電源ボタンを押しても電源が入らない

電源ボタンを押しても電源が入らない

電源が入らない時の対処法

今回のご相談内容は、電源のボタンを押してもPCの電源が入らないという内容でした。
そこで専用機材を用いた検査を行った結果、電源ユニットが通電できていないことが原因だと判明しました。

対処法として今回は、別の電源ユニットに交換することをご提案させて頂きました。
この交換のみの修理で電源が入ることを確認できたからです。

お客様にはこの提案に御承知いただいた上で修理に入らせて頂き、その上で故障していた電源ユニットを交換致しました。
交換後、パソコンに特に大きな異常はなく、動作に不審な点もなくなりました。

この修理代金としては、ワンコイン診断代で463円、パーツ代で8,980円、電源ユニット交換工賃で7,000円を頂戴致しまして、合計16,443円(税抜き)となりました。ちなみにおおよその修理時間は6時間ほどでした。
複雑な修理に至らなかったため、比較的短い時間内で修理が完了しました。

電源が入らない場合の補足事項・予備知識

パソコンの電源が入らなくなるトラブルの多くは、この電源ユニットの不調にあります。
なぜなら、電源ユニットはパソコンの動きをつかさどるパーツで、いわばパソコンの心臓とも言える大切な部品だからです。

コンセントから流れる電流を、パソコンで使えるような直流電流に変換することや、電圧を各パーツに届けるために調整するのが主な仕事なので、これが故障してしまうと電源を入れることが出来なくなってしまうのです。
具体的に言うと、電源スイッチを押しても通電できなくなってしまったり、正常な電圧を出すことが出来なくなってしまったりしまいます。

その結果、パソコンが不調に陥ってしまうのです。
この不調を出来るだけ抑えるために必要な予備知識をご紹介したいと思います。

・電源ユニットの規格・サイズを知っておく

ひと口に電源ユニットと言っても、その大きさや規格の差には大きな違いがあります。
もし間違ったタイプの電源ユニットを購入してしまうと、まずパソコンに取り付けることが出来なくなってしまうので注意が必要です。
PCケースの説明書や、ユニットの商品ページに具体的な説明が記載されているので確認が必要となります。

・電気の基礎知識を身につけておく

この電源ユニットは、正しい選び方をすればコストパフォーマンスを高くすることができます。
ボルト(電気を押し出す力)、ワット(電気が仕事をする力)、アンペア(電気の流れる量)などの電気を理解しておくことで、様々な電源ユニットを比較してパーツを選ぶことが出来るので役に立ちます。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ