パソコン使用中に急に電源が切れてしまう

パソコン使用中に急に電源が切れてしまう

パソコン内部のホコリによって電源が切れる事例について

他社BTO PCをお持ちのお客様から、パソコン使用中に急に電源が切れてしまうという事例をご相談いただきました。
診断の結果、冷却ファンの羽根部分にホコリが大量に付着しているために羽根がスムーズに回転できず、それにより排熱処理がうまくできていない状態でした。
そのため、過熱によって熱感知センサーが作動してパソコンを強制的にシャットダウン、再起動を繰りかえす状態となっていたのです。

今回はまず、クリーニングをおすすめし、その上で故障しているパーツがあれば交換の必要性が出てくることをお話しいたしました。
大量のホコリが原因でトラブルが生じていると思われる部分のクリーニングを実施し、不具合のあるパーツを交換したところ、問題なく動くことを確認いたしました。

今回のケースでの代金は、診断料463円、クリーニング代3,000円、作業工賃7,000円、交換パーツ代1,000円で計11,463円(税別)になりました。なお、40分ほどの作業時間で完了可能です。

ホコリがパソコンに与える影響について

使用中のパソコンの電源が急に切れてしまう原因のひとつに、パソコンの過熱があります。
いわゆる「熱暴走」と呼ばれるものです。もともとパソコンは、使用に伴い、CPUやハードディスク、マザーボード、グラフィックボードなどの各パーツから熱が発生します。
精密機器であるパソコンは熱に弱く、その熱の影響で破損してしまうことを防ぐために、ある一定以上の温度に達すると自己防衛として電源が落ちるしくみになっています。

そのため、パソコンケース内部には、各パーツを冷却し、過熱を防ぐための冷却用ファンが取り付けられています。
ファンを付けることで、外部から取りこまれた空気の流れがパーツやパソコン内部を冷却するとともに、効率よく熱を外部へ逃がすしくみになっているのです。

しかし、外からの空気の流れとともに、空気中のホコリも一緒に取り込んでしまうため、気づかぬうちに内部にホコリが溜まってゆきます。
長い期間メンテナンスをおこなっていないパソコンの場合、そのホコリがパーツに堆積することで過熱の状態になりやすくなるほか、空気の流れにも影響して、パソコン内部がさまざまな形で熱の影響を受けやすい環境になってしまうのです。

また、本来、過熱を防ぐための冷却ファンそのものにホコリが蓄積すると、冷却に必要な風を十分に送ることができなくなってしまいます。ホコリによってファンから異音がするケースも多くみられます。
定期的に、冷却ファンがきちんと動いているかどうかを目視で確認してみることをおすすめします。ホコリが付着している場合には、クリーニングが必要です。

1.分解を伴わないクリーニング

パソコンケースのカバーを外し、冷却ファンについたホコリを掃除機などで吸い取っていきます。
その際は、他のパーツに触れないよう、慎重におこないます。
細かな部分は、綿棒やウェットティッシュなどを使うと便利です。

2.ファンを取りだしてクリーニング

多くの場合、冷却ファンは4か所のネジで固定されていることが多く、ドライバーを用いてねじを外し、取りだすことができます。
取り外すことで、より細かな部分まできれいにクリーニングすることが可能です。

しかし、中には、ねじではなく、一見どのように固定されているのか判断がつかないような場合もあります。
また、外してしまってから戻し方がわからなくなってしまうようなケースを防ぐためにも、自分でのクリーニングに不安のある方、また、パソコン内部のホコリでお困りの際には、知識あるスタッフにぜひご相談ください。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ