★★★★★ 5 5

8月下旬に2枚組購入し、XMPでDDR4-3600 Mword/s(clock 1800MHz)動作させていました。1か月後に、RAM Disk導入のため、2枚追加購入し、非XMPで手動チューニングを行い、4枚挿し64GBで、DDR4-3600動作させています。本品のXMPは、2枚挿しでのパラメータ値のようで、4枚挿しの場合には、全く動作せず、手動でタイミング値をチューニングしないと、DDR4-3600動作まで引き上げられませんでした。また、マザーボードのInfinity Fabricは、自動だと半分の900MHzにされてしまうため、こちらも手動で、1800MHz(DDR4と同clock)にしてあげる必要がありました。Ryzenシリーズは、Infinity Fabric Freq. (North Bridge Freq.) をDDR4と同Freq.で動かすことがパフォーマンス上、大切なポイントとなります。主メモリ 16GB と RAM Disk 48GB の割振りで動画編集&Enc、写真現像の一時作業ファイル用に、RAM Diskを使用してます。非常にサクサク動作となり感激です。SSDでも良いのですが、多数のGB単位のファイルを頻繁に書換えるため、SSDの書込み寿命を計算するとやはりRAM Diskとなりました。RAM Diskの速度は、CrystalDiskMarkで、RD 9288、WR 14919 (MB/s)となり、M.2 Gen4 PCIEx経由 x4倍速 RD/WR 約5000、SATA経由 RD/WR 約500 (MB/s)よりも高速になります。なお、しばらく、本品を4枚挿しOC DDR4-3600@1.35V(手動チューニング)で問題なく動作していましたが、4枚挿しはスロット密集となり、発熱が予想より高かったので、1.2VでのOC DDR4-3600の常用動作に向けた手動チューニングを再度行い、4枚挿し発熱を抑えました。MemTest86(1パス当たり約2.5時間かかります)、CineBench、3DMarkで動作検証し、その後も常用OC動作は、問題なく稼働しています。参考に、My動作環境と本品DDR4タイミング設定は以下の通りです。常用OC CPU 4.1GHz@1.2V固定、 本品 4枚挿し DDR4-3600 1.2V 非XMPOS Win10 Pro 1903 (Ryzen対応Ver)CPU AMD 3700X 8Core/16ThreadMB ASRock X570 Pro4 BIOS Ver1.7 リテールクーラ使用DRAM 本品 DDR4-3600 16GB x4枚挿し 計64GB SK-HynixチップGPU GigaByte GTX-1060 6GBSSD 東芝 TLC 500GB 2.5インチ SATAHDD Seagate 4TB x2台 RAID0 計8TB SATA電源 Antec 450W PLATINUMNAS Synology WD 3TB x3台 RAID0 計9TB 有線LANMon LG IPS 24インチ FULL HD HDMI本品設定値(4枚挿し1.35Vから1.20Vへ低減した後の再チューニング参考値)DDR4-3600 Mword/s (clock 1800MHz) 4枚挿し@1.2V / Infinity Fabric 1800MHz。Command Rate (CR)=1T固定。超OC時でやむなし以外2Tを選択しないこと。16GBx4 DDR4-3600 22-22-22-42-64-4-9-44-631-469-289-1T (非XMP@1.2V)16GBx4 DDR4-2133 15-15-15-36-50-4-6-23-374-278-171-1T (純SPD@1.2V)なお、上記My動作環境では、本品4枚挿しを1.2Vで、一段上のDDR4-3733 Mword/s (clock 1866MHz)で動作させることはできませんでした。私には常用OCとしてこれ以上は必要ありませんが、DDR4-3733 (Infinity Fablic 1866MHz)を狙いたい方は、Samsungチップ搭載DDR4を選んだ方が良いかもしれません。本品搭載のSK-Hynixチップは電圧盛っても熱になるだけで、これ以上OCは伸びないようです。なお、Hynixは世界3大DRAMメジャーの一つであり、決して2流品ではありません。現在の底値?から見れば、常用OC用として、コストパフォーマンス的には、Samsung、Micronチップ搭載のDDR4より優れていると思います。


お勧め度:★★★★★ 5 5

TUF B450M Plus Gamingと3700Xの組み合わせで3600動作可能でした。ただし、XMP設定を読み込んだだけでは少し不安定で、メモリテストでもエラーがちょくちょく出る感じでした。CLを20に上げることで安定しました。マザーボードのメモリサポートが3200までとなっているため、厳しいかなと思っていましたが、少しの設定変更で安定したので良かったです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

安いうちにと思い、追加購入しました。 いまのところ好調です。


お勧め度:★★★★★ 5 5

Ryzen9 3900XでDDR4-3600として使用できています。


お勧め度:★★★★★ 5 5

マザーボードの対応リストにはなかったが問題なく動いていま


お勧め度:★★★★★ 5 5

Ryzen用にチョイスしました。マザーの設定でDDR4-3600設定にするだけでOC駆動するので重宝しています。このシリーズはかなり安定しており性能通り効果が期待できます。お勧めです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

特にいじらなくても3600できっちり起動したのでびっくりしました。 動作も安定しているので素晴らしい限りです。


お勧め度:★★★★★ 5 5

M/BはX470 Gaming 5 WIFIで確認。規定通り3600MHzは出ていました。


お勧め度:★★★★ 5 4

購入してから、まだ安くなっていてちょっとショックです


お勧め度:★★★★★ 5 5

3900Xで運用してますがXMP読み込みで3600が難なく出ました。 ただ、マザーボードに差すところによっては思った数値にでないことがあるのでそこだけ注意ですね。


お勧め度:★★★★★ 5 5

クリエイター向きが欲しかったのでコレになりました。 即納!安価!大容量!というメモリセットなのが楽で良いですね。 ダブルランクだから四枚刺しはどうせ無理だとは思いますが、次回購入時にでも考えるとしましょう。 Ryzen3600 B450M-Pro Gameingで3200動作までですね。十分です。 3600動作は不安定で面倒くさかった。


お勧め度:★★★★★ 5 5

普通に使えました


お勧め度:★★★★ 5 4

x370 taichiとAMD 2600Xのメモリー増設用として8GBx2の物と交換。XMP読込ではmemtest86 でエラー発生、XMP設定(19-20-20-40 1.35V)では3400まで下げればエラーは出ませんでした。レイテンシ優先で16-20-20後は自動設定で1.2V環境でもエラーが出なかったので、これで運用してます。X570マザーボートと3000シリーズCPUならXMP読込で動くかもしrてませんが、自分の環境ではこんなもんでしょう。


お勧め度:★★★★★ 5 5

電源ケーブルがどこかに行ったせいか電源の仕様そのもののせいか、MBに刺す供給用ケーブルが少し足りておらず高クロック動作は出来ませんでした。電力不足で起動しないだけなので当然と言えば当然ですが、購入の際はその点確認してみるべきでしょう。電源と一緒に購入すべき場合があるかもしれません。


お勧め度:★★★★★ 5 5

スペック通りに動いてます。


お勧め度:★★★★★ 5 5

以前は8g×2を使用していましたがこの商品に交換してから快適にpcの作業ができます


お勧め度:★★★★★ 5 5


お勧め度:★★★★★ 5 5

CPU:AMD Ryzen 7 2700X BOXM/B:BIOSTAR X470GTNメモリ:G.SKILL SNIPER X F4-3600C19D-32GSXWB(DDR4-3600 PC4-28800 CL19-20-20-40 1.35V 16Gx2=32GB)ビデオカード:Colorful GeForce RTX 2080 CHメーカーではRyzenでの動作は記載されていませんが、上記環境で問題なく動作しています。M/Bの簡易設定では、3200(OC)までなので、オーバースペックではありますが、安定して動作しています。あまりデザインにはこだわりませんが、ヒートシンクもさほど大きくなくスモールPCにも良い感じです。最近メモリの価格が下がっており掴みやすい感じですが、この性能でこの価格はお買い得では


お勧め度:★★★ 5 3

問題なく動作。価格が高いのが残念


お勧め度: 5 1

16Gから32Gに増設。 ちゃんと動いています。

この商品を買ったユーザーに質問する

実際に購入したユーザーに質問ができます。
質問内容は、回答がつくと掲載されます。

質問方法

1. 「この商品について質問する」をクリック。質問内容・名前(ニックネームOK)・メールアドレスを入力。
2. 「投稿する」ボタンをクリック。その後、ご入力いただきましたメールアドレスに確認のメールが届きます。
3. メール内にある「質問の投稿を申請する」ボタンをクリック。以上で質問完了です。
質問に回答されると、質問者のメールアドレスに回答内容が届き、後日WEBに反映されます。

— 購入をご検討中の方へ —
ドスパラで購入するメリットをご紹介します

  • 100%国内生産

  • 24時間365日
    サポート

  • 最長5年延長保証

ドスパラには他にも魅力がたくさん!

メモリとは

メモリとはPCに内蔵されるパーツのひとつでメインメモリやDRAMなどと呼ばれることもあります。
PC作業を効率化するため、記憶装置(HDDやSSDなど)から読み出したデータを一時的に保存する機能を持っています。
メモリには、主にデスクトップPC用・ノートPC用の2種類があり、その中でもさらにDDR3DDR4とそれぞれ規格が異なるものがあります。最新のメモリ規格はDDR4です。

デスクトップ用メモリの種類と正しい選び方

パソコンの動作が遅いと感じるのであれば、もしかしたらメモリ不足なのかもしれません。不要なソフトウェアなどを削除しても状況に変化が見られないのであれば、デスクトップ用メモリを追加することで改善することができます。メモリの主な種類と特徴について、概要をまとめましたので、選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

メモリの主な種類を見てみよう

デスクトップ用メモリには、主に4種類の規格があります。1つ目としては、ピン数200の「DDR SDRAM」(ディーディーアール・エスディーラム)が挙げられます。スペックとしては、最高クロック周波数が400MHz、最高データ転送速度は毎秒3.2GBのものがあり、どちらかと言えば古いタイプに分類されているものです。2つ目は、ピン数240の「DDR2 SDRAM」で、なかにはクロック周波数が1200MHz、データ転送速度は毎秒9.6GBといったハイスペックのモデルもあります。3つ目として、現在主流となっている「DDR3 SDRAM」があり、なかにはクロック周波数が2133MHzで、データ転送速度が毎秒17.06GBのものも販売されています。4つ目として、最新規格の「DDR4 SDRAM」があり、クロック周波数は2666MHz、データ転送速度は21.3GBに対応したハイスペックモデルも存在しています。売れ筋は、市場の約65%を占める「DDR3 SDRAM」で、次に約30%を占める「DDR4 SDRAM」が続きます。

メモリの正しい選び方とは

デスクトップ用メモリは、保有しているパソコンのマザーボードの規格に合わせて選ぶ必要があります。なお、一般的にマザーボードは複数規格のメモリに対応していることから、できるだけパソコンの性能を向上させたい場合には、よりハイスペックのメモリ規格を選ぶことをお勧めします。すなわち、自分のパソコンのマザーボードが「DDR2 SDRAM」と「DDR3 SDRAM」の両方に対応しているのであれば、「DDR3 SDRAM」のメモリを増設することによりデータ処理能力を最大限に高めることができます。なお、パソコンの仕様書を確認しても、どのメモリ規格に対応しているのか分からない場合には、確実に動作することが分かっている搭載済のメモリ規格と同一のものを選んでおけば安心です。ちなみに、デスクトップ用メモリの人気メーカーとしては、「Corsair」や「Silicon Power」、「CFD」や「キングストン」といったところがあり、4社で市場全体の約半分を占めています。価格帯は、7,000円台から9,000円が主流ですが、3,000円未満の比較的安価なものも販売されています。

メモリ増設の際に注意すべきこととは

パソコンにメモリの増設をおこなう場合、メモリを新たに購入する前に、メモリスロットの空きがあるかどうか確認しておきましょう。もし空きがない場合には、既存のデスクトップ用メモリを取り外してから、よりハイスペックのメモリに交換することになりますので、選ぶべきモデルが変わってくる可能性があります。さらに、パソコンの仕様書に記述されている「最大メモリ容量」を確認し、どれくらいまでメモリを搭載できるか確認しておきましょう。例えば、最大2GBと表記されているのであれば、2GB以上のメモリを差し込んだとしても、うまく動作しないことがあります。もし、デュアルチャネル対応可能のパソコンであれば、同じ容量のメモリを2枚合わせて搭載することで、パフォーマンスの向上が期待できます。もちろん、容量が異なるメモリを2枚組み合わせてスロットに差し込んでも、動作自体には問題ないようです。

パソコンのメモリの増設や交換をおこなうことは、初心者には難しいと敬遠されがちですが、実は簡単にだれでもできる仕組みとなっています。自分のパソコン環境に合ったメモリを購入して指定のスロットに差し込めば、追加されたメモリはパソコンが自動的に認識するため、その後の難しい設定作業は必要ありません。

ノート用メモリ交換は難しくない!メモリ交換でパソコンが軽快に!

パソコンを使用していてメモリ不足が原因で、使用時にストレスを感じるような場合、おすすめなのは、メモリの交換や増設です。ノートパソコンも、多くの場合、後からメモリを交換したり、増設したりすることが可能です。デスクトップに比べて、ノートパソコンのパーツの交換はハードルが高いと考える人も少なくないようですが、メモリの交換は、いくつかのポイントさえ押さえれば、それ程、難しくありません。

初心者だってOK!ノートパソコンのメモリの交換は難しくない

ノートパソコンでのメモリ交換は、基本的にはドライバーさえ用意すれば、誰でも簡単に行うことができます。一般には次の3ステップで行うことができます。

1. ノートパソコンを裏返してバッテリーを外す
2. ネジを外してカバーを開ける
3. メモリスロットのメモリを交換する

ノート用メモリの交換では注意が必要になりますが、それ程、難しいことではありません。また、交換だけではなく、メモリに空きスロットがあれば増設することも可能です。取り付け時には、スロットにメモリがカチッとはまるように差し込むこと。メモリを設置した後、そのメモリが認識されているかどうかは、システムのプロパティを使って容量を確認します。意外と簡単なノート用メモリの交換ですが、もちろん、注意も必要です。特に、メモリ交換時に端子部分に触ると静電気で故障してしまうことがあるので、静電気には注意が必要なのです。

デスクトップ用メモリをノート用メモリとして使用できる?

意外に簡単なノート用メモリの交換や増設。「では、早速やってみようかな?」と思ったところで、必要になるのはメモリの準備です。さて、ここで問題になるのが、どんなメモリを使用するかということですね。たとえば、使用していないデスクトップのメモリを使うことはできるのかと言うと、残念ながら、ノート用メモリとして使用することはできません。メモリには色々な種類があり、どのメモリでも使えるわけではないのです。デスクトップ用メモリとノート用メモリでは形状やインタフェースに違いがあり、デスクトップ用メモリの外観は細長く、ノート用メモリはサイズが小さくなります。

使っていない古いノート用メモリを最新のノートパソコンに挿すことはできる?

では、ノート用のメモリであれば、古いノートパソコンのメモリを最新のノートパソコンに挿せるのかというと、使用できない場合も少なくありません。なぜかと言うと、同じノート用のメモリでも、DDR、DDR2、DDR3、DDR4といった規格の違いがあるからです。DDR2というのは、Windows XPやVistaでよく使われていた規格で、最近ではあまり使われることがなくなりました。最近のノートパソコンでよく使われているのはDDR3やDDR4。DDR3からDDR4と数字が上がると、世代が上がるのですが、一般にデータ転送速度も速くなります。では、「現在、DDR3のメモリならDDR4に交換すれば良いの?」と言うと、実はDDR3とDDR4の間では互換性がないため、交換することができません。

マザーボードでメモリも決まる

メモリは、同じDDR3でも、PC3-12800、PC3-10600、PC3-8500 といった違いがあり、数字が違うと、最大データ転送速度や動作周波数も変わります。なお、数字が大きくなる程、転送速度が速くなります。では、PC3-12800、PC3L-12800というようにLの文字が入っている場合、何が違うのかというと、電圧の違いになります。たとえばPC3L-12800のように、Lがある場合は、低電圧に対応しています。このようにノート用メモリには色々な種類があるのですが、メモリの違いはマザーボードがどのメモリに対応しているかということと関係しています。マザーボードによって、対応メモリだけではなく、最大搭載可能メモリも決まっていて、メモリは無限に増やせるわけではありません。メモリを準備する場合は、メモリ交換するパソコンで使用できるメモリの規格、最大搭載可能メモリやメモリスロットの数についてもチェックしておきましょう。

どのメーカーのメモリがおすすめ?売れ筋商品は?

では、実際にメモリを選ぶときに、どんなメモリを選べば良いのかというと、おすすめは、店頭やネットショップで売れ筋のメモリを選ぶことです。多くのユーザに人気がある商品には、それなりの理由があるものです。メモリを選ぶときも、売れ筋の商品を選ぶと失敗が少なくなるでしょう。では、どんなメーカーの商品が人気があるかというと、数ある良品を輩出しているメーカーの中でも、次のようなメーカーの商品が性能面で充実しているだけではなくコストパフォーマンスの良いことでも定評があるようです。

・ADATA
・CFD
・Crucial
・Kingston

ADATAの場合は、モジュール規格PC3L-12800、チップ規格DDR3L-1600の「ADDS1600W4G-11R」や「ADDS1600W8G-11R」、「AD3S1333W4G9-R」など、またKinGstonでは「KVR16LS11/4」などがコストパフォーマンスにも優れていて人気があり、売れ筋商品となっています。その他、G.SKILL、CFD 、Crucialなどもおすすめできるメーカーです。

パソコンの動作が重く感じられる場合、メモリが原因になっていることも多いようです。通常、ほとんどのノートPCでメモリの交換が可能なので、動作が遅いと感じたら性能の良いメモリと交換してみると良いでしょう。注意しなければならないのは、メモリの種類を間違えないようにするということです。メモリ選びに注意すれば、実際に交換したり増設したりすることは、それ程、難しいことではありません。