Windowsが起動しないときの対処法

Windowsが起動しないときの対処法

NEC製のノートパソコンのWindowsが起動しなくなる事例について

今回のご相談内容は、お手持ちのNEC製ノートパソコンにおいて電源ボタンを押してもWindowsが起動しないという症状でした。
Windowsが起動しなくなるのはHDD(ハードディスク)の不良が原因と考えられるので、ノーパソコンの内部にあるHDDの確認を行ったところHDD内のWindowsのファイルやデータ自体は閲覧できました。

また、お客様がノートパソコンの使用を開始してから年月が経っており劣化による不具合であると診断いたしました。
お客様はできれば現状環境での使用をご希望でしたのでハードディスクの交換とそれに合わせてHDDの容量のUPを行いました。

このHDDの容量を増やすことで安定的にお使いいただけるようにいたしました。
あわせてお客様にも工場出荷時の状態に戻していただけるようリカバリディスクの作成も行いました。

修理料金は、ワンコイン診断が463円、ハードディスク容量アップ作業料(データ引っ越し代作業含む)が15,000円、ハードディスク部品代が4,600円で、合計20,063円(税別)です。
原因がすぐに判明したため作業時間1時間でお引き渡しできました。

HDD(ハードディスク)の予備知識

パソコンのOSをインストールしたり必要なデータを保管するHDD(ハードディスク)。
この部品は起動しないなどのトラブルが起きた際に真っ先に疑われて診断をされる対象になる箇所です。

HDDの保管容量を増やすことで、残りの使用できる容量について心配しなくてよくなります。
またHDDが古くなったり、使用できる最大容量いっぱいまで色々なデータを保存してしまうとWindowsが起動しなくなることもあります。

HDDで扱える容量を増やして快適にパソコンを使用できる環境にする。 お手持ちのパソコンに内蔵されているHDDを交換してどのような用途で使う際にはどのぐらいの容量タイプのものを選択するのか目安をご紹介します。

一般的な使い方 オフィスツールを使いファイルを保存する、携帯やタブレットの画像を転送、保存しておき編集も最低限の場合

通常の考え方で特にTV番組なども録画しないで、基本的なツールを使うだけの場合は100GBもあればまかなえてしまいます。
ところが近年、HDDの容量増加のスピードに対して価格が下落している傾向を反映してノートパソコンなどでも100GB~200GB程度は標準搭載されています。

そのため最新型のノートパソコンを使うということであればHDD容量の追加は一年程度は考えなくてもよい場合があります。

音楽データ、高画質の画像ファイル、TV番組の録画データを保存する、動画の編集なども行って保存スペースが必要な場合

TV番組を60時間分録画したときの容量の目安は500GBです。
10メガピクセルの画素のデジタルカメラで撮影した写真データを500枚保存するときのデータは20GB程度になります。

動画も編集する場合には1本の動画ファイルの容量を仮に5MBとして、1000本保存するのであれば5GB必要になる計算です。
これらのことからHDDの容量をアップして快適に使用する場合は500GB程度から1TB以内ぐらいでまかなえてしまう可能性があります。

HDDの交換をして容量アップを図る際に、不安があればサポートセンターや専門ショップの診断 が安心です。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ