再起動を何回も繰り返してしまう

再起動を何回も繰り返してしまう

パソコンが再起動を繰り返してしまう事案について

今回のご相談内容は、パソコンが何回も再起動を繰り返してしまうために、困っているという内容です。
さっそく内部の点検に取り掛かったところ、CPUクーラーが外れかかっていることが確認されました。

このために、内部の精密部品であるCPUの温度が非常に高くなってしまったことが、パソコンの異常な再起動の直接的な原因でした。
また、パソコン内部にホコリやチリがたまっていたことも、CPUの温度を上昇させる理由の一つになっていました。

この修理として、CPUクーラーの新たな取り付けを行いました。
また、たまっていたホコリを除去するために、きれいにクリーニングも行いました。

以上の修理にかかった金額はワンコイン診断463円、作業工賃3,000円、ハードディスクケース代1,200円で合計4,700円(税別)となりました。
なお、この修理にかかった時間は60分で、パソコンの型番はThinkPad E450 20DCCTO1WW、修理時間は30分 となっています。

パソコン内部の経年劣化に対する対処法・補足事項

このようなCPUクーラー(パソコンの頭脳的な役割を果たすCPUを冷却させる部品)などの部品が外れかかってしまう事案の原因は、内部パーツの経年劣化だとされています。
パソコンの内部に入っているパーツに使われているプラスチック素材が、長年同じパソコンを使っていることで破損してしまうのです。

長い間使っていると熱がたまってしまいますし、壊れやすくなってしまいます。
このせいで、製品固定が出来なくなってしまうのです。

これを修理しないでそのまま使っていると、各パーツが冷却されなくなってしまうので故障の原因になってしまいます。
この結果、再起動が繰り返される他にも動作が不安定になったり、電源が急に切れてしまったり、データの読み込みができなくなってしまったりします。

こういった事例に対処するには、どのような方法をとればよいのでしょうか。
ご紹介したいと思います。

空気圧を使って清掃する

空気圧を使うことによって、細かなホコリやチリをパソコンの内部から除去します。
これで、部品が熱をためこむことを阻止できるので、経年劣化に対応することができます。
パソコン本体が異常な高熱を発したり、おかしい動作を繰り返したりすることを防げます。

古くなったキーボードを交換する

キーボードも、長いあいだ同じものを使っていると汚れがパソコン内にたまってしまう原因となってしまいます。
そのため、時期が来たらキーボードを新しいものに交換することも大切です。
清潔にパソコンを使うこともできます。

カバーも交換する

フロントカバー・アッパーカバー・バックカバーなどのパソコンに使われているカバーを交換することも大切です
。 古いカバーを使わないことで、内部に汚れをためこんでしまうことを防ぐのでとても有効です。

これらのことに対応すれば、長い間使用したパソコンでも経年劣化に対処できます。
また、専門のスタッフに相談を頂ければ、より安全で安心な対応が期待できるのでおすすめします。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ