Windowsが再起動を繰り返すときの対処法

Windowsが再起動を繰り返すときの対処法

自作パソコンがWindows起動時に再起動を繰り返す事例

今回のご相談は、お手持ちの自作パソコンについてです。
Windowsの起動中に、再起動を繰り返すというのが相談内容でした。
パソコンを使っているとWindowsで再起動が何度も起こってしまうため、まずはハードウェアのトラブルが疑われました。

次にハードウェアのトラブルについてですが、ハードウェアの異常にもいくつか原因が考えられるため、エラー箇所や現在の状態をチェックするために専用のソフトを使用しました。
その結果、ハードディスクのセクターエラーを発見することができました。

対応として、ハードディスクを新しいものと交換し、Windowsのセットアップを行いました。
最後に、本体全体が不具合なく正常に動くことを確認し、作業を完了としました。

料金は不具合の原因を探すための診断料金6,000円、ハードディスクを交換するための作業工賃5,000円、Windowsをインストールするための作業工賃12,000円、新しいパーツ代4,710円、合計27,710円(税抜)です。
また、原因の診断から動作確認までは約3日かかりました。

ハードディスクの故障の予備知識

今回のケースのように、ハードディスクに異常があったり、故障したりするとWindowsが正常に動かなくなります。
また、ハードディスクは、パソコンのデータを記憶する働きをしているため、故障したハードディスクを新しいものに交換するだけでは、パソコンが使えるようにはなりません。
それはハードディスクの中にデータが記憶されていて初めて機能するパーツであるからです。

そのため、故障が起きた場合は、新しくWindowsのソフトをセットアップしなおし、工場出荷時の状態に戻さなくてはなりません。
この一連の作業は手間がかかるため、ハードディスクのトラブル解消には時間がかかってしまいます。

今回のケースでは、ハードディスクの故障により何度もWindowsの再起動が要求されましたが、ハードディスクが故障すると他にも起こりうる現象があります。

1.ハードディスクから音がする

パソコンを使っている時に、ハードディスクから異音が生じ、場合によってはパソコンに認識されなくなることがあります。
これは、ハードディスク内部の破損やモーターの故障などの物理障害が起きていると起こる現象です。

2.ハードディスクが動かない

ハードディスクから全く音がせず、パソコンに認識されない場合、ハードディスクが故障し停止している可能性があります。
原因は、チップの破損やハードディスク内部の故障などの物理障害が考えられます。

上記のハードディスク異常を感じた際、そのまま使い続けていると状態が悪化することがあるので注意が必要です。
特に以下の点には気を付けてください。

使い続けてはいけない

異常のあるハードディスクをそのまま使い続けていると、データに上書きをしてしまい、復元が難しくなることがあります。

再起動を繰り返してはいけない

何度も再起動をしていると、故障している部分をさらに悪化させる原因となることがあります。

ハードディスクを分解してはいけない

精密機器であるハードディスクをご自宅などで分解すると、チリや埃が混入することがあり、場合によっては復旧できなくなることもあります。

ハードディスクのトラブルを大きくしないためにも、異常を感じたらサポートなどに早めに相談することをおすすめします。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ