Windows10へのアップグレードは事前調査とバックアップ

Windows10へのアップグレードは事前調査とバックアップ

自作PCのWindows10アップグレード後の修理事例

自作PCをお持ちのお客様から、パソコンが重いのでタスクマネージャーでCPU使用率を見たところ常に100%となっていたそうです。
再起動しても同じ状態のままで特別なプログラムを走らせていないことから、CPUが壊れているのではないかと思われ、相談に来られました。

そのため、ハードをチェックしたところ動作上異常はありませんでした。
ただ、CPU使用率100%が続いたことで温度が上昇しCPUへの影響が懸念されたため、パーツ基本診断を実施しましたが異常ありませんでした。

いつから今の状況が続いているかお伺いしたところ、Windows10にアップグレードしてから始まったとお聞きしました。
そこで、Windows10に関する情報を集めて検討した結果、お客様のパソコンで使用されている周辺部品では、同じような現象が多発していることがわかりました。

お客様と相談したところ、Windows8にOSを戻し、それからWindows10へのアップグレードを検討するとのお考えでした。
そのため、Windows8のインストールを行い、正常に動作することが確認できましたので、お客様にパソコンをお渡ししました。

今回掛かった費用は、CPUパーツ基本診断で2,160円、Windows8のインストールで12,000円、総計14,160円、引き渡しまでの時間は2日でした。

Windows10アップグレードの予備知識

Windows10にアップグレードするためには、システム要件を次のように満足している必要があります。

・Windows7 SP1かWindows8.1のOSで動いていて、最新のアップデートに更新されていること。
・1 GHz以上のCPUかSoCのプロセッサーであること。
・実装するメインメモリの容量が、32ビットOSでは1GB以上、64ビットOSでは2GB以上であること。
・ハードディスクが、32ビットOSでは16 GB以上、64ビットOSのとき20GB以上空いていること。
・画面解像度が800×600以上のディスプレイであること。

これらのシステム要件は、Windows10アップグレード予約時に、PCチェックという項目があり、チェックを行うとアップグレード可能かどうか答えてくれます。
メーカー製のパソコンであれば、メーカーの公式サイトに機種ごとのWindows10アップグレード可否の情報が載っているため、チェックが必要です。

自作PCの場合は機能向上を目指し色々なメーカーからパソコン部品を選んで製作しています。
そのため、Windows10への対応状況を、部品ごとにメーカーのサイトから情報を得る必要があります。
メーカー製のパソコンでも、購入後に周辺機器を追加したときには、その機器の対応状況の確認が必要です。

Windows10と周辺機器のドライバーの整合が合わないことで、CPU使用率が100%のままというトラブルの報告が、インターネット上に多く見られます。
周辺機器が少ないときは、それらを外してWindowsが動くかを見ることも一つの解決方法です。

周辺機器などのハードウェアだけでなく、ソフトウェアでもWindows10に未対応という状況もあります。
この場合も、ソフトウェアをアンインストールすることでWindows10の作動が可能です。

Windows10へアップグレードしたあとで、ユーザーアカウントの追加、初期状態にPCを戻したなどの操作を行っていなければ、31日以内であれば元のOSに戻すことが可能です。
もし何らかの初期操作を行っていれば、リカバリーディスクから元のOSに戻すしかありません。

躊躇せずWindows10にするためには、アップグレードする前にシステムのバックアップをとっておくことです。
問題が出てもハードウェアが壊れることはないため、バックアップ・メディアを使い以前のOSに戻すことができます。
そのあとで、Windows10が動かない原因を調べ対応してからアップグレードすれば良いでしょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ