Windowsが起動しないときの対処法

Windowsが起動しないときの対処法

デジノスパソコンのWindowsが起動しない事例

今回のご相談は、お手持ちのデジノスパソコンについてです。
パソコンの電源を入れても、Windowsが起動しなくなってしまったというのが、今回のご相談内容でした。
パソコンの電源は入るのにWindowsが起動しなかったり、不調があったりする場合には、ハードディスクのトラブルが考えられます。

そのため確認すると、ハードディスクに故障が発見されました。
対応としては、お使いのハードディスクを新しいハードディスクへ取り換えました。
そして、新しいハードディスクにWindowsとドライバをインストールし直し、パソコンが正常に動くことを確認して、作業を完了としました。

料金は、トラブルの原因を見つけるためのワンコイン診断料金463円、パーツ(新しいハードディスク)代金5,480円、ハードディスク交換工賃(会員)5,000円、パソコンをすぐに使える状態にするためのWindowsインストール工賃12,000円、合計22,953円(税別)です。
また、作業は、トラブル原因の診断から最終動作確認までに1日かかりました。

ハードディスクの交換に関する予備知識

ハードディスクが故障するとパソコンには様々なトラブルが起きます。
それは、ハードディスクがデータを保存する重要な働きをするパーツだからです。

今回のケースでも、ハードディスクの故障により、Windowsが正常に起動しなくなってしまいました。
ハードディスクは消耗品という見方をされることもあり、故障した場合でも、新しいものと交換をすればまたパソコンも正常に動くようになります。
しかし、ハードディスクは元々中身が空っぽなので、パソコンに取り付けてもすぐに使えるようにはなりません。

使えるようにするためにはWindowsのソフトをセットアップし直し、再度工場出荷時の状態に戻さなくてはなりません。
これら一連の作業は複雑で手間がかかるので注意が必要です。

もし、作業に不安があるのであれば、そのようなサービスを行っているお店もあるので相談すると良いでしょう。
こちらでは代表的なハードディスクのリカバリー(購入時の状態に戻す)方法をご紹介するので、参考になさってください。

1.データのバックアップをとる

リカバリーをすると、Cドライブと表示されているハードディスクのデータが削除されてしまいます。
そのため、作業を始める前にバックアップをとっておくようにしましょう。

2.周辺機器を取り外す

パソコンに周辺機器をつないだままで作業をすると、終了後にパソコンが動かなくなることがあります。
それを防ぐためにも、プリンターなどの周辺機器や外付けハードディスクなどの外部記憶装置は取り外しておきましょう。

3.リカバリーを実行する

準備が整ったら、リカバリーを実行します。 リカバリーの実行方法はお使いのパソコンによって方法が異なるので取り扱い説明書やサポートに確認の上、行ってください。
リカバリーが完了したら、Windowsをセットアップして終了です。

また、リカバリーの作業には時間がかかります。作業は途中で中断することができないので、半日以上時間の確保ができるときに行うようにしましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ