予期せずWindows10にアップデートされパソコンが起動しなくなった

予期せずWindows10にアップデートされてしまい、パソコンが起動しなくなった!

Windows10にアップグレード後に起動しなくなる事例

今回、お客様からのご相談内容は、お持ちのMagnateにおいて、「アップグレードするつもりではなかったのに、予期せずWindows10にアップグレードされてしまった。
しかも、アップグレード後に起動しなくなってしまった。」という症状についてでした。

なお、お客様使用中のパソコンには大切なデータが入っており、中のデータが重要で使用したいため、「データを元に戻すか、または中のデータを取り出して欲しい。」というのがご依頼内容でした。

そこで、トラブルの原因を見極めるため、まずは診断を行いました。
その結果、お客様がお使いのパソコンは、古い機種であり、Windows10に対応していないことがわかりました。
対応していない機種であるにも関わらず自動的にアップグレードしてされてしまったため、動作しなくなってしまっていたというのが、今回の故障の原因になります。

なお、パソコン自体は、かなり以前から使用されていらっしゃるようでしたので、これを機会に新しいパソコンに買い替えられることをご提案しました。
さらに、中のデータが必要で、すぐにご使用になりたいということでしたので、USBの外付けHDDとして利用できるようにすることをご提案しました。

今回の修理料金は、HDD外付け化3,000円、部品代2,980円、作業時間については、30分でお客様にお引き渡しすることがきました。

するつもりではなかったのにアップグレードされてしまうケースが増えている

最初からWindows10にアップグレードする予定だったパソコンであれば、それ程、問題にはならないかもしれませんが、古いパソコンなどでアップグレードする予定がなかったのに、予定外にアップグレードされてしまったような場合は、本当に困ってしまいますね。
実際、「特にアップグレードするつもりではなかったパソコンがWindows10へアップグレードしてしまい困っている」というトラブルが増えてきているようです。

アップグレード後に起動しなくなってしまった場合

予期せずWindows10にアップグレードされてしまったとしても、特に不具合がなく、起動して使用できるのであれば、それ程、問題にはならないかもしれません。
しかし、するつもりがなかったのにアップグレードされた上に、起動すらできないようになってしまうと、事態はかなり深刻といえるでしょう。クリーンインストールといった方法もありますが、それで環境も改善され使用できるようにできたとしても、「これまで使用していたデータはどうすればいいの?」という問題がありますね。

正直、パソコンで何を重視するかといえば、データを重視する人が少なくないでしょう。
同じパソコンを長い間使用している方の場合、パソコンそのものよりも、中のデータが大切であるため、古いパソコンを続けて使用されている場合が多いようです。

今回、お客様のお使いになっていたパソコンの場合も、かなり古いタイプのパソコンであったため、新しいパソコンへの買い替えと、古いデータを外付けにしてデータにアクセスする方法をおすすめしました。
外付けにしてアクセス可能にすることで、データを参照しながらバックアップを取ったり、バックアップを取った後で、データの引越しを行ったりということも可能になります。

トラブルを小さくするためにはクラウドのストレージを利用するのもおすすめ

今回の場合、HDDを外付けすることで問題を回避しましたが、Windowsアップグレード時のトラブルだけではなく、不慮の事態に備えて、普段からクラウドに大切なデータを保存しておけば、いざというときにも安心です。
DropboxやOneDriveなどのクラウドのストレージを利用して大切なデータを保存しておけば、トラブル発生時にも焦らずにすみますね。どんな場合でも、「備えあれば患い無し」です。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ