パソコンが起動しなくなった時の対処法

パソコンが起動しなくなった時の対処法

自作パソコンが起動しなくなった事例

今回のご相談は、お手持ちの自作パソコンについてです。
パソコンが起動しなくなり、起動できても、データドライブが見えないことがあるというのがご相談内容でした。
データドライブの不調ということで、データ用のハードディスクを確認すると、セクタ不良を発見しました。 対応として、まずは重要なデータのバックアップを行いました。
また、SSDの容量が少なくなったため、容量の大きいハードディスクに交換しました。
重要なデータをすべてコピーして、今後はデータを保管できるスペースを増やして、作業を完了としました。 料金は、不具合の原因を見つけるためのワンコイン診断料金463円、データをコピーするためのデータバックアップサービス料金7,000円、ハードディスクを大きいものに取り換えるための大容量ハードディスク交換サービス料金15,000円、部品代金6,980円、合計29,443円(税別)でした。
また、データのバックアップからハードディスクの交換まで、1日かかりました。

データ保管の容量を増やすための予備知識

ハードディスクとはパソコンのデータを長期間保存できる部品のことで、パソコンに内蔵されていて、別名HDDと略します。
容量の単位はMB、GB、TBで表され、パソコン内では、CドライブやDドライブ、ローカルディスクなどと表示されています。
今回のケースのようにハードディスクに異常があると、パソコンが上手く起動できなくなることがあります。

そして、ハードディスクの異常が深刻な場合は、新しいものに交換しなければなりません。
また、データのバックアップなどで容量が少なくなった時は、より容量の大きなハードディスクへの交換をおすすめします。
そうすることにより今後たくさんのデータを保存できるようになります。

ハードディスクの使用状況はマイコンピュータから確認することができるので、空き領域が気になる方は確認してみてください。
パソコンは利用しているうちに、画像や音楽などの大きなデータを保存し、スペースを使ってしまいます。

しかし、パソコンには保存できる容量が決まっているので、上限に達すると保存ができなくなります。
それ以上のデータを保存したい場合は、前よりも容量の大きいハードディスクやSSDへの交換が必要です。
以下で新しいハードディスクへの交換手順をご紹介します。

1.ハードディスクをパソコンから取り出す

まずはハードディスクをパソコンから取り出します。
実際に取り出すことにより、現在のハードディスクの大きさや規格を確認することができます。
しかし、ハードディスクを取り出す際にパソコンを分解すると、メーカーによってはサポートを今後受けられなくなる場合もあるので注意してください。

2.新しいハードディスクの取り付け

新しいハードディスクをパソコンに取り付けます。
その後パソコンに電源を入れた時のBIOS画面で取り付けが上手くできたかの確認ができます。

3.Windowsのインストール

パソコンにWindowsのインストールを行います。
新しいハードディスクにWindowsなどのデータをすべてコピーしてから交換すれば、インストール作業は必要ありません。

ただしこれらの作業はご自分でするには難しく、データのコピーや移行作業は非常に面倒なので、プロショップに任せてしまう方が良いかもしれません。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ