デスクトップPCのWindowsが起動しない

デスクトップPCのWindowsが起動しない

他社デスクトップPCで電源が入ってもWindowsが起動しない事例

今回の相談内容は、他社デスクトップPCで、パソコンの電源は入るもののWindowsが起動しないというものでした。
店舗でもパソコンの状態を確認してみましたが、電源は入ったものの、Windowsの起動手前まで動作しているということから、ハードディスクの故障を疑いました。

専用ソフトでテストを行った結果、やはりハードディスクの故障だと判明。
お客様にハードディスクの交換の必要性があるということを説明すると、これまでのものよりも容量の大きいものにしたいとのご要望がありました。

修理内容としては、故障したハードディスクを取り外し、ご要望通り容量が大きいハードディスクへの付け替えを行っています。
また新たなハードディスクに交換したため、合わせてWindowsの再セットアップも行いました。

再セットアップ後、動作に異常がないかの確認もしています。
今回の料金は、お預かり診断3,000円、パーツ代6,370円、ハードディスクアップグレードサービスパック15,000円の計24,370円(税別)です。

修理には2日いただきました。
今回の修理で、お客様が保管に困っていた動画やスマホデータを多く取り込めるようになっています。

ハードディスクのアップグレードに関する予備知識

今回、ハードディスクの故障によって、Windowsが起動しないというトラブルが発生していました。
ハードディスクが故障しているとパソコンが起動しなかったり、データにアクセスできなかったりするトラブルが起こることがあります。

不具合があるまま使用し続けていても不具合は解消されませんので、早めに修理に出すことが大切です。
今回の事例では、ハードディスクの故障にともなって、ハードディスクのアップグレードを行いました。
ハードディスクのことと、アップグレードによってどんなメリットがあるのかおさらいしてみましょう。

ハードディスクとは

ハードディスクとは、データを保存するための装置です。
普段パソコンに保存している文章ファイルや音楽、動画などのデータはこのハードディスクと言われるものに保存されています。
人の身体に例えると、脳の中の記憶を司る部分だと言えるでしょう。

ハードディスクの容量の確認方法

ハードディスクの容量が足りていないと、パソコンの動きが遅くなるなどパソコンを快適に使用することができなくなってしまいます。
それではハードディスクの容量はどこで確認できるのでしょうか?

容量は、パソコンのCドライブやDドライブのプロパティから確認することができます。
空き容量と使用容量が確認できるので、パソコンの調子が悪いと感じた場合は、容量が足りているかどうか確認してみると良いでしょう。

ハードディスクをアップグレードするメリット

今回の事例では、交換に伴いハードディスクのアップグレードを行っています。
アップグレードを行うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず考えられるのが、パソコンのアクセス速度や処理能力が上がるということです。
これまでパソコンが遅かったり、フリーズしたりすることがあれば、改善される可能性があります。

また単純に、パソコンの容量が増えることによって、データの保存領域が増えるため、容量の大きいデータの保存も以前より難なくできるようになるでしょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ