ハードディスクエラーが出た時の対処法

ハードディスクエラーが出た時の対処法

東芝製 ノートパソコン dynabookでハードディスクエラーが出てしまう事例

今回のご相談は、Dynabookを使っている時に、ハードディスクエラーの表記が出てしまうという内容でした。
ハードディスクのトラブルということで、現在の状態を確認したところハードディスクセクタの不良を発見しました。

対応としまして、故障しているハードディスクを新しいものと交換し、Windowsのリカバリーを実施しました。
そして、Windowsリカバリーを実施するために必要なDVDディスクを作成してお渡しし、今回の作業を完了としました。

料金は、原因を探すためのワンコイン診断料金463円、Windowsリカバリーに必要なリカバリブートメディア作成料金3,000円、Windowsのリカバリー実施に伴うリカバリサービス料金12,000円、ハードディスク交換サービス料金5,000円、新しい部品の代金4,980円、で合計25,443円(税別)です。
また、今回のケースのようにWindowsのリカバリーが必要な場合、パソコンを一度出荷時の状態に戻す必要があるため、故障原因の判明から部品の交換まで、2日間かかりました。

リカバリーの予備知識

今回のケースのようにハードディスクが故障してしまった場合、Windowsが正常に起動しなくなることがあります。
しかし、故障したハードディスクを交換するだけでは、パソコンを直すことはできません。

ハードディスクに再度Windowsのリカバリーをする必要があります。
また今回は、今後同じような症状が発生した時、お客様でも対処できるようにリカバリディスクを作成し、お渡ししました。

今回、行ったリカバリーとはパソコンを購入時の状態に戻すことです。
リカバリーは、原因を特定できない時や、トラブルの対処をしても正常に動かない時などに行っても解決できることがあります。

そのため、リカバリーは色々なトラブルの解決に有効なので、覚えておくと便利です。
また、リカバリーにはいくつか種類があるので、以下でご紹介します。

1.パソコンを購入時の状態に戻すリカバリー

ハードディスクはCドライブの内容をすべて削除し、パソコンを購入した時の状態に戻します。
ハードディスクの領域や、添付ディスクなどを使ってリカバリーを行います。

2.リカバリー領域がない場合のリカバリー

リカバリーディスクを使用し、HDD内容を全て削除した時の状態に戻します。
このリカバリーで重要なのは、リカバリーディスクが作成されていないとリカバリーできません。

3.領域を変更するリカバリー

CドライブとDドライブのデータを全て削除し、パソコンを購入した時の状態に戻します。
そして、CドライブとDドライブの割合を変更します。
CドライブとDドライブの領域を変更する目的で行うリカバリーです。

4.バックアップナビ

パソコンを保存した時の状態まで戻したいときに実行します。
購入した時の状態に戻すリカバリーよりも簡単に、戻せるのが特徴です。

5.マイリカバリー

作成したディスクイメージまで戻すことができます。
そのディスクイメージを作成する以前に設定した情報はマイリカバリーを行った後もすぐに使えるのが特徴です。

リカバリーを行っている時は、通常の作業にも時間がかかることもあります。
リカバリーには時間がかかるので、半日以上空いている時間に余裕がある時に行うようにしましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ