BTOマシン デジノスをマルチモニタ化したい時の対処法

BTOマシン デジノスをマルチモニタ化したい時の対処法

4台のモニタを画面表示させる事例について

今回のご相談内容は、お手持ちの当社製パソコンにおいて株の取引を行いたいため、2台ではなく4台のモニタで画面表示が出来るようにしたいというご要望でした。
WindowsのOS上からだけでは複数モニタの追加の設定が出来ない仕組みになっているため、搭載されている機能である「UEFI設定」から画面を4台以上で設定できるように変更を行い、4台のモニタで画面出力が出来るようセットアップいたしました。

ご自宅ですぐにお使いいただけるようにしてお引き渡しいたしました。
設定料金は、モニタの複数画面出力設定で4,000円です。
対処方法がすぐに判明したため作業時間30分でお引き渡しできました。

マルチモニタ化したい時の予備知識

お手持ちのパソコンの画面を複数モニタに画面出力する、いわゆるマルチモニタにする方法はいくつかあります。
このマルチモニタにするメリットは擬似的に一つの大きなモニタ画面で見ることが出来る点、またメインのモニタで仕事をやりながらもう一つのモニタで別のソフトを立ち上げて画面を見られたり、片方の画面では動画を見ながら作業が出来るなど効率化や1台のパソコンをマルチ(複数)に使うことが出来る点にあります。
ノートパソコンの場合。そしてデスクトップパソコンや自作パソコンの場合によって対処方法が変わってきます。

1.モニタの出力端子を調べる

パソコンにはさまざまなモニタ出力端子を持っています。
その中でもHDMI端子は最近のデスクトップパソコンやノートパソコンにほぼ標準で搭載されています。
画質や表示可能解像度に違いで出ますので、使用されるモニタとパソコン側の出力端子の形状を確認して、最適な物を選んでください。

2.ノートパソコンのマルチモニタ化

ノートパソコンの画面にプラスしてモニタ画面が欲しいという際にもVGA(アナログ)端子かHDMI端子のケーブル接続でモニタの複数化、マルチモニタ環境を実現できます。
液晶ディスプレイ側の端子を確認して対応しているケーブルで接続後、ノートパソコンを起動し外部液晶モニタの画面にも表示が出来るかどうか確認してください。

3.デスクトップパソコンや自作パソコンのマルチモニタ化

マルチモニタ化はマザーボードが対応していればマルチモニタ化が出来ます。
最近のマザーボードは対応していますが、古いマザーボードでもIntel 6シリーズチップセット内蔵タイプで複数の端子があればマルチモニタ化は可能です。

またグラフィックボードを搭載している自作・BTOパソコンの場合はケース背面の端子があればグラフィックボード側でもマルチモニタ化が出来ます。
マザーボード側に出力端子がない場合はグラフィックボードの取り付けにより出力できるようになります。

出力端子がわからない、どのモニタを用意すれば良いかわからない場合は専門ショップに相談すれば解決できますので、相談してみましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ